視力が下がった

埋没法を行った人の中には、視力が低下する場合があります。そうなってしまえば、埋没法をやらなきゃ良かったと思うはず。そうならないために原因や対処法を知っておきましょう。

埋没法後に視力が急に下がった人の体験談

【編集部のコメント】

手術後は目の周囲の様子も変わり、さまざまな不安が押し寄せてくるでしょう。ダウンタイムも、人によって軽い人もいれば、長引く人もいます。眼球自体に痛みを感じず、手術直後に視力が低下する場合は、腫れによって視界が狭く感じられているだけかもしれません。その時は少しだけ様子をみてもいいかもしれませんね。

【編集部のコメント】

埋没法で視力が低下するリスクは少ないようですが、まれにそういったことが起こるようです。目は一度悪くなってしまうと取り戻せない宝物。異変を感じたらすぐに施術をしてもらったクリニックへ行くか、眼科で相談して診てもらいましょう。

【編集部のコメント】

1人目の方は、2週間様子を見ても良くならなかったため、医師に診てもらったようですね。視力が良くないままのようで、心配です。

2人目・3人目の方は、担当医師からしっかりと「視力が下がる可能性がある」ことは説明していただけたのですね。やはり初めての二重整形で緊張している方こそ、術前も術後もリスクを丁寧に説明してくれる医師にお願いしましょう。

また、視力が低下していると感じるのは、とても不安なことです。埋没法をして視力が低下する要因になるのは、糸が角膜を傷つけてしまうケースがほとんど。その場合、強い痛みや充血がともなうことが多いようです。視力が下がっていないかどうか気になる場合は、眼科で検査をしてもらってもよいかもしれません。

視力が下がる原因

二重にしただけで視力低下なんて起こるのかと思っている人もいるでしょう。でも実際に視力が低下する人がいるのは本当です。
埋没法で視力が低下する原因は、埋没法で留めた糸と言われています。糸は本来、結膜内に埋め込まれます。そうなれば糸が隠れてしまうため、視力を低下させることはありません。ただ何らかの原因で糸が埋め込まれずに残ってしまうと、眼球を傷つけ視力低下のリスクを高めるでしょう。

対処方法

すぐに視力が低下する訳ではありません。糸が埋め込まれていない場合、ゴロゴロするなどの自覚症状があるでしょう。ただ稀に自覚症状がない場合もあるようです。埋没法後は結び目の位置などによって、ゴロゴロするなどの症状は起こりやすいと言われています。しかし多くの場合、期間が経過すれば自然に収まっていくでしょう。1ヶ月以上経過してもゴロゴロ感が消えないときは、必ずクリニックで診てもらってください。ただし、瞬きの度に刺すような痛みがある場合には、1ヶ月待たずに早めに受診することが大切です。

早期にクリニック受診することによって、症状が悪化せずに対処することができます。留めてある糸を除去する方法が一般的です。眼球の状況によっては内服薬などの治療も行われるでしょう。大切な目を守るために、適切な対処をとってくださいね。

失敗しないクリニックの選び方は?

リスクやデメリットを最初に説明してくれるかどうか

どんなに素晴らしい効果を期待できる治療や施術にも、必ずリスクやデメリットは存在します。問題は、事前にそれらをきちんと説明した上で、施術希望者に改めて施術を受けるかどうかの意思確認をしてくれることです。

もしも、埋没法のメリットや成功した場合の話をするだけで、リスクやデメリットについて一切触れない医師がいたとすれば、そのようなクリニックでの施術は避ける方が無難です。また、きちんとリスクについて説明を受けておくことで、もしも視力や視界に違和感を覚えた時でも、速やかに問題を自覚して医師へ相談できるようになり、結果的に問題解決を助けます。

トラブル発生時のケアや再診の体制は万全か

どれほど注意していたとしても、残念ながらトラブルが起きてしまうことはあるでしょう。しかし、そこで重要なことは、迅速かつ適切な処置を行ってもらうことです。

術後に何かしら不安を感じた時に、すぐに相談できる方法が確立されているかどうかは、クリニックとの信頼関係を考える上で重要です。また、万が一に糸が取れて抜糸や再手術が必要だと判明した時はどうなるのか、事前に確かめておくことも欠かせません。

サイトマップ