目が痛む・ゴロゴロする

二重埋没法のトラブル例のひとつ、目の痛みや違和感が起こる原因や回避法についてまとめました。実際に、埋没法で目のトラブルを体験した方のコメントもご紹介します。

埋没法後に
目が痛むケース

埋没法の失敗例:目が痛む・ゴロゴロする・チクチクする

埋没法は薄いまぶたの皮膚に糸を入れる手術なので、目のトラブルが起こるリスクも当然あります。頻度としては稀ですが、埋没法手術の影響で組織にゆがみが生じて目のゴロゴロ(異物が入っているような感覚)が起こったりすることもあります。

このような目のトラブルは、ほとんどが一時的なもので、1~2週間ほどで落ち着いてきます。数ヶ月続く場合や痛みを伴う場合は受診が必要です。術後すぐでも、あまりに痛い、ゴロゴロして日常生活に支障が出る場合は、医師に相談したほうが良いでしょう。

そのほか、目周辺の筋肉の動きが変わってしまったことで、目が疲れる、肩がこるなどの症状が現れる人もいます。埋没法を受けてから不調が出てきた場合も、医師に相談してみてください。

1.埋没法後に
ゴロゴロする痛みがある

埋没法を受けた後に、なんとなく目が開けづらい気がしたり、ゴミが入ったような異物感があって目がゴロゴロする、と訴える人がいます。

これは目を開ける筋肉に糸がかかったことによるもので、ある程度の時間がたてば目がなじんで違和感が次第に消えていくのが一般的。コンタクトをすると違和感がなくなるのがこのケースです。

ゴロゴロする痛みの原因

目がゴロゴロする原因は、埋没法によって目を開ける筋肉に糸がかかったことによるものがほとんどです。埋没法では二重のライン沿いの数カ所を糸で固定するため、留めている部分に違和感を感じる場合も。

ただ、目が強く痛むときや、コンタクトをつけてもゴロゴロがおさまらない場合は、糸がまぶたの裏側から出てしまっているのが原因かもしれません。

目がゴロゴロするときはどうすればいい?

目がゴロゴロする症状は施術後に感じやすく、糸で留めている状態に目がなじんでくると解消されることがほとんどです。まずは、しばらく様子を見てみましょう。

それでも症状がおさまらない、異物感が気になるという人は、目が炎症を起こしている可能性があるので、クリニックで医師の診断を受けてみるのがよさそうです。

炎症などが原因であれば、ほとんどの場合は抗炎症薬や角膜保護薬などの目薬をさせば、1〜2週間で改善することができます。

2.埋没法後に
チクチクした痛みがある

ゴロゴロではなく目が強く痛む、チクチクして目を開けられないという人は、まぶたの中に埋め込んだはずの糸が何らかの原因で伸びたり切れたりして、まぶたの裏側から出ている可能性があります。

この場合は、すぐに処置しないと角膜を傷つける危険があります。クリニックで診察を受け、すぐに抜糸しましょう。

チクチクする原因

チクチクの原因は、ほとんどがまぶたの裏側から糸が出てしまっていることから起こります。特に経験の浅い医師が施術を行うと、糸の留め方がゆるかったり、適切な位置に留めていないために糸がズレたり、時には切れてしまうことも。

切れた糸がまぶたの裏側に出てしまうと、角膜を刺激したり、ゴミが糸にからんで痛みを感じやすくなります。

チクチクするときはどうすればいい?

まぶたの裏側から糸が露出している場合は、目を傷つけないよう早急に抜糸をする必要があります。特に埋没法で使われる医療用の糸は極細で目立たないため、どのくらい糸が露出しているのか判断できない場合が多いです。

このくらいなら大丈夫だと自己判断せずに、すぐにクリニックへ相談してください。

3.炎症による痛みがある

埋没法を行った後に、まぶたが腫れたりニキビのようなものができたりするケースがあります。炎症がひどくなると痛みがでてきて、膿が溜まるようです。

痛みや腫れがひどいときは埋没法の糸から感染を起こしている可能性が。また、糸の近くにものもらいなどができると、炎症が悪化しやすくなります。炎症を起こしている場合、クリニックでの抜糸が必要です。診察を受けてまぶたの状態をチェックしてもらい、適したケアをしましょう。

炎症による痛みの原因

まぶたの炎症で痛む原因として、埋没法で用いる糸の感染が考えられます。まぶたを触りすぎて雑菌がついてしまうと、糸を留めている部分から感染して炎症を起こすのです。炎症がひどくなると痛みも強くなるので、まずは糸を取り除く必要があります。

人によっては、ものもらいによる腫れの可能性も。悪化したものもらいは切開して膿を除去しなくてはいけません。また、ものもらいが糸の近くまで広がると、感染する可能性があるので注意が必要です。

炎症による痛みがでたらどうしたらいい?

まぶたが腫れて痛みがでてきたら、まずは菌の繁殖を抑える抗生剤を使いましょう。目薬タイプのものを点眼し、3日ほど様子を見てください。それでも治まらないときは、埋没糸の感染なら抜糸、ものもらいなら切開して膿を出す必要があります。ただし、ものもらいによって糸が感染することもあるため、注意しましょう。

埋没糸が感染している場合、抗生剤や膿出しをしても糸が残ったままだと完治しません。埋没法を受けたクリニックで相談し、早めに抜糸してください。

埋没法の失敗例と対処法を
他にも見てみる

ビューティー編集部より
埋没法で目が痛む人へ

目のゴロゴロや痛みは他人には伝わらないことが多いため、「もう少し我慢すれば大丈夫」と自分に言い聞かせる人が多いのが特徴です。けれど目の痛みって、他人が思っているよりはるかに辛いものですよね。

埋没法後の痛みやゴロゴロを、自分でなんとかしようとするのは良くありません。手術直後のまぶたをむやみにいじってしまうと、糸が取れてしまう、飛び出していた糸で角膜を傷つけてしまう恐れがあります。まばたきするたびに痛む、触らなくても痛い、数日経っても違和感が消えない…そんな時は、必ず病院で診察してもらいましょう。

技術が伴わないクリニックは、相談に行っても適当にあしらわれたり、様子見で済ませたり…まるで「自分達は悪くない」とでも言わんばかりの態度をとられることもあります。クリニックの態度に疑問を感じたら、技術力に評判のある病院を探して診てもらいましょう。熟練の医師による修復手術を受けることで、痛み・ゴロゴロ感のないキレイな二重が手に入ります。

サイトマップ