埋没法に関するお役立ち情報

こちらでは、埋没法の施術を受けようか迷っている人に向け、埋没法に関する情報をさまざまな観点からリサーチしたものをご紹介していきます。埋没法の理解を深めて、安心して施術を受けられるように役立ててください。

数字でみる二重整形と埋没法

二重整形に関するデータとして、日本人には一重まぶたの割合が多い理由と、日本人の天然二重の割合、日本が整形大国として有名な隣国、韓国を抜いた整形大国であること(世界の美容外科手術の件数ランキング)、日本国内で多い整形施術のランキングとその理由、二重整形の施術の中でも埋没法が多く選ばれていることと、埋没法が選択される理由をデータとして取り上げ、ご紹介していきます。
日本における二重整形の人気の理由が裏付けられると思いますので、参考になさってください。

アイプチをやめる勇気がない…

アイプチをずっと続けている人ほど、やめる勇気がなくなるものです。アイプチはすでに顔の一部になっているようなものですから、簡単にやめることが難しいのも事実でしょう。アイプチをし続けることで、いつかまぶたにクセがついて二重になれるかもしれないという期待をしている人も多いと聞きます。しかし、アイプチによるトラブルも少なくはなく、アイプチを続けたことでまぶたがたるんでしまったという人もいます。そこで、アイプチをやめるタイミング、やめた後に反応があるものなのか、をご紹介します。

アイプチ、何歳までやって大丈夫かな?

アイプチについて調べてみると、アイプチを何歳まで続けるかに悩んでいる人が多いことがわかりました。確かにアイプチは若い学生さんたちが使用している比率が多く、卒業後もそのまま続けるにしても、いったい何歳まで続けているのかはわからない状態です。迷っている人の話を聞くと、若いうちはいいけど、いい大人がアイプチを使っているのが恥ずかしい、アイプチを買いに行くのが恥ずかしい年齢になってきた、とのこと。そこで、ネット上の口コミからみるアイプチの平均年齢や、アイプチを卒業しているかどうかをご紹介しています。

全国調査!地域ごとにみる埋没法事情

日本を代表する美容スポット「東京」と「関西」のクリニックでは、埋没法にどのような違いがあるのでしょうか?埋没法を行っているクリニックだけを対象に、クリニック数やアクセス、クリニックの周辺情報や料金などの違いを調査してみたところ、どちらも負けず劣らずのメリットがあることがわかりました。東京と関西(大阪・兵庫・京都)の埋没法事情をまとめているので、エリアごとの埋没法の違いが気になる方は覗いてみてください。

二重がぜんぜん定着しない!なんで!

アイプチのやり方を真似しても二重ラインをつくれない人は、アイプチを塗る幅やまぶたの厚みに問題があるかもしれません。アイプチがうまくいかない人の口コミをもとに、アイプチで二重ラインが定着しやすい人と定着しない人の違いをわかりやすくまとめてみました。どちらに当てはまるか是非チェックしてみてください。定着しにくいポイントを1つずつ改善すれば、簡単に二重ラインがつくれるまぶたになるかもしれません!

サイトマップ