埋没法で返金してもらえることはある?

埋没法で失敗された場合、返金されるのかどうか気になる人もいるはず。返金されるかどうかは、クリニックによって異なります。金銭トラブルを避けるためにも、返金対応のあるクリニックかどうかを調べておきましょう。

返金してもらえるかはクリニックによる

埋没法が失敗したからと言って、返金が絶対にされるとは言えません。それはクリニックによって保障内容が異なるからです。良心的なクリニックであれば、すぐに返金を行ってくれるところもあるようですが稀なパターン。クリニックによっては、再手術費用も請求するなんてケースもあります。

返金してもらえるかは医師による

失敗と自分が感じたとしても、医師から見ると失敗ではないと言われるかもしれません。特にデザインは主観的なもの。明らかな左右差がない限り、返金は難しいようです。

返金保証は受ける前にチェック

返金保証があるかどうかは、前もってクリニックに確認しましょう。前もって確認することによって、いざと言うときも慌てずに行動をとることが可能となります。もちろん失敗の原因によっては、返金保証があったとしても返金されないケースも。たとえば、激しく目をこすったり、あまりに小さな気になる点だった場合。つまり、確実にクリニック側の責任だ!と言える原因でないと、なかなか返金はしてもらえないのが現状です。

再手術を行っているかも要確認

返金だけでなく、再手術も対応可能か否か確認してください。デザインに納得できない、左右差があるなどの場合、デザイン変更が可能であれば、対応した医師にやってもらうほうがスムーズな対応になるでしょう。

他のクリニックでセカンドオピニオンを受ける

万が一、失敗と感じた場合にはセカンドオピニオンを受けることが大切。施術を行ったクリニックが失敗ではないと言い張る恐れがあるからです。基本的に施術した側は、失敗と認めたくありません。そのため上手い言葉で説得させられる可能性もあるでしょう。相手は医療の専門家。難しい医療用語を使われれば、そうなのかなって思っても当然です。

しかし、セカンドオピニオンを行えば、別の視点から専門家に診てもらうことができます。もちろんセカンドオピニオンをしたクリニックも失敗したと言わないケースもあるでしょう。しかし第三者的な医師に相談することで結果を受け止めやすくなりますよ。

セカンドオピニオンをしてくれたクリニックで修正を行うこともできるはず。一度失敗されたクリニックでの再手術が不安な方は、別のクリニックでの施術を依頼しましょう。

サインする前に同意書を確認

埋没法や切開法など手術をする際には、同意書に必ずサインします。同意書は治療内容や補償内容などに納得しましたという証明です。多くの人が気軽にサインしてしまいますが、この行為は大変危険です。

先ほど述べたように同意書には、様々な手術の情報が記載されています。丁寧に読むことで、手術におけるリスクの把握につながります。またアフターサポートの条件なども把握できるでしょう。

つまりサインをする前に、一通り内容を確認してください。もし不明な点があれば、必ず医師へ確認しましょう。そうすることですべてに納得して施術を受けられますよ。埋没法を行う前には、不安に感じることを解決してから施術に挑むことが大切です。もし一人で決められない場合には、第三者に相談するのも良いでしょう。

サイトマップ