血が出る

埋没法後に
血が出るケース

埋没法の失敗例:血が出る・出血する

二重の埋没法は切開法と違って皮膚をメスで切らない手術ですので、基本的に出血はほとんどなく、ダウンタイムも短いのが特徴です。それでも、ごくまれに糸で留めた場所から血が出ることがあります。

施術直後に起きる場合がほとんどで、何らかの理由で埋め込んだ糸がはずれるか切れ、まぶたの表面または裏側から出てしまうことで起こります。

また脂肪吸引など、埋没法と一緒に他の施術を行ったことで出血することもあります。

内出血とも違う
埋没法の出血

埋没法で血が出るのは、ほとんどが施術直後になります。埋没法はメスで切りませんので、血が出る場所は施術した部位(糸で留めた結び部分)のあたりに集中します。

クリニックでは大丈夫だったのに、帰宅してしばらくすると急に出血し始めるというケースも。これは施術後にまぶたが腫れたり、炎症を起こすなどして不安定な状態になったことで起こるもので、まぶたを冷やすことで止血できることがほとんどです。

埋没法後に血が出る原因

施術後に血が出る症状は、施術によって皮膚が炎症を起こしたり、腫れによって患部が刺激されることで起こります。

埋没法は皮膚の中に糸を埋め込むことで二重を作る施術ですので、施術後に内出血が起きることはよくありますが、まぶたの表面からじわじわと出血している、またはまぶたの裏側から血が出て目か真っ赤になる、涙に血が混じるといった症状が現れることもあります。

この場合、留めた糸がはずれてしまったことで皮膚から出血したり、糸を留める針穴から内出血で溜まった血が流れ出した可能性が高いと考えられます。

埋没法後に血が出たらどうしたらいい?

まぶたの表面や目頭から血が出る場合は、まず止血することが先決です。出血している部分に清潔なガーゼをあてて圧迫し、保冷剤などで患部を冷やしてください。

多くの場合、出血はまぶたを冷やすことで止めることができます。出血が続いているときは、30分ほど手を離さずに圧迫し続けてみてください。

出血が止まれば、自然と皮膚が患部をふさいで問題なく生活することができますが、気になるようでしたらクリニックで相談してみましょう。

埋没法の失敗例と対処法を
他にも見てみる

ビューティー編集部より
埋没法で血が出る人へ

埋没法は皮膚を切らない=血が出ないと思っているだけに、まぶたや目から血が出るとビックリすると思います。まぶたは皮膚が薄く、毛細血管がはりめぐらされているので、ちょっとした傷でも出血しやすくなります。

目のまわりの出血はショッキングかもしれませんが、冷やせば落ち着くことがほとんど。安静にして、まぶたを冷やして様子を見てくださいね。

サイトマップ