二重埋没法で考えられる
失敗例とその原因

このページでは、二重埋没法で起こりうる失敗例についてまとめています。その原因や回避策についても説明していますので、事前にチェックしておきましょう。

埋没法ではどんな失敗が
起こっているの?

二重埋没法は「プチ整形」と呼ばれ、メスを入れる切開法に比べると安全で手軽な施術として根強い人気があります。埋没法は糸を入れる簡単な手術なので、失敗したら糸を抜けばいいんだと楽観視されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いくら簡単とはいえ手術は手術。万が一失敗をしてしまうと、元の目に戻らないどころか、視力低下などの目のトラブルを招く危険性もあるのです。

埋没法を行うクリニックは全国にたくさん展開されています。しかしその中には安さだけを売りにしたクリニックがあり、技術不足の医師に施術をさせて失敗を招いてしまう、といったケースが増えているんだとか。(かく言う私も、安いだけのクリニックを選んでしまい、失敗した過去があります…。)

このような失敗に巻き込まれないためにも、事前知識を備えておくことは大切。ここでは、埋没法で起こりうる失敗例とその症状、またそれを回避するためには、どうすれば良いのかを調べてみました。

埋没法の具体的な失敗例

まぶたが腫れる

術後のまぶたは、個人差があるようですが腫れるのが通常。 その腫れを少しでも抑えるためには保冷剤などを当てて冷やすことが一番です。また、術後一週間は湯船に浸かるなど、極端に体を温める行為は避けましょう。

一週間を過ぎると腫れは治まってきますが、体質によっては腫れが長引くこともある上、もしかしたら施術失敗の可能性も…。そんな時の対処法について調査してみました。

糸が目立つ・とれた

稀なようですが、埋没法施術で二重ラインを作った糸が出て来てしまうといった失敗例も。まるで、まぶたにゴミがついているような状態になってしまいますので、自分で見ればすぐに気付きます。

この場合、放っておいても改善はしません。また、自分で対処しようするとかなり危険。早めに受診して、お医者さんに対処してもらうようにしましょう。

目が痛む・ゴロゴロする

術後に目が痛むケースや、異物があるような感じがしてゴロゴロするといった場合は、まぶたの裏側に糸が出てきてしまっている可能性が考えられます。特に、1~2週間経過しても症状が続く人は要注意。

炎症が起こっているだけの場合もありますが、糸が明らかに出てきているのならかなり危険。眼球を傷つける可能性があるため抜糸が必要となります。絶対に放っておかず、クリニックに相談しましょう。

内出血がある

埋没法後は、濃いアイシャドーを塗ったように、二重部分に内出血が出ることがあります。しかし内出血は一時的なものですので、腫れが引いていくのと同じように少しずつ気にならなくはなります。

しかし、過度な内出血は治るのに時間がかかることも。これは医師の技術不足が原因なようです。そのリスクを回避するため、埋没法の実績が多いクリニックを選びましょう。

希望のラインと違う

手術前のカウンセリングで、二重幅の広さ、二重ラインのデザインについて決めるわけですが、希望していたものと実際が大きく異なる失敗ケースも多いと言います。(ちなみに管理人はこれでした…。)

カウンセリングで伝えた希望に寄せようとしすぎて、自分に合わないラインになってしまってもダメ。希望と実際の目の形を考慮し、提案してくれる実績豊富な医師に依頼するのが最善でしょう。

左右で目の大きさが違う

人の目の大きさや形、眉毛などは左右差があるため、多少の差異は仕方ありません。しかし、埋没法をしてから明らかにひどくなった!といったケースも多いのだそうです。

埋没法が原因で、左右のバランスが悪くなってしまったのなら、修正手術を受けることができます。この失敗ケースを受けた方は、どのような対処をしたのが見ていきましょう。

目が閉じられない

施術後、目を閉じることができなくなってしまうケースも多く報告されているようです。これは放っておくと、見た目が不自然なだけでなく、ドライアイになる原因にもなりかねません。

あまりにもおかしい場合は、すぐにクリニックに相談し、修正手術をした方がいいでしょう。また、依頼するクリニックも美容整形だけでなく、眼科に関する知識が豊富な医師のいるところを選択しましょう。

