結び目が目立つ

埋没法後に結び目が
目立つケース

埋没法の失敗例:結び目がボコボコ・ポツポツする

埋没法は医療用の糸を使って、まぶたと目を開ける時に使う筋肉を留めることで二重を作る施術法です。二重ライン上の数カ所を糸で固定する際に、糸の結び目をまぶたの皮膚の中に埋め込みます。

結び目といっても極細の糸を使っていますから、通常はまぶたの表面から見えることはありません。ところが、まれに結び目がまぶたの表面に浮き出して、ポコっとしたふくらみのように見えることがあります。

結び目が皮膚の浅い場所だったことなどが考えられますが、術後3ヶ月たっても解消されない場合は糸のかけ直しが必要になります。

埋没法の結び目が
ボコボコ・ポツポツする

埋没法の施術後にまぶたの表面がところどころ盛り上がってボコボコしていたり、1カ所、2カ所だけが不自然にポツッと飛び出ている症状が出た場合は、施術で皮膚の中に埋め込んだ糸の結び目が目立っていることが考えられます。

たとえば3点留めの場合は留めた3カ所全てがポコポコすることもあれば、1カ所だけ目立つこともあります。両目に現れることもあれば、片目だけに集中するなど、人によって症状は異なります。

埋没法の結び目がボコボコ・ポツポツする原因

結び目がボコボコ・ポツポツと表面に現れてしまう症状は、糸を皮膚の浅い場所で留めたことで起こります。

皮膚の適切な深さで留めた糸の結び目は表面には現れないため、医師の施術によって浅いところに埋められたため表面に見えていると考えられます。

ただし、ボコボコ・ポツポツがうっすらわかる程度ではなく、にきびのようにボコっと飛び出しているものは要注意。施術によって何らかの感染症が起き、皮膚が炎症を起こしている可能性があります。

ボコボコ・ポツポツしていたらどうしたらいい?

浅い場所に留めた結び目は、手術直後だとボコボコして目立つかもしれませんが、時間とともに皮膚の深い層へ落ちていくことが多いです。施術後1ヶ月はまぶたの腫れが出たりひいたり不安定な状態が続きますので、しばらくは様子を見てみましょう。

3ヶ月たっても目立つ場合は解消されない可能性が高いので、医師に相談して抜糸したほうがよさそうです。チクチクするような痛みがある場合は、糸が切れている危険がありますのですぐにクリニックで受診を。

抜糸したのに、ぼこぼこする場合

抜糸を行ったあとでも、ボコボコした感じが残ってしまうケースがあります。この症状が起こる原因は、主に2つです。

抜糸が不完全

まず考えられるのが、抜糸が完全に出来ていないケース。抜糸は簡単な手術というイメージを持っている方が多いですが、実は非常に難しい施術と言われています。糸が皮膚に癒着したり、組織に埋め込まれていると、完全に取り切ることが難しいもの。そのため完璧に取り切れずまぶたに糸が残ってしまうことも。そうなれば、抜糸したとしてもボコボコする感じが継続します。完全に抜糸出来たかどうかを判断するためにも、抜糸後の糸を見せてもらってください。糸を見せてくれるクリニックであれば、安心できるでしょう。

しこりが残っている

つぎに完全に抜糸が出来てもボコボコした感じが残ってしまうケースです。その場合ボコボコの正体は、しこりだと考えられます。埋没法を行ったあと、すぐに抜糸を行えば、しこりは残りにくいです。しかし、時間が経った後で抜糸した場合に、しこりが出来てしまう可能性があります。しこりが残れば、ボコボコした感じがするでしょう。

しこりが残ってしまっても、基本的には1年程度で症状は落ち着いていきます。しかし1年以上経っても変わらない場合には、それ以降症状はほとんど変化しないでしょう。そのため、しこりを取るために注射による治療や手術などを行います。

まずはクリニックでボコボコする原因を確認してもらってください。その後、原因に応じた適切な治療を行いましょう。

瞼板法と挙筋法の違い

埋没法には瞼板法と挙筋法があり、それぞれの施術法でメリット・デメリットがあります。

瞼板法とは

まぶたの裏側には瞼板と呼ばれる組織があります。この組織とまぶたの皮膚を糸で固定する方法が瞼板法です。

瞼板法のメリット

この方法は術後の腫れが少ないといった特徴があります。また時間が経っても二重ラインが変化しにくい、表面に結び目が目立ちにくい点がメリットです。そのため、ボコボコのリスクが低いといえます。

瞼板法のデメリット

まぶたの裏側に糸の端が残ってしまう可能性があります。その結果、結び目や糸によって眼球を傷つけるなどのリスクが高くなるでしょう。

しかし技術の発展によって、まぶたから糸を露出させない方法も開発されています。そのため、どのような瞼板法なのかクリニックで確認してくださいね。

挙筋法とは

挙筋は、瞼板を持ち上げるための筋肉です。挙筋法は、この筋肉とまぶたの皮膚を糸で結ぶ施術法となります。

挙筋法のメリット

挙筋法は糸が眼球に触れる心配はありません。そのため安全性の高い埋没法と言えるでしょう。また比較的、挙筋法の方がパッチリした印象になりやすい特徴があります。結び目がまぶたの表面に作られるため、抜糸がしやすいと言った点もメリットです。つまり修正が行いやすい施術法と言えます。

挙筋法のデメリット

腫れが強くなりやすい点や元にもどりやすい点がデメリットです。また手術の難易度が高いといった特徴もあります。結び目がまぶたの表面に作られるため、瞼板法と比べるとボコボコしやすいといえるでしょう。

瞼板法と挙筋法の違いを知って、自分にあった埋没法を行いましょう

瞼板法と挙筋法では、それぞれにメリット・デメリットがあります。そのため担当医とカウンセリングを行い、自分に最適な施術法を選択しましょう。デメリットを把握した上で、手術に望むようにしてくださいね。

埋没法の失敗例と対処法を
他にも見てみる

ビューティー編集部より
埋没法の結び目が目立つ人へ

まぶたは皮膚が薄い場所ですので、ボコボコ・ポツポツして非常に目立ってしまうと他人に見られるんじゃないかとヒヤヒヤしますよね。

ただ、施術後1ヶ月はまぶたが二重の状態になじもうと懸命にがんばっている時期。焦って抜糸したり、気にするあまりにまぶたをいじってしまうと、かえって状態を悪化させる可能性も。痛みがないようなら、1ヶ月ほど様子を見てみましょう。

他の失敗事例を見てみる

サイトマップ