埋没法に関するお役立ち情報

こちらでは、埋没法の施術を受けようか迷っている人に向け、埋没法に関する情報をさまざまな観点からリサーチしたものをご紹介していきます。埋没法の理解を深めて、安心して施術を受けられるように役立ててください。

数字でみる二重整形と埋没法

二重整形に関するデータとして、日本人には一重まぶたの割合が多い理由と、日本人の天然二重の割合、日本が整形大国として有名な隣国、韓国を抜いた整形大国であること(世界の美容外科手術の件数ランキング)、日本国内で多い整形施術のランキングとその理由、二重整形の施術の中でも埋没法が多く選ばれていることと、埋没法が選択される理由をデータとして取り上げ、ご紹介していきます。
日本における二重整形の人気の理由が裏付けられると思いますので、参考になさってください。

アイプチをやめる勇気がない…

アイプチをずっと続けている人ほど、やめる勇気がなくなるものです。アイプチはすでに顔の一部になっているようなものですから、簡単にやめることが難しいのも事実でしょう。アイプチをし続けることで、いつかまぶたにクセがついて二重になれるかもしれないという期待をしている人も多いと聞きます。しかし、アイプチによるトラブルも少なくはなく、アイプチを続けたことでまぶたがたるんでしまったという人もいます。そこで、アイプチをやめるタイミング、やめた後に反応があるものなのか、をご紹介します。

アイプチ、何歳までやって大丈夫かな?

アイプチについて調べてみると、アイプチを何歳まで続けるかに悩んでいる人が多いことがわかりました。確かにアイプチは若い学生さんたちが使用している比率が多く、卒業後もそのまま続けるにしても、いったい何歳まで続けているのかはわからない状態です。迷っている人の話を聞くと、若いうちはいいけど、いい大人がアイプチを使っているのが恥ずかしい、アイプチを買いに行くのが恥ずかしい年齢になってきた、とのこと。そこで、ネット上の口コミからみるアイプチの平均年齢や、アイプチを卒業しているかどうかをご紹介しています。

全国調査!地域ごとにみる埋没法事情

日本を代表する美容スポット「東京」と「関西」のクリニックでは、埋没法にどのような違いがあるのでしょうか?埋没法を行っているクリニックだけを対象に、クリニック数やアクセス、クリニックの周辺情報や料金などの違いを調査してみたところ、どちらも負けず劣らずのメリットがあることがわかりました。東京と関西(大阪・兵庫・京都)の埋没法事情をまとめているので、エリアごとの埋没法の違いが気になる方は覗いてみてください。

二重がぜんぜん定着しない!なんで!

アイプチのやり方を真似しても二重ラインをつくれない人は、アイプチを塗る幅やまぶたの厚みに問題があるかもしれません。アイプチがうまくいかない人の口コミをもとに、アイプチで二重ラインが定着しやすい人と定着しない人の違いをわかりやすくまとめてみました。どちらに当てはまるか是非チェックしてみてください。定着しにくいポイントを1つずつ改善すれば、簡単に二重ラインがつくれるまぶたになるかもしれません!

埋没法、受けて良かった?

埋没法を受けた方のアンケートを元に仕上がりの満足度や術中、術後の痛みや気になる事についてまとめました。術後の腫れが気になったという声が多数。埋没法を受けようか悩んでいる方は是非、参考にしてください!

韓国で埋没法を受ける人続出!日本との違いは?

近年では、日本から韓国に行って埋没法を受ける人が増加中です。「なんでわざわざ韓国へ行くの?」と思う人もいるかもしれませんが、それにはいくつかの理由があります。人によっては、日本よりも韓国で施術を受けた方が、技術や料金の面でメリットを感じるかもしれません。韓国と日本の美容整形に対する考え方の違いや、韓国で埋没法を受けるメリット・デメリットを詳しく紹介します。美容大国・韓国の美容整形事情が気になる方は、一度チェックしてみてください。

二重整形が失敗する確率は?

二重整形は、施術内容によっては低価格で時間もあまりかかりません。気軽に受けやすい施術ということもあって、「機会があれば二重整形したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。このときに気にしておきたいのが、「二重整形が失敗する確率」です。実際に、二重整形の口コミを見ていると、施術を受けた人の失敗談を目にすることがあります。二重整形が失敗する確率について調査してまとめているので、二重整形で失敗したくない気持ちがある方は、ぜひ施術前に一度目を通してみてください。

埋没法はバレる?

埋没法はメスを使わずに短時間で行えるということもあって、手が出しやすい施術です。とはいえ、「埋没法には興味があるけれど、バレるのが心配...」と思って手が出ない人もいるはずです。施術ではまぶたが腫れたり二重の変化が大きく出たりすることがあるので、周囲の人に気づかれないようにするには対策を考えておく必要があります。ここでは、埋没法がバレる要因・バレないための対策について詳しく説明しています。埋没法がバレたくない人は、ぜひご参考にしてください。

まつ毛パーマをかけて違和感を感じたら

まつ毛パーマを検討し埋没法で二重まぶたになったときは、まぶたの重みによってまつ毛に下向きのクセがついてしまうときがあります。クセの対策としてまつ毛パーマをかける方法があるのですが、人によっては皮膚に違和感が出る場合も。まつげパーマに興味がある方は、違和感が出やすい原因を知っておいた方がよいでしょう。埋没法でまつ毛パーマをかけた時に出やすい違和感のほかに、実際にまつ毛パーマをかけた人の体験談も紹介しています。

