目が痛む・ゴロゴロする

二重埋没法のトラブル例のひとつ、目の痛みや違和感が起こる原因や回避法についてまとめました。実際に、埋没法で目のトラブルを体験した方のコメントもご紹介します。

埋没法後に
目が痛むケース

埋没法は薄いまぶたの皮膚に糸を入れる手術なので、目のトラブルが起こるリスクも当然あります。頻度としては稀ですが、埋没法手術の影響で組織にゆがみが生じて目のゴロゴロ(異物が入っているような感覚)が起こったりすることもあります。

このような目のトラブルは、ほとんどが一時的なもので、1~2週間ほどで落ち着いてきます。数ヶ月続く場合や痛みを伴う場合は受診が必要です。術後すぐでも、あまりに痛い、ゴロゴロして日常生活に支障が出る場合は、医師に相談したほうが良いでしょう。

そのほか、目周辺の筋肉の動きが変わってしまったことで、目が疲れる、肩がこるなどの症状が現れる人もいます。埋没法を受けてから不調が出てきた場合も、医師に相談してみてください。

目が痛む・ゴロゴロする原因と対処法

目が開けにくくなる、目の痛み、ゴロゴロ感の原因は、目を開ける筋肉に糸がかかったことによるもの。縫いとめてある状態に目が馴染んでくれば、徐々に消失していきます。

目がチクチク痛む場合は、まぶたの裏側から糸が出ている可能性があります。本来は、目の裏側から糸が出ないように結びますが、手術の仕方や医師の技術が未熟な場合は、糸が露出してしまうケースが多いようです。さらに、ごく稀ではありますが、糸が完全に露出してしまうケースや、ゴミやまつ毛が糸に引っかかってしまい激痛を伴うこともあります。

目の痛みは、手術による炎症だけが原因のケースもあり、その場合は1~2週間ほど目薬をさせば痛みがひく場合がほとんど。しかし、まぶたの裏側から糸が出ている場合は、すぐに抜糸が必要です。

目のトラブルは、残念ながら腕の良い医師を選ぶ以外に回避方法はありません。失敗に巻き込まれないためにも、信頼できるクリニックを選びましょう。

二重埋没法の失敗談!
【目が痛む・ゴロゴロする編】

埋没法で目が痛む場合は
どうすればいい?

埋没法後の痛みやゴロゴロ感があっても、自分でなんとかしようとするのは良くありません。手術直後のまぶたをむやみにいじってしまうと、糸が取れてしまう、飛び出していた糸で角膜を傷つけてしまう恐れがあります。まばたきするたびに痛む、触らなくても痛い、数日経っても違和感が消えない…そんな時は、必ず病院で診察してもらいましょう。

技術が伴わないクリニックは、相談に行っても適当にあしらわれたり、様子見で済ませたり…まるで「自分達は悪くない」とでも言わんばかりの態度をとられることもあります。クリニックの態度に疑問を感じたら、技術力に評判のある病院を探して診てもらいましょう。熟練の医師による修復手術を受けることで、痛み・ゴロゴロ感のないキレイな二重が手に入ります。

全国の二重埋没法名医リストを見る