希望のラインと違う

二重埋没法の手術後の失敗例のひとつ、「ラインが不自然になってしまう」原因やトラブルを避ける方法についてまとめました。

埋没法後に
ラインが不自然なケース

埋没法の失敗例:二重ラインが不自然・ガタガタ・広すぎる

埋没法は手術前にカウンセリングを行い希望の二重どおりに仕上がるのが本来の施術です。しかし、なかにはラインが不自然になったり、違和感のある目元になったりして、希望の二重にならないケースもあります。また、思っていたより二重のラインが太かった、細かった…といった仕上がりイメージの違いもあります。

通常、カウンセリングでは一人一人に適した自然な二重幅とラインを医師が提案し、最終的には施術を受ける人と医師が話し合ってラインを決めます。しかし、なかには、ドクターの提案を無視して幅広二重を希望する人も少なくありません。

まぶたに負担が大きい幅広二重にしてしまうと、希望とは違う仕上がりになる可能性が高いことも覚えておきましょう。患者の希望通り幅広二重を形成した結果、分厚い二重にさらに二重が食い込むという不自然な見た目になってしまったという失敗例もあります。

1.埋没法で二重ラインが
ガタガタになる

埋没法の失敗症例写真:二重ラインがガタガタで不自然

二重のラインは平行型、末広型いずれにしても、きれいな弧を描いた形になるのが理想です。ところが何らかの原因で目尻側と目頭側で高さが変わってしまい、二重のラインがガタガタして不自然になってしまうことがあります。

特に伏し目になった時にラインが明らかにガタガタになってしまうと、二重整形を受けたのがバレバレで、人前に出るのが不安になる人が多いようです。

二重ラインがガタガタになってしまう原因はいくつか考えられますが、施術直後ならまぶたの腫れが場所によって違うために起こっている可能性もあります。その場合は腫れがひけば解消されます。

埋没法の二重ラインがガタガタになる原因

ラインがガタガタになる原因で、まっさきに考えられるのはまぶたの腫れです。まぶたの腫れは二重のラインとまつげのラインの間に現れ、特に埋没法で固定した糸の結び目周辺に出やすくなります。

腫れ方には個人差があり、まぶたの目頭側と目尻側で腫れ方が異なる場合も。腫れがひいてもガタガタが解消されない場合は、医師のミスによって埋没する場所をシミュレーションと違う場所にしてしまった可能性が考えられます。

埋没法で二重ラインがガタガタになったらどうすればいい?

施術後すぐの場合は、まぶたの腫れが強く出る傾向がありますので、二重のラインがきれいに出ないケースがあります。多くの場合、腫れがひけば目になじんできれいなラインになりますので、施術後1ヶ月~3ヶ月は様子を見てください。

それ以上になっても理想のラインにならない場合は、クリニックを再診して医師に相談を。時間がたちすぎると修正がしづらくなりますので、早めに抜糸して施術をやり直すことも考えましょう。

2.埋没法の二重幅が広すぎる

埋没法の失敗症例写真:二重ラインが広すぎて不自然

埋没法は切開しない二重術なので「腫れない」ことをうたっているクリニックが多いのですが、腫れが少ないだけでまったく腫れないわけではありません。

個人差はありますが、施術後1ヶ月は腫れが残ると考えておいてください。まぶたの腫れは二重のラインとまつげの生え際の間で起こりますので、腫れがある間はどうしても幅が広くなりがちです。

それも1ヶ月をすぎると落ち着いて本来の二重ラインが出てくるのですが、それでも幅が広すぎると感じる場合は抜糸をしてやり直すことも検討したほうがよいかもしれません。

埋没法で二重幅が広くなる原因

まぶたの腫れがひいても幅が広すぎる場合は、担当医師の技術不足によってシミュレーション通りにいかなかったことや、皮膚のたるみ具合や目の形、眉毛の位置など全体のバランスを考慮されずに施術が行われなかったことが考えられます。

二重術は単にラインを入れるだけではなく、顔の形や目の形状、皮膚の状態などを考慮して、顔全体のバランスを考えながら施術をする必要があります。

自分は平行型の幅広二重がいいと思っても、全体のバランスを考えた時にそれが最適でない場合も。1人ひとりに最適な二重ラインを作れるよう、的確なアドバイスをしてくれる経験豊富な医師を選ぶことが重要といえます。

埋没法で二重幅が広くなったらどうしたらいい?