結び目が目立つ

埋没法はまぶたと目を開けるための筋肉を糸で留めることで二重を作る施術法です。ライン上の数カ所を糸で固定する際に、糸の結び目をまぶたの中に埋め込みます。

通常はまぶたの表面から結び目が見えることはありませんが、まれに結び目が表面に浮き出して、ポコっとしたふくらみのように見えることがあります。結び目が皮膚の浅い場所だったことなどが考えられますが、術後3ヶ月たっても解消されない場合は糸のかけ直しが必要になります。

しこりやニキビができる

埋没法ではまぶたの数カ所を糸で留めることで二重を作りますが、留めた場所には糸の結び目が残ります。この結び目が皮膚の浅い場所に埋め込まれると、表面が浮き出てボコボコして見えることがありますが、糸で留めた場所全体がしこりのように大きく飛び出したり、ニキビのように赤くなったりするケースもあります。

この場合は他人が見てもわかってしまうほど目立つことが多く、人によっては痛みを生じることもあるため早急な処置が必要です。

三重になる

埋没法は理想の二重ラインを作り出すための施術ですが、時に二重を通り越して三重のラインになることがあります。

埋没法で皮膚の巻き込みが弱かったために、ラインが分散して三重になるケースや、まぶたが腫れるなど不安定な状態になったために起きてしまうケース、加齢や皮膚のたるみによって二重の上に別のラインができてしまうケースなどがあります。対策は症状によって異なりますので、気になる人はクリニックへ相談してみましょう。

血が出る

二重の埋没法は切開法と違って皮膚をメスで切らない手術ですので、基本的に出血はほとんどなく、ダウンタイムも短いのが特徴です。それでも、ごくまれに糸で留めた場所から血が出ることがあります。

施術直後に起きる場合がほとんどで、何らかの理由で埋め込んだ糸がはずれたり切れたりして、まぶたの表面または裏側から出てしまうことで起こります。また脂肪吸引など、埋没法と一緒に他の施術を行ったことで出血することもあります。

痙攣する

二重の埋没法はまぶたを動かす筋肉と皮膚を糸で留めることで、二重のラインを生み出す施術方法です。埋没法によってまぶたを開いたり閉じたりする力の加減が変わるため、施術後に違和感を感じる人は少なくありません。

中にはまぶたがピクピクと痙攣するようになり、長引く症状に不安を覚える人も。まぶたの痙攣は、まぶたの筋肉が二重の状態になじんでいないために起こっていて、時間とともに治まる場合がほとんどです。

埋没法は医師の技術と
センスに左右される

二重埋没法は短時間で終わる手術ですが、仕上がりに関しては主観的な評価となります。いくら医師が成功したと言っても、本人が失敗したと思えば失敗になってしまうと言うわけですね。

施術の際は、患者の皮膚の厚みや目の形、眼球の状態など、様々な要素を考慮し、自然で美しい二重ラインを作ります。そのため、医師の腕とセンスに左右されることは確かだと言えるでしょう。

埋没法をお願いするクリニックや医師を選ぶ際は、カウンセリングが丁寧、医学的な視点から自然な二重デザインを提案してくれる、施術実績が豊富など、美容クリニックとして最低限の条件を満たす熟練した医師を選ぶようにしましょう。

技術が高い医師を選ぶ方法は

具体的に技術の高い医師を選ぶためには、どこに着目すればいいのでしょうか?それは、埋没法の実績に着目すること様々な症例に当たって対応してきていてそれなりのキャリアがあるということを考えると、美容外科として3年以上勤務、100件以上の手術実績は必要でしょう。

また、カウンセリングで丁寧に希望を聞いてくれるといった点も大切。こちらの希望に対してどこまで実現することができるのか、もしできないのだとしたらその理由は何なのか。納得いく説明ができるかということでも技術の高い医師かどうかを判断することはできます。

患者の無謀なリクエストに応えようとするから、良い医師というわけではありません。自分の力量をわかっていて、誠実に丁寧に対応してくれる医師を選びたいですね。そのためには口コミやHPだけで判断するのではなく、カウンセリングで実際に会って話してみることが一番です。

このサイトでは、埋没法に失敗した管理人が抜糸修正を依頼したあるクリニックでの、カウンセリングや施術時のレポートを公開しています。気になる方は、ぜひ参考になさってくださいね。

サイトマップ