くぼみが目立つ

二重埋没法の術後に起こりやすいくぼみのトラブルについて原因や回避方法をまとめました。実際に失敗してしまった方の体験談もご紹介します。

くぼんでいる状態とは?

埋没法は腫れにくいと思っている人が多くいます。しかし埋没法だとしても、人によっては腫れの症状が強い場合があるもの。

そのため埋没法を行って1ヶ月程度は、結び目の部分がくぼんで見えるケースがあります。これは正常な経過なので、とくに問題はありません。手術後から徐々にくぼみが目立たなくなっていくでしょう。

1か月以上のくぼみは要注意

一方、1ヶ月以上経過しても点状やライン上にくぼみが残ってしまう場合があります。この場合には、正常な経過とは言い切れません。糸をきつく縛りすぎているなどが原因で起きていると考えられるでしょう。

時間が経っても症状が変わらない場合は、一度クリニックで診てもらってください。状態によっては修正が必要になることも。修正を行うことで、理想的なラインに整えられます。安易に自己判断せず、気になる点は相談しましょう。

点状にくぼんでいるケース

一言でくぼみといっても、ケースによって症状が違います。たとえば結び目部分に点状のくぼみがあるケースです。

幅広平行型のデザインだとなりやすい

目を閉じたときに、点状にくぼみが出るケースは、とくに二重幅が広く平行型のデザインのほうがなりやすいと言われています。これは、表に出ているまぶたの面積が大きいからです。

手術後すぐであれば様子見

点状のくぼみが出た場合、手術後すぐであれば少し様子をみても良いでしょう。時間が経過すると腫れの症状が落ち着くため、くぼみの症状も治まっていきます。しかし症状が変わらない、ひどくなっている場合には、早めにクリニックへ相談してください。

状態によっては修正を行うほうが良いケースがあるでしょう。その場合には、手強くしばり過ぎている箇所の修正を行います。修正を行うことによって、くぼみを解消することができるはず。理想的な二重を作るためにも、不安な箇所があれば診察を受けるようにしてください。

ライン上にくぼんでいるケース

埋没法を行った後に、二重のライン上にくぼみができる場合があります。これも糸を強く締めすぎたことが原因です。

裁縫をするとき、糸を通したあとに糸をキュッと引っ張ると、布が寄ってしまうのと同じように、糸を引っ張りすぎるとそのぶん二重ラインがくぼんでしまいます。

手術後すぐであれば様子見

手術後はどうしても腫れてしまうので、くぼみがわかりやすいですが、腫れが引くにつれて症状は徐々に落ち着いてくるでしょう。結果、くぼみはなくなり、左右差などが気にならなくなるはずです。しかし時間が経過しても、くぼみが継続しているときはクリニックで相談してください。

相談は腫れが落ち着いてからがベスト

クリニックに相談する場合は、腫れが落ち着いてからにしましょう。腫れがあると正しい診断が出来ない可能性があります。また修正を行うにしても、腫れがあれば正確なシミュレーションが出来ないでしょう。そのため短くても手術から1ヶ月以上経過したときに、くぼみの状態を判断するようにしてくださいね。

むくみでくぼんでいるかも?

埋没法を行った直後は、腫れによってくぼみが出来やすいと言われています。また、腫れが落ち着いたと思っても、朝方のむくみが強く出やすいときはくぼみが目立ちやすいことも。昼頃になると、むくみは解消するため、くぼみが目立たなくなります。

同じ日であっても塩分の多い食事だったり、水分をたくさん取ったけれど輩出していないときは、むくみやすいと同時にくぼみやすくなる可能性大。くぼんでいるなと思ったら、まぶた以外の部分に注目して、むくんでいないかを確認しましょう。むくみが原因であれば、クリニックへ行かなくてもむくみの改善によってくぼみも解消できるかもしれません。

留めている点数が多いとくぼみやすい?

腫れる期間は何点留めかで変わってきます。たとえば2点留め程度であれば腫れの期間は短く、おおよそ1ヶ月程度で症状は落ち着くでしょう。反対に3点や4点留めであれば、腫れの期間は長引き3ヶ月程度要すると言われています。また5点留めなど留めた箇所が多ければ、腫れが引かない恐れも出てきます。腫れが引かなければ、抜糸するケースもあるようです。

ビューティー編集部よりくぼみで悩んでいる人へ

埋没法で二重が綺麗に出来たとしても、目を閉じたときにくぼみがあれば満足できる結果とはいえません。くぼみは、腫れの症状が強いと目立ってしまいます。そのため腫れの症状が落ち着いた状態で、くぼみの有無を確認するようにしましょう。

何か不安があれば、経験豊富で信頼できる医師によるカウンセリングを受けるようにしてください。

サイトマップ