ハム状態

二重埋没法の術後に起こりやすい、「ハム状態」のトラブルについて原因や回避方法をまとめました。実際に失敗してしまった方の体験談もご紹介します。

ハム状態とは?

ハム状態とは、目を閉じても糸が食い込んでしまっている状態のことです。つまり紐で縛ったハムのようになっている様子を表します。基本的に埋没法を行ったあと、数日間は目元が腫れてしまうもの。綺麗な二重ラインになるまでには1ヶ月以上を要すると言われています。

誰しもがなる「ハム状態」

術後数日間は、ほとんどの人がハム状態に陥るでしょう。しかし1ヶ月以上経過してもハム状態が改善しない場合は、トラブルが起こっている可能性があります。ハム状態はドクターの手術の腕によって長引くこともありますが、菌に感染してしまったことで腫れが引かないことも。万が一、数ヶ月経過しても改善しない場合には、早めにクリニックへ受診するようにしてください。

クリニックでトラブルが起こっているとわかったら

ただのハム状態ではなくトラブルが起こっているとわかったら、二重の状態や希望によって抜糸しての再施術・切開法での再手術などを行います。まぶたの状態にあった対処を行い、改めて綺麗な二重に整えることを目指します。修正施術の依頼は、信頼できるクリニックに任せることが大切です。慎重にクリニックを選んでくださいね。

埋没法でハムのようになってしまう原因

埋没法でハム状態になる原因は、人によって違います。原因によって適切な対処法も変わってくるので、どのような原因なのかチェックしましょう。

原因1:まぶたの脂肪による影響

生まれつき、まぶたの脂肪が多い人がいます。その場合、埋没法を行う前に脂肪吸引が必要です。脂肪吸引をしないまま埋没法を行ってしまうと、腫れぼったさが残ってしまう可能性があります。その結果、ハム状態になる恐れがあるため注意しましょう。

まぶたの脂肪が少なければ、脂肪吸引は行う必要がありません。脂肪吸引によって目元の脂肪を取り過ぎてしまえば、目がくぼんでしまうなどの症状が現れてきます。そのため目元の状態にあった施術を行うことが大切です。

原因2:単純に腫れが続いている

埋没法など何らかの手術を行うと、創部付近の腫れは必ず起こります。体質や術後の過ごし方によって、腫れ方は大きく変わるでしょう。術後、安静にする・アイシングを行うことによって腫れは収まりやすくなると言われています。

一方、術後に激しい運動を行うなど医師の指示に従わない生活を送ることで腫れが酷くなる恐れがあります。

そのため1ヶ月経過してもハム状態が改善しない場合も。つまりハム状態を早めに改善するためには、術後の過ごし方が大切です。医師の指示に従って、ダウンタイムの期間は安静に過ごすようにしてください。また、術後は創部に熱感があるため、アイシングを行うことによって炎症反応を軽減しやすくなります。保冷剤などを用いて、冷やすことも忘れないようにしてください。

原因3:糸の結び方によるもの

埋没法は糸の留め方によってハム状態に陥ることも。医師の経験の少なさなどが原因で起こると言われています。

埋没法の経験が少ない医師の場合、結び目の力加減が難しいようです。力加減がわからずきつく結びすぎた結果、ハムのように無理やり縛られたまぶたに見えてしまいます。埋没法を行う場合には、経験豊富な医師に任せることが大切です。程よい力加減で結ぶことによって、綺麗な二重ラインに整えられます。

他にも感染などが原因で、腫れが落ち着かずハム状態になる可能性があります。痛みやかゆみなどの症状が治まらない場合は、早めに医師へ相談してください。

ビューティー編集部より
ハム目で悩んでいる人へ

せっかく埋没法を行っても、ハム状態になれば見た目が悪くなり日頃の生活にも支障をきたします。ただ、腫れが続いているだけのハム状態であれば、時間の経過と共に症状は落ち着いていくもの。しかし、無理な手術方法や感染などが原因の場合、症状は悪化する恐れもあるでしょう。

そのため1ヶ月経過してもハム状態が継続している場合には、信頼できる医師に診てもらってください。症状によっては、修正を行うことも検討しましょう。

サイトマップ