目が閉じられない

埋没法手術を受け、目が閉じられなくなるトラブルはどうして起こる?どんな影響が出てくる?治すことはできるの?など、万が一トラブルになった場合に知っておきたい情報をまとめています。

埋没法で目が閉じられないケース

目が閉じられなくなるトラブルは、二重形成術の中でも切開法に多いとされています。まぶたの皮膚を切り取りすぎてしまうと、きちんと閉じられなくなってしまい、余分な皮膚も余っていないため再建手術は困難を極めます。

埋没法はまぶたの皮膚と挙筋(もしくは瞼板)という眼の組織を糸で結びます。眼を閉じると眼の組織も下がるため、目が完全に閉じられなくなる…ということはほぼ起こりません。

ですが、糸を留める場所がズレたり、糸に余裕がなく短くなってしまうと、埋没法でも目が閉じられなくなることがあるようです。

目が完全に閉じられない状態が続くとドライアイになり、目の違和感・不快感に繋がります。集中力低下、ものをやけに眩しく感じる、肩こりや頭痛などの影響も出てくるので、目が閉じない状態に気がついたら一刻も早く修正をしましょう。

目が閉じられない原因と対策法

まずは、上でもご紹介した医療ミスが原因となる場合。もう一つ、元々まぶたが完全に閉じられない「兎眼(とがん)」などの症状を持っている方が埋没法などを受け、悪化する場合も考えられます。

これを防ぐためには、二重形成の知識はもちろんですが、眼科全般の知識に詳しい医師がきちんと診察をし、二重埋没法を受けても平気なのか確認することが大切。手術も高い技術を持つ医師に依頼すべきです。

普段からドライアイを感じている方は、目を閉じた状態で写真を撮り、まずは平常時にきちんと目が閉じられているかを確認してから、埋没法の相談に行きましょう。

二重埋没法の失敗談!
【目が閉じられない編】

埋没法で目が閉じられなくなってしまったら
どうすればいい?

手術してからまだ時間が経っていない頃は、まぶたの腫れが原因で目を完全に閉じられないことがあります。腫れが落ち着けば徐々にまぶたはきちんと閉じるようになるでしょう。腫れがある時期にドライアイが気になるようなら、アフターフォローの窓口等に相談すればドライ愛用の目薬などを処方してもらえるでしょう。

1ヶ月過ぎてもまぶたが完全に閉じられない場合は、体に悪影響が出てくる前に埋没法を中止したほうが良いでしょう。沢山の二重手術を経験している名医ならば、通常の埋没法ではうまくいかない目元でも二重を実現する技術を持っているかもしれません。予約が殺到する人気医院も多いですが、相談してみてください。

全国の二重埋没法名医リストを見る