内出血がある

二重埋没法でよくある内出血は、一体なぜ起こってしまうのでしょうか?失敗の主な原因や、トラブル回避法について詳しくまとめています。

埋没法後に
内出血が起こるケース

埋没法のトラブルで多いのが内出血。腫れや内出血の程度は個人差がありますが、ひどい場合は2週間くらい内出血が続く人もいます。

内出血は、血管をきちんとよけずに針を差してしまうことが原因です。埋没法は美容整形手術の中では手軽・簡単な部類に入りますから、大手のクリニックでは経験の浅い医師が施術を行うことが多々あり、このようなミスが起こりやすいようです。また、安い針や糸は組織を傷つけやすく、内出血のリスクが高まるとも言われています。

内出血している範囲が広がれば広がるほど、治るには時間がかかります。早く治すためには、皮膚の内側で傷ついた血管を早く修復し、早く細胞を回復させてあげましょう。

内出血が起こる原因と対策法

内出血は、麻酔のかけ方や糸の通し方、糸の通過位置、糸の締め具合など、さまざまな要因が影響してきます。経験豊富な医師を選ぶことはもちろん、糸の調整をしっかり行い丁寧に施術してもらえるクリニックを選ぶことが大前提です。

しかし、施術後は程度の差はあれ、どんなに上手な医師でも必ず内出血は起こるものです。そのため、術後のケアを怠らないようにしましょう。

効果的な対処法は「患部を冷やすこと」。内出血した場所は、出血を止めようと体がたくさんの血液を送り込みます。しかし穴が空いているところに沢山血液を送ると漏れる量も増えるため、内出血は広がってしまいます。

血液量を減らすためには、患部を冷やして血流を遅くするのが効果的!一日数回冷やして、内出血の範囲を最小限に抑えましょう。3日ほど続ければ、患部の出血は止まります。

二重埋没法の失敗談!
【内出血編】

埋没法で内出血をしたら
どうすればいい?

しっかり冷やしたのに内出血が出来てしまった…そういった場合、温めるのが有効です。内出血部分に温めたタオルをあてると今度は血行がよくなり、細胞の回復ペースが早まります。その結果、内出血の腫れが早く引くようになります。

術後3日間は血流を良くするような行動は慎むべきですが、逆にそれ以降はどんどん血液をまぶたに送ってあげるべきなのです。

きれいに消えるまでは、約2週間と言われています。その期間のケアが大切とはいえ、過度にケアをしすぎたり、いじり過ぎたりするとさらに腫れる可能性があるので、腫れや内出血が落ち着くまではアイメイクは極力せず、目をリラックスさせるよう心掛けましょう。

あまりに内出血が長引く、範囲が広すぎる場合は、挿入した糸が内出血部分を刺激し続けている場合もあります。施術を受けたクリニックでも良いですが、経験豊富な医師にセカンドオピニオンを求めることで、きちんとした原因が発覚する場合もあります。

全国の二重埋没法名医リストを見る