左右で目の大きさが違う

二重埋没法の手術後に二重がとれてしまう失敗はなぜ起こる?失敗する原因やトラブルを避ける方法についてまとめました。

埋没法後に左右の
目の大きさが異なるケース

埋没法の失敗例:左右で目の大きさが異なる

二重埋没法の失敗談を見ると、「術後すぐに二重がとれてしまった」という例を見かけます。埋没法は、まぶたの厚みや二重の幅などによって二重の継続期間は異なりますが、すぐに二重がとれてしまうのは明らかに施術ミスです。

術後2ヶ月以内に二重がとれてしまう、幅が狭くなってしまう、日によって二重ができなくなるなどの場合は糸の結び方に問題がある可能性があります。

考えられるのは、一重に戻りやすいまぶたの人に1点どめなどの埋没法をしてしまうこと。新人医師など、経験の少ない医師が糸の結び方を誤ってしまい、糸が切れたり、外れたりしてしまうことなどが挙げられます。また、安い糸の場合は強度が若干低く、ムラが出たり、糸が切れたりしてしまうリスクも発生します。

1.埋没法の手術直後に左右差がある

埋没法の失敗症例写真:手術直後に左右で目の大きさが異なる

二重の左右差が出る原因のひとつは、施術後のまぶたの腫れ。埋没法は腫れが少ないだけでまったく腫れないわけではありません。

特に二重のラインの幅を広くとった場合、二重のラインとまつげのはえぎわラインの間に腫れが強く出やすく、まぶたの皮膚が盛り上がって幅がさらに広く見えてしまいます。

施術から1ヶ月の間は腫れが続きますので、本来の二重ラインが出ていない可能性が高くなります。時間とともにまぶたが落ち着き、二重のラインが目になじんできますので、それでも差が大きすぎると感じる場合は再診が必要となります。

埋没法の直後に左右差がでる原因

施術後すぐに左右差が出ている場合は、まぶたの腫れが強く出ている可能性があります。特に二重の幅が広い人は腫れが非常に強く出てしまう傾向があり、人によっては目が開きづらくなるほど腫れることもあります。

また、腫れ方には個人差があり、右と左で異なる出方をする場合も。二重のラインは目を開いた状態で左右が同じ幅になるよう計算されて施術を行うため、失敗かどうかは腫れがひいた上で判断する必要があります。

埋没法の直後に左右差がでたらどうしたらいい?

術後すぐから術後1ヶ月の期間は、誰でもまぶたの腫れが起こります。この時期に腫れの左右差が出てしまうのはしかたのないことだ、と思ってしばらく様子を見ることをおすすめします。

まぶたの腫れがひかないことには、失敗かどうか判断がつかないため、おそらくクリニックに相談しても同じことを言われることが多いと思います。

1ヶ月以上たっても変化がない場合は、抜糸・修正手術も視野に入れて医師に相談してみましょう。

2.埋没法の糸がとれて左右バラバラに

埋没法の失敗症例写真:埋没法の糸がとれて左右の目の大きさが異なる

埋没術後すぐに左右の大きさのバラつきが出てしまった場合は、施術で固定したはずの糸がとれてしまったことが考えられます。

腫れが原因の場合、朝はまぶたがむくんで二重の幅が広く、夜には狭くなる、といったように時間帯や日によって変動しますが、日時関係なく左右の大きさがバラついているようなら、糸がとれてしまったか、糸を留めた場所がズレているかもしれません。

その場合は、施術を受けたクリニックで状態をチェックしてもらう必要があります。

埋没法の糸がとれて左右バラバラになる原因

施術後すぐに左右の大きさがバラついてしまうのは、担当医師の施術ミスまたは技術力不足によって起きていると考えられます。

埋没法では医療用の糸を使って二重ライン上の数カ所に結び目を作りますが、経験の浅い新人医師が施術を行うと、糸がしっかり固定されずにほどけてしまったり、糸に不自然な力がかかって切れてしまうことで二重のラインが消えてしまうことも。

そのため、左右の目がアンバランスに見えてしまうのです。

埋没法の糸がとれて左右差がでたらどうすればいい?

施術後すぐに左右のバラつきが出た場合は、まず施術を受けたクリニックに相談して原因を調べてもらいましょう。糸がとれて二重が消えてしまった場合は、抜糸をして修正手術をするしかありません。

ただ、施術後1ヶ月はまぶたの腫れが残っていますので、まぶたが落ち着くのを待ってから施術するほうが体に負担がかかりません。それまで待てないようなら、抜糸後に腫れがひいたところで糸をかけ直すのがよいでしょう。

埋没法の失敗例と対処法を
他にも見てみる

ビューティー編集部より
埋没法で目の左右差がある人へ

埋没法を受ける人にとって、他人にバレるのは何より嫌なこと。左右の目の大きさが違うなんて不自然な状態は、本当にストレスだと思います。すぐになおして自然な目にしたい!と焦る気持ちはよくわかりますが、施術後1ヶ月は腫れが残って不安定な状態。しばらくするとバラつきが解消されるケースもありますので、1ヶ月はできるだけ様子を見ることをおすすめします。

1ヶ月たってからも左右で目の大きさが違う原因は、完全に医師のカウンセリング・技術不足。事前にまぶたの状態や左右の目の形をしっかり確認せずに施術した場合、左右差が出やすくなります。

修正手術での失敗を防ぐためには、まず事前にカウンセリングの時間をたっぷりと確保してくれるクリニックを選ぶこと。そして、二重埋没法の症例が豊富な医師を選ぶことです。

元々左右差が大きいタイプの方は特に、どのような仕上がりになるのかシミュレーションや図解できちんと説明してもらいましょう。また、もし左右差が出てしまったときの修正手術などについても事前にクリニックに確認をとっておくと良いでしょう。

サイトマップ