希望のラインと違う

二重埋没法の手術後の失敗例のひとつ、「ラインが不自然になってしまう」原因やトラブルを避ける方法についてまとめました。

埋没法後に
ラインが不自然なケース

埋没法は手術前にカウンセリングを行い希望の二重どおりに仕上がるのが本来の施術です。しかし、なかにはラインが不自然になったり、違和感のある目元になったりして、希望の二重にならないケースもあります。また、思っていたより二重のラインが太かった、細かった…といった仕上がりイメージの違いもあります。

通常、カウンセリングでは一人一人に適した自然な二重幅とラインを医師が提案し、最終的には施術を受ける人と医師が話し合ってラインを決めます。しかし、なかには、ドクターの提案を無視して幅広二重を希望する人も少なくありません。

まぶたに負担が大きい幅広二重にしてしまうと、希望とは違う仕上がりになる可能性が高いことも覚えておきましょう。患者の希望通り幅広二重を形成した結果、分厚い二重にさらに二重が食い込むと言う不自然な見た目になってしまったという失敗例もあります。

ラインが不自然になる原因と対策法

二重のラインが不自然になるのは、医師の技術不足、皮膚のたるみの程度、もともとの目の形の左右差、眉毛の位置などが影響してくると考えられます。

いくら理想の二重の形を求めても、整形はその人の顔の形や眼球の形状、皮膚の状態などを考慮して施術をしなければ結果的に不自然な二重になってしまいます。美容院で髪を切り過ぎてもしばらくすれば元に戻りますが、埋没法のような美容整形は一度施術を行うと元に戻すのは負担が大きいですし、場合によってはお金が無駄なってしまいます。

このような失敗をしないためにも、医師の助言に耳を傾けるという姿勢を忘れないでください。そのためにも、的確なアドバイスをしてくれる経験豊富な医師を選ぶようにしましょう。

また、病院によっては事前に見た目のシミュレーションをしてくれるところもあります。医師と相談しながら、違和感のない二重のラインをしっかり打ち合わせしておきましょう。

二重埋没法の失敗談!
【ラインが不自然でばれる編】

埋没法でラインが不自然
ならどうすればいい?

術後すぐに「理想と違う」と訴えるのは、間違っています。術後しばらくはまぶたが腫れていますので希望したラインよりは太く見える傾向があり、腫れには左右差があるので右と左の幅が違うことも多々あります。1ヶ月ほど経過した状態でしっかり確認し、希望していたラインと異なるのがどうしても気になる場合は修復手術を検討しましょう。

自分の選択ミスによる失敗ならまだしも、医師の技術不足による失敗だった場合、同じクリニックに再度手術を依頼するのはちょっと怖いですよね。そんな時は、修復・再建手術が得意な医師のいるクリニックを訪れてみましょう。ごく簡単な対応で終了してしまう激安クリニックと異なり、丁寧なカウンセリング、施術、アフターフォローが受けられるのでオススメです。

全国の二重埋没法名医リストを見る