埋没法を失敗されたらどうする?

埋没法を行った後で、失敗だと感じる人も多くいます。もちろん医師も人間です。完璧な手術を毎回行えるとは言い切れません。しかし、できる限り失敗されたくはないですよね。そんなリスクを減らすための対策について紹介します。

埋没法を失敗された体験談

失敗のリスクをへらすために見ておくポイント

どんな手術をするときもリスクへの対策は大切です。リスクへの対策が不十分だと、せっかく埋没法を行っても失敗してしまうかもしれません。そうならないためにポイントを押さえて、施術するクリニックを選んでくださいね。

保証制度があるか

どんな対策をとったとしても、リスクゼロにすることはできません。そのため万が一のことを考えて保証制度があるクリニックを選びましょう。ただ保証制度があると謳っていても、保証に制限があり、いざと言うときに保証されなかったという声もあります。どのような補償内容になっているかもチェックしてくださいね。

たとえば再手術が必要になった場合に負担金があるのかどうか、別途に費用がかからないかどうかなどチェックしましょう。

料金は安すぎないか

料金が安すぎる場合には注意が必要です。整形手術を行う際、様々な器具を用います。感染対策をしっかりとっていれば、使いまわしなどの行為は行いません。しかし費用削減のために器具の使いまわしなどするような悪質なクリニックもあるようです。そうなれば感染へのリスクが高くなってしまうでしょう。

また料金が低ければ、アフターサポートの体制も不十分なケースが多いです。そうなれば、術後のケアも不十分になってしまうでしょう。料金が適正かどうか、明朗会計かどうかなどチェックしてください。

どんな手術方法にするか

埋没法と言っても、デザインや留め方など様々なことを考える必要があります。基本的に医師だけで決めるのではなく、要望などを聞きながら決定してくれるでしょう。カウンセリングをしっかり行えば、手術の内容やリスクなども説明してくれるはず。そのようなカウンセリングがなければ、どんな手術をされるのかもわからず失敗もしやすくなります。リスクを下げるためにも手術方法など、きちんと確かめるようにしてください。

失敗に向き合わない医師もいる

残念ながら、すべての医師が良い人間ではありません。「悪徳」と呼ばれるような医師やクリニックは沢山あるのが現状です。中には詐欺まがいな行為をしているクリニックもあると言われています。

そういったクリニックや医師なら、失敗したとしても丁寧に対処してはくれないでしょう。明らかにクリニックや医師の原因によるものだとしても、対処を行ってくれません。その場合には費用は掛かりますが、その他のクリニックで診てもらってください。デザインだけであれば時間が経ったとしても問題はありませんが、炎症症状がある場合には時間が経つことで悪化する危険性が高いでしょう。失敗後も症状が悪化しないようなケアを心掛けてくださいね。

サイトマップ