埋没法はバレる?

「埋没法できれいな二重を作りたいけど、周りの人にバレないかが心配」と思っている人もいるかもしれません。埋没法は仕事や学校も休まず手軽にできる二重整形ですが、実際にバレるのかはやはり気になるところでしょう。ここでは、埋没法がバレる要因や対策などを紹介しています。

埋没法がバレる要因

埋没法がバレる要因は、以下のとおりです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

まぶたの腫れ

まぶたの腫れはものもらいや何らかのケガでもしない限り、日常生活ではまず起こり得ません。そのため、急にまぶたが腫れた状態で人に会うと、「もしかして二重整形をした?」と気付かれてしまいやすいです。

特に埋没法の手術をした日や抜糸後は、まぶたの腫れが顕著に現れます。自然な状態に戻るまでには10日前後かかるため、その間どう過ごすかがカギになるでしょう。

明らかに以前とは異なる二重幅

希望するデザインが今までの二重幅と比べて随分広い場合も、周囲に埋没法を受けたことがバレやすいです。もともと二重の幅が広い人は少ないため、あまりに広い二重幅は「作った二重感」が出やすいでしょう。

特に一重まぶただった人が急に幅の広い二重になった場合、バレる確率はグッと上がります。

二重ラインの食い込み

まぶたの皮膚の厚さやアイプチの使い方にもよりますが、埋没法で作った二重はアイプチよりも濃くはっきりと見えるでしょう。皮膚同士を接着するアイプチは自然な二重に仕上がりますが、まぶたを糸で留める埋没法ははっきりと二重の折り込み線が確認できます。

挙筋法や3~4点留めでしっかりと留めた人は、1点留めや2点留めをした人よりも二重ラインの食い込みが強くなるため、周囲にバレやすいです。

不自然なデザイン

無理やりな二重幅やラインの歪みといった不自然なデザインだと、周囲へのバレやすさが格段に上がります。

埋没法は切開法とは違い、自然な二重を作る目的の術式です。そのため、あまりに広い二重幅や平行ラインなどは、無理やりな二重まぶたとなり違和感のある見た目になってしまいます。

バレないための対策

余裕をもったスケジュール

埋没法は、まぶたに穴を開ける術式です。いくら気軽に受けられると言えど、皮膚を傷付けることに変わりはなく、もちろん術後には腫れや赤みも発現します。

まぶたの腫れや赤みは埋没法がバレる大きな要因の1つですので、周囲にバレたくない人は腫れが治まるまで誰にも会わないよう、余裕を持ったスケジュールの組み立てを行いましょう。

留める点数を減らす

埋没法は、糸でまぶたを留める点数が多いほどバレやすいです。点数が多ければ、そのぶんまぶたへのダメージも大きくなります。周囲に埋没法がバレたくない人は、2点留めがおすすめです。

自然な二重幅にする

急に二重幅が大きくなれば、誰でも「埋没法を受けた」と感じるでしょう。「どうせ埋没法をするなら、はっきりとした二重にしたい!」と思うかもしれませんが、勢い余って大胆な二重幅にするとバレる確率が上がります。

逆に自然な二重であれば、「痩せたら二重がくっきりとした」などの理由付けも不自然ではありません。

技術のある医師を選ぶ

埋没法はその手軽さから、あらゆるクリニックで取り扱っています。ただ、相場よりも安く受けられるクリニックは、キャリアや実績の少ない医師が担当することが多いです。

より自然でバレないような埋没法を受けたい場合は、高い技術と知識を有した医師を選択する必要があります。

年を重ねると変かも

まぶたは年齢と共にたるみ、皮膚がどんどん被さってきます。実際に、加齢に伴い一重から二重になる人や、つり目からたれ目へと変わる人もいるくらいです。

二重整形後のまぶたもまた、加齢による変化は避けられません。特に埋没法は、細い糸でまぶたをいくつかの点で留めているだけなので、年を重ねるごとに二重の幅が狭くなったりラインが消失することがあります。

特に幅の広い二重や平行二重は、年を重ねるごとにデザインが崩れていきやすいです。二重整形をする場合は、「まぶたは変化する」ということを念頭に置いておかなければなりません。

サイトマップ