埋没法とその他の二重整形の違い

二重にするためには、埋没法と切開法に大きく分けられます。埋没法は、基本的にまぶたを切開する必要がありません。糸をまぶたに埋め込んで二重をつくる方法です。糸を埋めるだけなので、周囲にバレにくいと言われています。

一方、切開法はまぶたを切開する手術となります。まぶたを切開するため、長期間二重の状況を維持できるといった点が切開法を選ぶメリットでしょう。

どうやって二重を作るかは、それぞれの特徴を知って選択してくださいね。後悔しないようにバッチリ二重を手に入れましょう。

目頭切開と埋没法

目頭切開と埋没法は、相性が良いと言われています。目頭切開とは目頭の部分をほんの数ミリ切開することで、白目を綺麗に見せることが可能です。さらに目と目が近づくことで、鼻筋の通った印象になるでしょう。

埋没法だけでは、パッチリとした平行二重を形成することができない可能性があります。つまり目頭切開と埋没法を併用することで、パッチリした印象の目に近づける効果が期待できるでしょう。ただ目頭切開のリスクもあるので注意してくださいね。

目頭切開のリスク

どのような手術であっても、リスクがゼロではありません。そのため、目頭切開を行うと、様々な副作用が生じる可能性があるため注意しましょう。

上記のような症状を呈する場合がありますが、全く症状がなかったという方もいます。

ほかにも左右差がある、希望のデザインと違うなどの仕上がりに不満をもつ場合もあるでしょう。これらのリスクを最小限に抑えるためにも信頼できる医師の下で手術を行うようにしてくださいね。

二重切開法と埋没法

埋没法と異なり、二重切開法はまぶたを切開して二重のラインを形成する手術です。まぶたを3cm程度切開する全切開法と、1cm程度を切開する部分切開法に分けることができます。切開法を行う最大のメリットは、どのようなまぶたの方でも希望した二重のラインを形成しやすいことでしょう。また、まぶたを切開しているため、長期間二重を維持できる効果も期待できます。

埋没法は、糸の結び目の数などによって二重の持ちが変わってくるでしょう。二重の状態を良くするためには、結び目の数を多くすると良いと言われています。施術時の傷跡が残りにくい点が最大のメリットです。

二重切開法のリスク

直接まぶたを切開するため、埋没法よりもリスクが高いと言われています。

上記のような症状が現れる可能性があります。さらに仕上がりが、左右差が出る、希望のデザインと違うなどの不満が出ることもあるでしょう。しかし切開しているため修正が困難といったリスクがあるため注意してください。またダウンタイムが、埋没法よりも長くなる恐れもあります。人によって腫れの症状は異なりますが、1週間程度は安静に過ごすようにしてくださいね。

サイトマップ