左右で目の大きさが違う

二重埋没法の手術後に二重が取れてしまう失敗はなぜ起こる?失敗する原因やトラブルを避ける方法についてまとめました。

埋没法後に左右の
目の大きさが異なるケース

二重埋没法の失敗談を見ると、「術後すぐに二重が取れてしまった」という例を見かけます。埋没法は、まぶたの厚みや二重の幅などによって二重の継続期間は異なりますが、すぐに二重が取れてしまうのは明らかに施術ミスです。

術後2ヶ月以内に二重が取れてしまう、幅が狭くなってしまう、日によって二重ができなくなるなどの場合は糸の結び方に問題がある可能性があります。

考えられるのは、一重に戻りやすいまぶたの人に1点どめなどの埋没法をしてしまうこと。新人医師など、経験の少ない医師が糸の結び方を誤ってしまい、糸が切れたり、外れたりしてしまうことなど挙げられます。また、安い糸の場合は強度が若干低く、ムラが出たり、糸が切れたりしてしまうリスクも発生します。

目の左右差が起こる原因と対策法

左右で目の大きさが違う原因は、完全に医師のカウンセリング・技術不足。事前にまぶたの状態や左右の目の形をしっかり確認せずに施術した場合、左右差が出やすくなります。

失敗を防ぐためには、まず事前にカウンセリングの時間をたっぷりと確保してくれるクリニックを選ぶこと。そして、二重埋没法の症例が豊富な医師を選ぶことです。

元々左右差が大きいタイプの方は特に、どのような仕上がりになるのかシミュレーションや図解できちんと説明してもらいましょう。また、もし左右差が出てしまったときの修正手術などについても事前にクリニックに確認をとっておくと良いでしょう。

二重埋没法の失敗談!
【左右で目の大きさが違う編】

埋没法で目の左右差が
できたらどうすればいい?

手術後はほとんどの場合まぶたが腫れます。腫れには左右で差が出るため、術後すぐ~完全に腫れが引く1ヶ月までの間は、多少左右差が出るのは仕方のないことです。この期間に左右差の相談に行っても、ほとんどの病院で「様子見」を指示されるでしょう。

腫れが完全に落ち着いた1ヵ月後でもまだ左右差がある場合は、病院に相談に行きましょう。二重の幅を調整しなおすケースはもちろん、二重にする方法を変更するケース、まぶたを持ち上げる筋膜を縮めるケースなどの治療パターンも考えられますので、なるべく二重整形の技術に長けているクリニックを選ぶことで、左右差を解消できます。

全国の二重埋没法名医リストを見る