目が閉じられない

埋没法手術を受け、目が閉じられなくなるトラブルはどうして起こる?どんな影響が出てくる?治すことはできるの?など、万が一トラブルになった場合に知っておきたい情報をまとめています。

埋没法で
目が閉じられないケース

埋没法の失敗例:目が閉じられない

目が閉じられなくなるトラブルは、二重形成術の中でも切開法に多いとされています。まぶたの皮膚を切り取りすぎてしまうと、きちんと閉じられなくなってしまい、余分な皮膚も余っていないため修正手術は困難を極めます。

埋没法はまぶたの皮膚と挙筋(もしくは瞼板)という眼の組織を糸で結びます。眼を閉じると眼の組織も下がるため、目が完全に閉じられなくなる…ということはほぼ起こりません。

ですが、糸を留める場所がズレたり、糸に余裕がなく短くなってしまうと、埋没法でも目が閉じられなくなることがあるようです。

目が完全に閉じられない状態が続くとドライアイになり、目の違和感・不快感に繋がります。集中力低下、ものをやけに眩しく感じる、肩こりや頭痛などの影響も出てくるので、目が閉じない状態に気がついたら一刻も早く修正をしましょう。

埋没法後に目が閉じられない原因

まずは、上でもご紹介した医療ミスが原因となる場合。もう一つ、もともとまぶたが完全に閉じられない「兎眼(とがん)」などの症状を持っている方が埋没法などを受け、悪化する場合も考えられます。

これを防ぐためには、二重形成の知識はもちろんですが、眼科全般の知識に詳しい医師がきちんと診察をし、二重埋没法を受けても平気なのか確認することが大切。手術も高い技術を持つ医師に依頼すべきです。

普段からドライアイを感じている方は、目を閉じた状態で写真を撮り、まずは平常時にきちんと目が閉じられているかを確認してから、埋没法の相談に行きましょう。

埋没法で目が閉じられなくなってしまったらどうすればいい?

手術してからまだ時間が経っていない頃は、まぶたの腫れが原因で目を完全に閉じられないことがあります。腫れが落ち着けば徐々にまぶたはきちんと閉じるようになるでしょう。腫れがある時期にドライアイが気になるようなら、アフターフォローの窓口等に相談すればドライアイ用の目薬などを処方してもらえるでしょう。

1ヶ月過ぎてもまぶたが完全に閉じられない場合は、体に悪影響が出てくる前に埋没法を中止したほうが良いでしょう。沢山の二重手術を経験している名医ならば、通常の埋没法ではうまくいかない目元でも二重を実現する技術を持っているかもしれません。

糸を留める数もポイント

埋没法には1点留めから4点留めまで、様々な施術方法があります。施術方法によって目が閉じなくなるリスクが異なるため、施術法ごとの違いを紹介します。

目が閉じなくなるリスクが低いのは1点留め

自然な二重を作りたい人やまぶたの脂肪が少ない人は、1点留めでも十分理想の二重を作れます。1点のみで支えているため、まぶたが元に戻ろうとする圧力が低い施術なのです。そのため、固く糸をしばる必要がなく、目が閉じないといった状態が起こりにくいといわれています。また、糸を留める箇所のズレが起こりにくく、「希望と違っていた」といったトラブルも発生しにくいでしょう。

ただし、これはあくまでも糸がちょうどいい固さで結ばれることが前提となります。

留める数が多いほどリスクが高まる

幅の広い二重や平行二重を作りたい人、まぶたの脂肪が厚い人は、通常よりも強固に安定したラインを作る必要があります。まぶたが元に戻ろうとする圧力が高い施術は、2~4点留めを行うのがベストです。

ただ、糸を留める箇所が増えるほど、糸を留める箇所や強弱の調整が難しくなります。緩めすぎると二重のラインが入らなくなり、固すぎると目が閉じなくなったり、まぶたに食い込んだりしてしまうことも。1箇所でもミスがあるとトラブルが発生するので、より経験値と技術の高い医師のもとで施術を受けましょう。

埋没法後に目が閉じられなくなった人の体験談

術後すぐにツッパリ感がありました

埋没法の2点留めを受けた後、右目だけツッパリ感があり、きちんと閉じなくなりました。左目は問題なかったのでおかしいと思い、すぐに受診して原因を特定してもらいました。糸をきつく留め過ぎたのが原因らしく、無償でやり直してもらいましたが、また同じ症状が出ないかと心配です。

医師の提案を聞いておけばと後悔しています

幅の広い二重が作りたくてクリニックを受診したところ、私のまぶたでは脂肪が厚く実現が難しいと言われました。結局4点留めで二重を作りましたが、目が閉じられずドライアイに悩まされています。「あの時医師の言うことをきいておけば」と後悔していますし、お金が貯まったら切開法を受けようと思っています。

保証内でやり直してもらえた

普段からドライアイが酷かったですが、埋没法を受けてから悪化しました。友人からはちゃんと目を閉じているように見えていたようですが、私自身は完全に閉じていないように感じました。実際にクリニックで受診したところ、早急に対処した方が良いと言われ、保証内でやり直してもらえました。

埋没法の失敗例と対処法を
他にも見てみる

ビューティー編集部より
埋没法で目が閉じられない人へ

兎眼の人ではなく、もともとは普通に目を閉じることができていたのに、埋没法の手術後に急に閉じられなくなると、とっても不安になりますよね。埋没法の失敗例の中でも、目が閉じられなくなるケースはごく稀と言えるでしょう。病院に行くまでの間も、ドライアイの対策を念入りにしてください。

他の失敗事例を見てみる

サイトマップ