共立美容外科

仕上がりが自然で美しいと評判の二重整形「P-PL挙筋法」で人気の共立美容外科をご紹介します。二重整形の名医として知られる古田医師の実績や、評判などもまとめました。

共立美容外科で
埋没法を受けた方の口コミ

大手口コミ投稿サイト「美容医療の口コミ広場」で★4.50という好評価だった共立美容外科。早速、その内容を見ていきましょう。(2017年8月現在の情報です。)

管理人が口コミを見て感じたこと

クリニック知名度も高く、料金もお手頃とあって、全国各地で多くの方が共立の二重形成を利用して口コミを寄せています。どの院でも的確なカウンセリングとリスク説明をし、きれいな仕上がりを実現しており、グループ全体として信頼度が高めですね。学術研究分野にも積極的に参加するなど、勉強熱心なドクターが揃っています。

共立美容外科の埋没法について

名医紹介

福岡院の院長である古田聖典先生は、日本美容外科学会専門医と麻酔科標榜医の資格を持つ、美容整形の名医。有名私立病院や国立病院での勤務を経験した後に共立美容外科に入職、都心と並んで人気の高い横浜院の院長を務めた後に福岡院を任されている敏腕ドクターです。

美容整形の症例数は10,000件以上と多くの治療に携わってきた経験を活かし、一人ひとりとのコミュニケーションを大切にした施術を行っています。

口コミでは、センスの良さと丁寧な対応が高評価。仕上がりに対するこだわりと責任感が強い先生で、リピーターになる患者さんも多いようです。

手術法の種類

共立美容外科の代表的な二重整形といえば、独自の「共立式二重P-PL挙筋法」が有名です。PL式挙筋法は、点で留める施術ではなく、点と点を結んで二重のラインを作る施術なので、仕上がりが自然かつ痛みや腫れを最小限にとどめることができます。

痛みが少ないというのもメリットで、施術に使う針と糸は通常、血管の手術に使うような超極細針を使っているため内出血が出にくく、ダウンタイムが少なく済みます。

一般的な埋没法手術は、定着力を強くするために、4点、6点と留めるポイントを多くしますが、この方法であれば糸を留めるのは2ヶ所で済むため、糸の結び目の凸凹や違和感がなく、自然な二重を形成できるようです。

P-PL挙筋法のほかにも、まぶたの脂肪が多い方に向けた「共立シェイプ法(針穴から脂肪を抜き出す施術)」や、まぶたの一部分を切開する「ミニ切開」、パッチリ目を希望する方に適している「全切開法」など、要望やまぶたの形状に適応した治療メニューを用意。

どの手術もホームページに治療方法や治療料金が明記されているので、料金を上乗せされる、治療メニューが増やされるなどの心配もなく、安心して施術を受けることができます。

保証内容&アフターケア

共立美容外科の手術保障は、1年保障、2年保障、3年保障に分かれていて、期間内に二重が取れてしまった場合は無料で手術をやり直すことができます。

加齢や体型の変化によりラインが下がったり、幅が狭まったり、窪んだり腫れぼったくなるような変化は補償の対象とはなりませんのでご注意ください。