埋没法の麻酔について解説

糸で留めて二重を作る埋没法。メスを使うわけではありませんが、手術には痛みが伴うので麻酔を使用することになります。麻酔と聞くとどうしても気になるのが痛み。麻酔に対して、不安や恐怖などの印象を持つ人は実際に少なくないはずです。そんな人のために、埋没法で用いられている麻酔の種類や痛みについて調査しました。埋没法の麻酔に関する口コミも掲載しているので、実際に麻酔を受けた人のリアルな意見が確認できます。

2回目の二重まぶた埋没法に関する3つのポイント

埋没法の施術を受けて「思っていた出来とは違う...」「もっと二重を広げたい!」と思ったときは、2回目の施術を検討するタイミングです。しかし、一度施術を受けたあとでは、初回時とは状況が変わってきます。費用の変化や肉体へのダメージなどを頭に入れておかなければいけません。2回目の埋没法を考えている人が知っておいた方がよいことを、3つのポイントにまとめて紹介します。はじめて埋没法を受けたときとは異なる点を、事前に把握しておきましょう。

社会人でもバレないアイプチテク教えて

アイプチは気軽に二重まぶたを形成できるので、利用している人も多いのではないのでしょうか。しかし、アイプチの出来が不自然だと、すぐに周囲にバレてしまいます。社会人として働く中でもアイプチがバレないようにするには、気づかれにくくするためのテクニックを身に付けることが不可欠です。ここでは、アイプチがバレる理由からバレにくいアイプチの方法までを詳しく紹介しています。アイプチ愛用者は、職場でもバレないようにするアイプチの習得を目指してみましょう。

埋没法の合併症の症状まとめ

埋没法は整形の中でもお手軽にできることもあって、受ける人が多い施術です。しかし、身近な施術といえども、安全が100%保証されている訳ではありません。施術中に内出血、細菌による感染などが起こる可能性があることは知っておくべきです。落ち着いて埋没法を受けるためにも、施術前には、合併症が起こるリスクについて調べておきましょう。埋没法でよくみられる合併症の症状や予防策について詳しく解説しています。

埋没法とマツエクの両方をしたい人向けに気になる情報を徹底調査!

ナチュラルな仕上がり感や毎日外す必要がないことで、多くの女子から人気を集めているマツエク(まつげエクステ)。目の大きさにこだわる人の中には、マクエツだけでなく埋没法も同時に行おうとする人がいます。このときによくある疑問が、「マツエクをしたまま埋没法の手術は受けられる?」「マツエクをしたら埋没法の糸が取れやすくの?」など。それらの疑問に対して、詳しく説明します。ほかにも、マクエツ後に感じる違和感の原因、体験談などの情報についてまとめました。

二重整形を受けた後で一重に戻せる?

二重整形の施術を受けたあとに、「やっぱり一重に戻したい」と考える人が一定数いるのはご存知でしょうか。二重から一重に戻したくなる理由は、自分の想像と違ってショックを受けたり、時間とともに価値観が変わったりするなどさまざまです。一重への戻しやすさは、二重にしたときの施術方法によって変わってきます。二重から一重に戻したい方と、これから二重にしたいけど戻せるか知りたい方向けに役立つ情報を紹介しています。

埋没法とレーシック、両方受けることはできる?

視力を回復するレーシック治療と二重手術の埋没法の両方を希望する人が増えているようです。この2つは「目の手術」とまとめてしまいがちですが、レーシックは角膜の手術で、埋没法は上まぶたの手術のため施す場所が異なります。

2つの手術を受けること自体に問題はなく、手術する順番などの決まりもありません。ただし、1つめの手術を受けたあとは、一定期間(最低でも1カ月)安静にする必要があります。過去にどちらかの手術を受けた経験のある人やこれから両方受けたい人は、医師に相談してみましょう。

美容整形に関する医療ローンを調査

美容整形の費用を支払う際には、現金払いやクレジットカード利用のほかに「医療ローン」を利用して支払うこともできます。医療ローンは脱毛や美容を目的とした施術料金の支払いも対象にしているため、二重埋没法の支払いについてもローンを申し込むことができます。

通常は、施術を受けるクリニックを通して申請します。まずはカウンセリングを受診して希望施術とローンを受けたい旨を相談。施術内容と料金に納得したら、申請手続きを行います。医療ローンは20歳以上で安定した職業に就いていることなどが、一般的な借り入れ条件です。

埋没法を受けたことで罪悪感を覚えている…

埋没法の施術を受けたあとは、長年のコンプレックスを解消できて喜びでいっぱい!という人が大多数である一方、罪悪感を覚えてしまう方もごく少数ですがいるようです。

その罪悪感の根本には、整形をしたことを誰にも話せなかったり、男性と真剣な付き合いを始めたものの、本当の自分の顔との格差に負い目を感じたりすることが多いようです。そんな心の悩みをまとめています。

一重や奥二重あるある

一重まぶたや奥二重の女性の中には、目元のコンプレックスを抱えている方もいます。そんな女性は、目をぱっちり見せるためのメイクアップの研究を重ねていたり、アイプチを利用して努力したりしている方も少なくありません。

こちらでは「アイラインをひく位置がわからない」「アイシャドウをきれいに入れる方法」「アイプチを毎朝するのが面倒!」など、一重まぶたの人ならついついうなずいてしまうようなあるある悩みをピックアップ。さらに少しでも悩みを解消できるようなアドバイスをしていきます。

みんなが埋没法を受けるタイミングって?

埋没法などの美容整形を受けるタイミングで多いのが「春先」です。卒業や進学、就職、転居など、周りの環境が大きく変わるこの時期は、新しく出会う人も多くいます。そんな環境に入る前に埋没法を行えば、二重施術したことをカミングアウトせず、自然に人の輪に溶け込むことができます。

また、紫外線量も夏に比べて低いために、術後のまぶたへのダメージも少ないのもポイント。こちらでは、みんなが埋没法を受けるタイミングについてまとめています。

サイトマップ