術後しばらくはまぶたが腫れていますので、希望したラインよりは太く見える傾向があります。また腫れには左右差があり、右左の幅が違うことも多々ありますので、まずは1ヶ月ほど経過した状態でしっかり確認を。

それでも希望していたラインと違っていて気になる場合は、修正手術を検討しましょう。同じクリニックに再度手術を依頼するのが不安な時は、修正手術が得意な医師のいるクリニックを選ぶのもひとつの方法です。

3.埋没法の二重幅が狭すぎる

埋没法で二重にしたのに、幅が狭すぎて奥二重に見えることがあります。施術して1ヵ月は腫れやむくみで見え方は変わりますが、その場合は幅が広がって見えることがほとんどです。幅が狭くなっている場合、目が開きやすくなって眉毛が下がっていることが考えられます。

また、糸が浅い部分に埋まっているためうまく二重のラインが付かず、幅が狭くなっているかもしれません。キレイな二重にするなら、腫れが引いてからクリニックで診てもらいましょう。

埋没法の二重幅が狭すぎる原因

埋没法を行った後に二重幅が狭くなる場合、糸が浅い部分に留められていることがあります。浅い部分に埋まっていると二重のラインがつきにくくなり、奥二重や幅の狭い二重になってしまうのです。2~3ヵ月経つと二重のラインが落ち着いてくるため、固定される前に再手術するのをおすすめします。

また、埋没法によって目が開きやすくなった結果、眉毛が下がって二重ラインが狭くなることも。術前のシミュレーションでは眉毛の位置まで考える必要があります。

埋没法の二重幅が狭すぎたらどうしたらいい?

むくみや腫れはある程度期間が経つと引いていきますが、むくんでいた頃より二重幅が広くなることは期待できません。腫れが引くまで様子を見て、1ヵ月してからクリニックで再手術しましょう。

術後1ヵ月以内でも再手術はできますが、二重ラインのシミュレーション時に腫れが引いていないと、どんなに腕の良い医師でも調整は困難です。二重の幅をしっかり決めたいのであれば、最低でも1ヵ月は待ったほうがいいといえます。

自分に合う二重のデザインを選ぶ

埋没法で理想の二重を作るには、高い技術を持つ医師に手術を依頼するのが1番ですが、「自分に合う二重が何か」を把握するのも大切です。

海外モデルのようなパッチリとした二重に憧れる人は多いようですが、実際には合う顔を合わない顔があります。

平行型二重」と「末広型二重

パッチリ二重の人に多いのは、「平行型二重」というタイプです。二重のラインが目頭から目尻まで、上まぶたと平行にラインが入っている状態を指します。

一方で「末広型二重」は、目頭と二重のラインが近く、目尻に向かうほど二重の幅が広くなるデザインです。末広型二重は日本人に似合うデザインともいわれており、これには日本人特有の「蒙古襞」が関係しています。蒙古襞は、目頭にある肉を覆う襞で、日本人の8割が持っているのです。

目頭側で二重のラインが蒙古襞に入り込んでいるため、日本人には末広型二重が似合うと言われています。

平行型が合う人の特徴

平行型二重が似合う人の特徴は、蒙古襞がなく顔のパーツがはっきりしている人です。平行型は他のデザインよりもくっきりした目を作るので、1つひとつの顔のパーツもはっきりとしている人が似合います。

また、まぶたが腫れぼったくない人にも適しています。平行型は施術後に糸がまぶたを押し返す力が強くなり、腫れぼったいまぶたの人は糸が取れやすいです。

不自然な目元にならないためには

上記でお伝えした通り、顔のパーツや目元の状態によっては希望する二重が似合わない場合があります。実際にカウンセリング時に「希望するまぶたの実現が難しい」と言われることも少なくありません。

医師に提案される二重のデザインは、自身が希望するものとは異なるかもしれませんが、医師は1人ひとりの目元の状態などを総合的に考慮して最適な提案をしています。

不自然な仕上がりにならないためにも、自身が希望する二重を伝えつつ、医師の提案にもしっかり耳を傾けるのが重要です。

おさらい!二重のデザイン

平行型

ヨーロッパやアメリカなどアジア圏以外に多いデザイン。目頭から目尻まで平行に二重ラインが出ている形になります。二重のラインがハッキリしており、メイクが映えるなどのメリットがあります。

末広型

日本人などアジア圏に多い二重のデザイン。二重まぶたの人のうち、およそ80%がこの末広型と言われています。二重のラインが途中から出現し、目じりに向かって少しずつ幅が広くなるカタチです。非常にナチュラルな印象の二重になります。

デザインを決める時の注意点

人によって理想とする二重のデザインがあるはず。しかし、イメージだけで二重のデザインを決めてしまうと、想像と違ったと思ってしまうかも。二重のデザインは、しっかり注意点を守って決めましょう。

