埋没法に関するお役立ち情報

当サイトでは全国にいる二重埋没法の名医についての情報、埋没法の成功談や失敗談、クリニック選びで失敗しないための方法などを解説しています。ここでは、そもそも埋没法ってどんな手術?理想の二重って?など、埋没法に関係する色々な情報を集めてみました。

知っておくとスムーズ!
埋没法のいろは

埋没法に関する基本的なお話は、美容外科のカウンセリング等でも聞く事ができるでしょう。しかし、カウンセリング時間には限りがあるため、基本情報の解説だけで終わってしまっては勿体無いですよね。じっくりシミュレーションをしたり、まぶたの状態を診断してもらったり…と、時間を有意義に使うためにも、埋没法に関する知識は事前に自分で勉強しておくと、先生やカウンセラーとの会話もスムーズになりますよ。

そもそも埋没法って何?

まずは、そもそも埋没法ってどんな施術なの?という基本的なところから。プチ整形とも呼ばれ、ごく短時間で終わるため手軽・簡単というイメージが先行しがちですが、具体的にどんな方法で二重を作るのかを解説します。

そもそも埋没法って何?を読む

理想の二重のかたちとは

自然に二重になっている人でも、二重の幅や形は人それぞれ。埋没法では色々な二重を再現することができますが、どんな形が自然に見えて理想的なのでしょうか?整形バレバレの二重にならないためのポイントをお教えしましょう。

埋没法に役立つ二重理想幅を読む

他院修正の流れ

技術力・経験不足の医師が埋没法を行った場合、失敗される可能性もあるでしょう。そんな時には同じクリニックに行くか、より腕の良い医師の元で「他院修正」を受けるのが一般的。どのような施術をするのか、次こそ失敗しないためのクリニック選びのポイントをまとめました。

埋没法他院修正の流れを読む

ダウンタイムはどれくらい?

いくら手軽な手術とはいえ、まぶたの皮膚と筋肉に針を通し、糸を結んでいるのですから当然、腫れや赤みは出ます。これらが落ち着いてくるまでにかかる時間=ダウンタイムはどのぐらいなのか事前に知っておき、計画的な二重手術を受けましょう

埋没法のダウンタイムについて読む

埋没法が必要な症状

埋没法は美容目的である一方、逆さまつげや眼瞼下垂などを改善する医療行為としても使われています。埋没法や切開法など二重手術によって改善できる不快症状と、保険診療・自由診療での治療についてお話しています。

埋没法が必要な症状を読む