糸がとれたらどうしたらいい?

二重まぶた埋没法でまぶたに埋め込まれた糸は、そう簡単に取れるようなものではありませんが、場合によっては糸が緩んだり取れたりするリスクもあり、もしも糸が取れたらどうするべきかを知っておくことは重要です。

糸が取れそうな時は?自分でも分かるもの?

埋没法の糸が取れそうな場合や緩んでいるような場合、自覚症状の例として以下のようなものが挙げられます。

もちろん、これらのような症状は、加齢による肌の変化や、また元々が奥二重といった個人の体質などによっても現れることがあり、必ずしも糸が緩んでいる前兆とは言い切れません。

しかし、もし気になった場合は、なるべく速やかに執刀してくれた医師やクリニックへ相談することが大切です。

埋没法による糸はどんな理由で取れやすくなる?

基本的には、自然に取れたり緩んだりすることが少ないとされる、埋没法の糸ですが、どうしてもまぶたの内側に埋め込んでいるという性質上、まぶたへの刺激や日頃の習慣によっては、取れやすくなってしまうこともあります。

例えば、埋没法の糸が取れやすくなる理由としては、以下のようなものが挙げられます。

また、これらのような理由の他にも、生まれつきまぶたの皮膚が厚い人や、肥満によってまぶたに脂肪が付いてしまった人では、糸が取れやすくなるかも知れません。

まぶたに刺激や変化を与えないよう、日頃からの注意が大切です。

サイトマップ