かゆみ

埋没法を行った後にかゆみが出てしまうケースがあるようです。そもそも何故かゆくなるのでしょうか?かゆみの原因や対処法について紹介します。

埋没法後にかゆみが生じた人の体験談

かゆくなる原因

埋没法は気軽に二重が作れる方法として人気の整形手術です。しかし埋没法を行った直後に強いかゆみや腫れなどの症状を引き起こす人がいます。この主な原因はアレルギーでしょう。埋没法に使用される糸は、医療用のため比較的安全性は高いです。ただ人体にとっては異物。そのため体質によってはアレルギー症状を呈してしまうことがあるでしょう。1週間以内に強い症状が現れた場合にはアレルギーを疑ってください。

一方、埋没法を行った直後には症状が現れずに、しばらく経過してから症状が起こるケースもあります。この場合にはアレルギーの可能性は低いでしょう。むしろ感染症を疑ってください。糸を固定する場合、小さな穴を開けます。その際に細菌が侵入し感染症を引き起こしてしまうでしょう。

対処法

まず、かゆみが起こっても目をこすらないようにしてください。埋没法は糸をまぶたの裏側に固定します。そのため目をこすってしまうと、糸が外れてしまう可能性があるでしょう。そうなれば二重になることはありません。

また、酷いかゆみがある場合には必ず医師に相談してください。アレルギーや感染症が原因の場合、早めに対処しなければ症状は重篤化してしまうでしょう。基本的に酷いかゆみがある場合には抜糸を行います。症状が落ち着いてくれば、また埋没法を行うことはできるため安心してくださいね。また状態によってはアレルギー症状を抑えるための薬や目薬などを処方されることもあるようです。

かゆみの症状に対して我慢は禁物。我慢せずに適切な処置を行いましょう。

サイトマップ