視力が下がった

埋没法を行った人の中には、視力が低下する場合があります。そうなってしまえば、埋没法をやらなきゃ良かったと思うはず。そうならないために原因や対処法を知っておきましょう。

埋没法後に視力が急に下がった人の体験談

視力が下がる原因

二重にしただけで視力低下なんて起こるのかと思っている人もいるでしょう。でも実際に視力が低下する人がいるのは本当です。
埋没法で視力が低下する原因は、埋没法で留めた糸と言われています。糸は本来、結膜内に埋め込まれます。そうなれば糸が隠れてしまうため、視力を低下させることはありません。ただ何らかの原因で糸が埋め込まれずに残ってしまうと、眼球を傷つけ視力低下のリスクを高めるでしょう。

対処方法

すぐに視力が低下する訳ではありません。糸が埋め込まれていない場合、ゴロゴロするなどの自覚症状があるでしょう。ただ稀に自覚症状がない場合もあるようです。埋没法後は結び目の位置などによって、ゴロゴロするなどの症状は起こりやすいと言われています。しかし多くの場合、期間が経過すれば自然に収まっていくでしょう。1ヶ月以上経過してもゴロゴロ感が消えないときは、必ずクリニックで診てもらってください。ただし、瞬きの度に刺すような痛みがある場合には、1ヶ月待たずに早めに受診することが大切です。

早期にクリニック受診することによって、症状が悪化せずに対処することができます。留めてある糸を除去する方法が一般的です。眼球の状況によっては内服薬などの治療も行われるでしょう。大切な目を守るために、適切な対処をとってくださいね。

サイトマップ