結び目が目立つ

埋没法後に結び目が
目立つケース

埋没法の失敗例:結び目がボコボコ・ポツポツする

埋没法は医療用の糸を使って、まぶたと目を開ける時に使う筋肉を留めることで二重を作る施術法です。二重ライン上の数カ所を糸で固定する際に、糸の結び目をまぶたの皮膚の中に埋め込みます。

結び目といっても極細の糸を使っていますから、通常はまぶたの表面から見えることはありません。ところが、まれに結び目がまぶたの表面に浮き出して、ポコっとしたふくらみのように見えることがあります。

結び目が皮膚の浅い場所だったことなどが考えられますが、術後3ヶ月たっても解消されない場合は糸のかけ直しが必要になります。

埋没法の結び目が
ボコボコ・ポツポツする

埋没法の施術後にまぶたの表面がところどころ盛り上がってボコボコしていたり、1カ所、2カ所だけが不自然にポツッと飛び出ている症状が出た場合は、施術で皮膚の中に埋め込んだ糸の結び目が目立っていることが考えられます。

たとえば3点留めの場合は留めた3カ所全てがポコポコすることもあれば、1カ所だけ目立つこともあります。両目に現れることもあれば、片目だけに集中するなど、人によって症状は異なります。

埋没法の結び目がボコボコ・ポツポツする原因

結び目がボコボコ・ポツポツと表面に現れてしまう症状は、糸を皮膚の浅い場所で留めたことで起こります。

皮膚の適切な深さで留めた糸の結び目は表面には現れないため、医師の施術が浅すぎたため表面に見えていると考えられます。

ボコボコ・ポツポツがうっすらわかる程度ではなく、にきびのようにボコっと飛び出しているものは、施術によって何らかの感染症が起き、皮膚が炎症を起こしている可能性があります。

ボコボコ・ポツポツしていたらどうしたらいい?

浅い場所に留めた結び目は直後はボコボコして目立つかもしれませんが、時間とともに皮膚の深い層へ落ちていくことが多いです。施術後1ヶ月はまぶたの腫れが出たりひいたり不安定な状態が続きますので、しばらくは様子を見てみましょう。

3ヶ月たっても目立つ場合は解消されない可能性が高いので、医師に相談して抜糸したほうがよさそうです。チクチクするような痛みがある場合は、糸が切れている危険がありますのですぐにクリニックで受診を。

埋没法の失敗例と対処法を
他にも見てみる

ビューティー編集部より
埋没法の結び目が目立つ人へ

まぶたは皮膚が薄い場所ですので、ボコボコ・ポツポツして非常に目立ってしまうと他人に見られるんじゃないかとヒヤヒヤしますよね。

ただ、施術後1ヶ月はまぶたが二重の状態になじもうと懸命にがんばっている時期。焦って抜糸したり、気にするあまりにまぶたをいじってしまうと、かえって状態を悪化させる可能性も。痛みがないようなら、1ヶ月ほど様子を見てみましょう。

サイトマップ