抜糸後に内出血する

埋没法を抜糸した場合、皮膚を小さく切ってまぶたの中に埋め込んだ糸を引き出す必要があります。すぐに糸が見つからないと処置に時間がかかり、腫れや内出血などの症状が出やすく。特に内出血は皮膚の中に血がたまっている状態ですので、消えるまでに時間がかかりやすくなります。

難しい抜糸ケースで内出血がでる

埋没法の抜糸は「処置時間が長いか短いか」によってその後の経過が大きく変わります。短時間ですぐ抜糸できれば腫れや出血はほどんどありませんが、処置時間が長くなるほどまぶたの腫れが強く出たり、内出血が起きるなどのダメージが現れます。処置後2〜3日でだいたいの症状はおさまりますが、内出血は1〜2週間消えない場合もあります。

抜糸後に内出血ができる原因 

まぶたの内出血は多くの場合、抜糸の処置中に針が血管にあたったことで起こります。抜糸が短時間でスムーズに行えた場合はありませんが、処置に時間がかかると出血が起こりやすくなります。

出血は皮膚の外に出ることもありますが、まぶたの中にたまると処置後しばらくして皮膚の一部が赤色に変わって内出血として現れます。その後、時間とともに赤紫色から紫色、黄色と変わっていき、少しずつ薄くなって消えていきます。

抜糸後に内出血ができたらどうしたらいい? 

まぶたの内出血は早い人では3日程度、どんなにひどい内出血でも処置後1〜2週間で消えるのが一般的です。内出血を最小限に抑えるには、体を温め過ぎないこと。血行がよくなると出血がひどくなってしまうため、しばらくは長時間の入浴や激しい運動、飲酒などを控えましょう。

また、まぶたは保冷剤などで冷やすと出血がおさまりやすくなりますが、冷やしすぎると治りが悪くなることもありますので、医師にケア方法を確認しておくとよさそうです。

今すぐすべき?埋没法の
抜糸レベルチェック

ビューティー編集部より
抜糸後に内出血が強くでる人へ

まぶたに内出血ができると非常に目立ってしまうので、本人にとっては本当にショックでつらい症状だと思います。ただ、内出血が一生消えないということはありませんので、長くて1〜2週間の辛抱だと思って、あまり考えすぎないようにしたいところ。特に緊張すると出血がひどくなるリスクが高まりますので、できるだけリラックスした状態で過ごせるように心がけたいものです。

サイトマップ