広島プリミエクリニック

広島プルミエクリニックは、非常に丁寧なカウンセリングが人気の美容外科。埋没法は湘南美容外科のスタイルと似ており、ドクターの症例数も豊富なので安心です。高評価連発の口コミや、アクセス、施術の費用などをご紹介しています。

広島プリミエクリニックで
埋没法を受けた方の口コミ

大手口コミ投稿サイト「美容医療の口コミ広場」で★4.11という好評価だった水の森美容外科。早速、その内容を見ていきましょう。(2017年8月現在の情報です。)

管理人が口コミを見て感じたこと

さすが、広島エリアで口コミ評判No.1を獲得しているだけあって、軒並み高評価がズラリ!カウンセリングやスタッフ対応は文句なしです。ただし腫れや内出血に関しては、結構長引いて困った…という方もチラホラいました。ダウンタイムが長く取れない方は、3日冷やす→その後は温めるセルフケアを続けてみてくださいね。

広島プリミエクリニックの
埋没法について

名医紹介

総括院長の中森大記先生は、形成外科専門医、美容外科専門医の資格をもつその道のベテラン。広島大学在学中から形成外科を志望していましたが、学内に形成外科講座が無かったため東京・大阪の大学病院で経験を積んできました。

その後、都内の皮膚科クリニックの院長を務めてから湘南美容外科へ。2012年に広島院の初代院長となり、初年度で「最高級のおもてなし 地域No.1クリニック」に。現在はプルミエクリニックが口コミ満足度3年連続1位(広島県)となっています。

様々な医院を渡り歩いてきたため、美容外科、皮膚科、形成外科、美容皮膚科の4分野において国内トップレベルの症例数・技術を獲得している、非常に頼れるドクターです。

埋没法は皮膚トラブルも起こりやすいですが、中森先生ならば皮膚科の症例も豊富なので的確な診断をくだすことができるので、安心してお任せできるでしょう。

手術法の種類

メニューは5つ用意されており、ごく一般的な埋没法がナチュラルビューティー法、そしてアクトレスライン法。この2つは糸の太さ、強さが異なり、アクトレスラインの方が腫れ・内出血が少なくなっています。(ナチュラルビューティー法は美容皮膚科の雑賀先生専門のメニューとのこと)

プルミエクロスはアクトレスラインの進化版。隣接する糸同士を絡ませるようにしてより強度を増した方法です。プルミエコスメティークはまぶたを点ではなく線で結ぶことで、さらに強度を増し、きれいな仕上がりを実現しています。

これらはドクターが以前所属していた湘南美容外科で同じようなメニュー名があり技術はほぼ変わらないものなので、詳細な技術を知りたい方は湘南美容外科のサイトを見てみましょう。

保証内容&アフターケア

メニューによって保証期間が異なるようなので、ご確認くださいませ。