抜糸して2回目の埋没法をうける場合

埋没法を受けたのに一重に戻る原因は?

埋没法は、まぶたの組織と目を開ける筋肉を細い糸で結び、目を開けたときに溝を作る施術。月日が経過すると、このまぶたと糸の結びつきが弱くなり二重のラインが消えやすくなってしまうのです。

二重まぶた埋没法は様々な方法が存在しますが、比較的腫れの少ない方法として、”細い糸で緩く結ぶ”というのがあり、この腫れを回避する方法では、施術を受けたその日に二重ラインが取れてしまうことも。

そのほか、元に戻ってしまうなどの原因は患者の皮膚の状態や生活習慣も関係があります。

例えば、まぶたの脂肪が厚い、眼球が前に出ている、蒙古ヒダが強いなど。

さらに、生活習慣を例に挙げると、

などが元に戻る原因を作ってしまいます。

2回目の埋没法は可能?

埋没法を受けて「二重のラインが取れた」、「思っていた二重の仕上がりと違う」など再手術を希望する方は珍しくありません。埋没法は2回目の手術をすることは可能です。また、この手術はまぶたの脂肪が厚かったりたるみがある状態でなければ「二重の幅をもっと広くしたい」という場合の再手術も可能です。

幅広にする場合、抜糸の必要は?

二重の幅を広げる場合は、多くの場合前回の糸の抜糸は必要ありません。1~2mm程度幅を広げたい場合は比較的簡単に修正できるとされています。逆に狭くする場合は抜糸後留めなおしが必要となります。しかし、これはあくまで一般的な手術をされた場合。手術法は様々なため、患者によって対応が変わる可能性は十分にあります。

例えば、前回のラインが残っている場合に大きく二重幅を広げてしまうことで、”三重”になってしまうことも。また、幅広二重にすることで前回の手術の二重ラインが見えてしまったり、不自然になることもあります。2回目の手術をすぐできるかどうかは、患者のまぶたの状態によって違います。そのため事前の診察とカウンセリング、シミュレーションは必ず受けておきましょう。

再手術のタイミングは?

埋没法は、腫れがおさまるまで約1か月のダウンタイムが必要です。さらに二重の完成までには1~2か月を要します。むくみや腫れによってはそれ以上の期間を待つ必要もあるので注意が必要です。また、初回と同じ固定方法を選択すると、同じようにラインが浅くなってしまう可能性が高くなります。状態によっては固定力の強い埋没法、脱脂、全切開などをクリニックから勧められる場合もあるでしょう。

再手術のリスクに注意!

埋没法は、再手術が可能な手術ですが、

などの負担やリスクは避けられません。

中には腫れのリスク回避のために、腫れの少ない方法で手術しては二重のラインが取れ、5、6回繰り返す患者もいます。

腫れの少ない方法で再手術の場合は、前回の手術の糸を抜糸することがほとんどなので、初回の手術より腫れは確実に大きくなるとされています。医学的に言っても繰り返し手術をすることは積極的に勧めていないことは覚えておきましょう。

やり直しがきくというのが埋没法のメリットではありますが、何度も施術を行うことは、皮膚が薄いまぶたにとって大きな負担となります。また、手術を重ねるごとに二重の形が綺麗に決まらなくなるという症例も実際に挙がっています。

再手術の際は事前のカウンセリングで不安点を十分解消すること。また、万が一思い通りにならなかった場合に、どのようなアフターケアをしてくれるのか必ず確認しましょう。

できるだけ1回目がわかる執刀医へ依頼を

執刀医だからわかる施術後の状態

埋没法を再度受けたいと考えたとき、できる限り同じ医師へ依頼することをおすすめします。
埋没法はどのクリニックで受けても同じ結果になるわけではなく、執刀する医師によって結果が異なります。患者さんのまぶたの形状などを考慮したうえで、医師の方針やクセなどが少なからず反映されるため、前回埋没法をおこなった医師が一番施術後の状態を理解しているのです。

ほかの医師が施術後だけを見て判断するのは難しい

施術後の状態を、執刀医ではないほかの医師が状況を判断することは難しいもの。どの位置にどのような手法で糸を埋め込んだのか、たとえ埋入された糸が見えたとしても執刀医の癖や方針をすべて把握することはできません。

埋没法を繰り返す場合、前回埋め込んだ糸をそのままにして2回目をおこなう場合もあれば、前回の糸を抜去してから2回目の糸を埋め込むこともあります。
たとえば抜糸をおこなわずに2回目の埋没法をおこなったとき、前回の糸との関連性によって二重の形が変わることもあります。また、もしも前回の糸を抜去する場合、執刀医であれば自分がどの位置にどのような手法で埋入したのかがわかっていますから、抜糸の難易度はそこまで上がりません。
しかし執刀医でない場合、まずは抜去すべき糸がどこにどんな風に埋め込まれているのかを探らなければなりません。抜糸にてこずれば、腫れなどのリスクも高まります。

埋没法は執刀する医師の腕次第で結果が大きく変わるものですから、1回目の執刀医よりもうまく施術をおこなえる医師もいるでしょう。ただ、単純に“執刀医”と“そのほかの医師”で比べた場合、埋没法の再手術の成功率は“執刀医”のほうが期待できるでしょう。

どうしても執刀医への依頼を避けたい人は信頼できる医師へ相談を

埋没法を繰り返すときは執刀医への相談がおすすめですが、どうしても執刀医への依頼は避けたい…という場合もあります。
前回の施術に不信感をもっていたり、結果に満足できなかった場合、同じミスが繰り返される可能性もゼロではありません。また、執刀医に依頼したくてもクリニックが閉鎖されていた…ということもあります。
そういった場合、新たに信頼できる医師を探すことが重要です。埋没法を繰り返すのですから、「ほかの医師がおこなった施術を診ることができる」「繰り返しの埋没法施術に自信がある」医師を選びましょう。

また、ほかのクリニックで埋没法をおこなった患者さん向けに「他院修正」をしているクリニックがあります。
他院で受けた埋没法の結果に不満がある、執刀医とトラブルになり再手術を受けられない…などの事情を抱えた人でも診てもらえるため、相談してみるとよいでしょう。

サイトマップ