糸が目立つ・とれた

二重埋没法の術後の失敗例でよくある、糸が出るトラブルについて原因や回避方法をまとめました。実際に失敗してしまった方の体験談もご紹介します。

埋没法後に
まぶたに糸が出るケース

二重埋没法の失敗でよくあるのが糸のトラブル。埋没法は糸で皮膚を止めて二重を作る手術ですが、糸の結び目が目立って手術がばれる、糸がすぐに取れてしまったというトラブルを見かけます。

埋没法で使っている糸はナイロン製の糸であり、肌に吸収されて徐々に目立たなくなる…ということはありません。もし手術の糸が明らかに見えているならば、明らかに施術ミスが原因です。糸が取れてしまう場合は、医療ミスも考えられますが、患部を触りすぎた結果取れてしまう、というパターンもあります。

糸に関するトラブルは、しばらく待てばなんとかなるものではありません。ほどけた糸が目の角膜を傷つけてしまう恐れもあるため、自己判断はせずできるだけ早く受診してください。

糸が目立つ、とれてしまう原因と対策法

埋没法の糸が目立ってしまうのは、医師が未熟だったという可能性が高いそうです。新人の医師に多いトラブルだとも言われているので、新人の多いクリニックは避け、実績豊富な医師が居るクリニックを選ぶようにしましょう。

また、糸がまぶたの裏側から出てくるケースも。こちらは、糸がまぶたの皮膚内に埋没しきれておらず、皮膚を巻きこんでしまっていることが原因です。これも原因は医師の技術不足。一度抜糸し、再度手術が必要になります。

糸が取れてしまう場合の原因としては、医師側のミスとして「糸の結び方を間違えた」「一重に戻りやすいまぶたなのに留める点数が少なかった」などが考えられます。ほかにも、糸の品質が悪く強度が弱い、ムラが出る、糸が切れる…なんてケースもあるみたいですよ。

術後に激しく擦ってしまうと糸がほどけたり、別の組織に引っかかってトラブルになったり…といった恐れもあるので、自分の行動にも注意しましょう。

二重埋没法の失敗談!
【糸が目立つ・とれる編】

埋没法で糸が出てきたら
どうすればいい?

糸の状態がおかしいまま放置してしまうと、施術箇所が固くしこりのようになってしまったり、細菌に感染して腫れや可能に繋がったりします。違和感に気付いたらすぐに抜糸をしてもらいましょう

埋没法自体は成功し、まぶたの皮膚に多少の凹凸感がある程度では、さほど気にしないクリニックも多いです。手術法によっては糸の結び目が皮膚にほとんど響かないようにもできるので、気になるようなら別の手術法を検討してみるのもアリだと思います。

何度も糸が取れてしまう場合は、そもそもまぶたが分厚く、埋没法が向いていない可能性があります。同じ病院で施術をなんども繰り返していても結果は同じですから、経験豊富な医師によるカウンセリングをきちんと受け、切開法と埋没法、どちらにすべきかをきちんと判断してもらいましょう。

全国の二重埋没法名医リストを見る