抜糸のリスクと失敗例

抜糸ができないケース

埋没法の抜糸は、まぶたの表面または裏側の粘膜を1〜2mmほど切開し、埋め込んだ糸の結び目ごと糸を外に引き出す処置です。埋没法の施術後数ヶ月でしたら、確実に糸を見つけて出すことができますが、時間がたてばたつほど糸が見つけづらくなり、場合によっては抜糸できないことがあります。特に10年以上経過している場合は糸の色が抜け落ちて見えづらくなったり、皮膚と一体化して取り外しが困難になる、皮膚の奥のほうに入りこんで糸を取り出せないといったケースが増えてきます。

ケース別にみる抜糸の失敗と対策

抜糸では皮膚を少しだけ切開して穴を開け、糸を外に引き出すため、まぶたが腫れやすくなります。それだけでなく、時には傷跡が残ったり、内出血や癒着などのリスクも考えられます。

抜糸の傷跡が目立つ

抜糸では1〜2mmほどの小さな穴を開けて、皮膚の中に埋め込んだ糸を引き出します。通常は切開した傷跡は自然とふさがれて消えますが、人によっては傷が治りづらかったり、傷跡が残ることがあります。処置後2ヶ月までは患部が赤くなったり硬くなったりしますが、ほとんどの人は時間とともにおさまってきます。どうしても気になる人は、二重の切開法を受けることで傷跡を消すこともできます。

抜糸して腫れる

抜糸では大きく分けて「皮膚を切開して穴を作る」「皮膚の中に埋め込んだ糸を探す」「見つけた糸を外に出す」という手順があり、いずれもまぶたの腫れを引き起こす可能性があります。特に糸がなかなか見つからず施術に時間がかかると、そのぶん腫れが強く出やすくなります。抜糸での腫れはまぶたを冷やすことでおさまりますので、なるべく安静にして腫れがひくのを待ちましょう。

抜糸後に内出血する

埋没法で使われるのは医療用の安全な糸ですが、糸を皮膚の中に埋め込むよりも、埋め込んだ糸を引き出すほうが出血リスクは高くなります。埋没法直後であればまだ引き出しやすいのですが、施術から時間がたてばたつほど糸が見つけづらくなり、出血しやすくなります。出血は自然と止まることがほとんどですが、内出血はひどい人で1〜2週間ほど残る場合があります。

抜糸したけど癒着がとれない

埋没直後であれば糸は比較的カンタンに引き出すことができますが、時間がたった後で抜糸をすると、糸の結び目が炎症をおこした後に癒着して皮膚と一体化し、うまく糸を取り出すことができない場合があります。一番ダメージが少ないのは埋没法を受けたクリニックで抜糸を行うことですが、できない場合は他院で医師とじっくり相談した上で抜糸を検討しましょう。

サイトマップ