抜糸して腫れた

埋没法で抜糸をするには皮膚を小さく切開し、穴から糸を引っ張り出すという工程を行うため、どうしてもまぶたに負担がかかり腫れやすくなります。

埋没法の施術以上に腫れたという人も多いようですが、ほとんどの場合は処置後1ヶ月ほどで落ち着きます。

埋没法から数年後の抜糸で腫れる

埋没法直後か、時間がたってからなのかによって抜糸後のダメージ度は大きく変わりますが、抜糸を受けるならまぶたの腫れは避けて通れないといえそうです。

埋没法の抜糸後に腫れが出る原因

抜糸するにはまぶたの表面または裏側の粘膜に1〜2mmほどの小さい穴を開け、そこからまぶたの中に埋め込んでいる糸を引き出します。

埋没法の直後であれば糸は比較的カンタンに見つかるので、抜糸も短時間で終わります。ところが施術後数年〜10年以上たっている場合、糸の色が抜けてしまったりして見つけ出すのに時間がかかり、処置が長引いてしまいます。処置時間が長いほどまぶたにダメージがかかり、結果としてまぶたの腫れを引き起こすのです。

埋没法の抜糸後に腫れが出たらどうしたらいい?

短時間で抜糸ができた人は1〜2日ほどのダウンタイムでおさまりますが、処置に時間がかかった人は1ヶ月ほどはまぶたの腫れが残るかもしれません。

体が温まると腫れが悪化しやすくなりますので、腫れが強く出ている間は保冷剤を当てるなどしてまぶたを冷やし、長風呂や激しい運動、飲酒などは控えめにしましょう。

洗顔やスキンケア、目薬などは翌日から可能ですが、できるだけまぶたを刺激しないように注意してください。

今すぐすべき?埋没法の
抜糸レベルチェック

ビューティー編集部より
埋没法の抜糸で腫れた人へ

「埋没法の二重を元に戻したいけど、抜糸をすると腫れがひどいと聞いて不安」という声をよく聞きます。確かに埋没法より抜糸のほうが腫れたという人はいますが、ほとんどの場合は外出できるレベルの腫れです。心配な人はダウンタイムに余裕をもたせて、心と体がゆったりリラックスできるようにお休みを調整してみては?

サイトマップ