埋没法では、できないデザインがある

どんなデザインでも作れると思うのは大間違い。埋没法の場合まぶたの状況や皮膚の癖などによって、作れないデザインもあります。もし無理して状態にあっていない二重を作ってしまうと、すぐに取れてしまったり、手術を何回も繰り返すなどのトラブルが起こりやすくなることも。そのため医師と相談しながら、自身のまぶたに適したデザインを考えてください。

シミュレーションをしっかり行う

埋没法だけでなく、どんな二重整形術を行う前にはシミュレーションを行うことが大切です。クリニックでのシミュレーションは、ブジ―と呼ばれる細い針金をまぶたに当てて行います。そうすることでデザインを再現でき、仕上がりイメージも具体的に確認できます。
信頼できる医師のもと、丁寧にシミュレーションを行ってください。納得できるデザインになるまで行うことが重要です。もし納得できないデザインのまま埋没法を行えば、後悔することに…。
つまりシミュレーションを行わないようなクリニックは、トラブルが起こりやすいともいえるでしょう。

希望していた二重のデザインとちがっていた場合

とことんシミュレーションを行っても希望していたデザインと違うケースもあります。その場合には、早めに埋没法を行ったクリニックへ相談に行くことをおすすめします。ただ施術直後は、腫れなどの症状によって希望したデザインと異なって見えてしまうもの。そのため腫れなどの症状が落ち着いた段階でデザインを判断してください。腫れは1ヶ月程度で落ち着いてきます。ただ個人差は大きいため、もう少し腫れが継続する可能性も。腫れがある間は、希望していたデザインと違っていても心配しないでください。
また腫れを少しでも早く落ち着かせたい場合には、ダウンタイムの期間は安静に過ごすように心がけることが大切です。術直後には冷却するなどの対処も良いでしょう。医師の指示に従い過ごすことで、より早くデザインを完成させることができますよ。

不自然な仕上がりになってしまった人の体験談

日によって二重の濃さが変わる

施術を受けて4か月が経ちますが、元の奥二重のラインになってしまう日があります。自然な二重になり今のデザインは気に入っていますが、日によって二重の状態が変わってしまうのは残念です。

幅の広い奥二重のようになる

最初はダウンタイムのせいで目元が腫れぼったく見えているのかと思いましたが、半年経っても腫れぼったさが治まりませんでした。私のまぶたでは埋没法で理想の二重を作るのが難しいようなので、次は切開法を試そうと思っています。

整形がバレそうでハラハラしました

埋没法で二重を作ってすぐは、痛みよりも腫れが酷くてラインが不自然でした。数日後には仕事もあったのでメイクでごまかしましたが、整形がバレてしまうのではないかとハラハラが隠せませんでした。ダウンタイム後は安定して、きれいな二重になりました。

しばらく経ってやっと希望のデザインになりました

3点留めの埋没法を行いました。見た目は腫れていないような気がしたのですが、術後3日経っても思ったデザインとは異なっていました。さらに左右二重幅が違っていたので、ショックで不安いっぱい。ただ1ヶ月経った頃には、綺麗になったので安心しました。腫れていないと思っても、やっぱ腫れはあるみたいです。

希望通りになるのか心配

埋没法を行って5日目です。幅が広すぎて、まったくイメージと違う!他院での手術も考えるほどでした。本当に綺麗な二重になるか不安です。ただ他の人の口コミをみると、徐々に落ち着くと書いてあったので、それを信じて待ちます。

思った以上に二重幅が広い

治療を行って、まだ5日。でも腫れが酷くて見た目も最悪です。早く外出したいのに、こんな目じゃ外出もできません。ちゃんと冷やしておけば良かったと、今更ながら後悔しています。二重の幅も広く、全然思った通りの二重じゃありません。早くデザインが完成してもらいたいです。

ひやひやしました

医師と話し合って、平行型のデザインに決めました。最初すごく腫れあがってしまい、デザインも思ったのと違います。少し不安になったので医師に連絡しました。腫れが影響しているから、1ヶ月様子見てとのこと。1ヶ月以上経った今では腫れもなく、二重のデザインもばっちりです。

埋没法の失敗例と対処法を
他にも見てみる

ビューティー編集部より
二重ラインが不自然な人へ

二重のラインがガタガタとなってしまうと、二重手術を受けたことがバレるのではないかと気になって、外出がユウウツになるという声をよく聞きます。バレにくいのが魅力の埋没法を受けたのに…と不安になってしまう気持ちはよくわかりますが、多くの場合は腫れによって起こるので、時間がたてば落ち着いてきます。あわてず様子を見てくださいね。

1ヶ月ほど経過して腫れがひいた状態でしっかり確認し、希望していたラインと異なるのがどうしても気になる場合は修正手術を検討しましょう。

他の失敗事例を見てみる

サイトマップ