アイプチをやめる勇気がない…

お手軽メイク用品のアイプチは、いざ止めるとなるとなかなか勇気が出ないものです。ここでは勇気を出すために、止めるきっかけやアイプチなしで二重を作る方法などを紹介しています。

アイプチをやめる勇気を出すには!?

簡単に二重になるし、とやり続けて気が付いたら依存症に…。一度始めるとやめられないアイプチには、これ無しで外出できない!というファンも多いはず。手軽に可愛くなれるアイプチを止めるには、かなりの勇気が必要です。

アイプチをやめるきっかけ

人気が高いアイプチですが、肌トラブルがきっかけで、辞めるのを決意する人が多くいます。経験者によると、アレルギー体質の場合は肌が赤くなる、ただれるといった症状も。長年続けてまぶたがたるんだという声もあります。

学生時代はアイプチでしっかりメイクしていても、就職するとナチュラルメイクで目立つこともあってか、脱アイプチするようです。

アイプチなしでも可愛くなれる方法

魅力的な目元になれば、自信をもってアイプチを止められるはず。可愛い・キレイな目元を演出する方法をまとめています。アイプチの代わりにマッサージやプチ整形を試してみましょう。

マッサージをして自力で二重に

①伏し目がちになり、人差し指で目頭側のまぶたを引き上げる

②そのまま人差し指で眼球の上骨をなぞり、目尻へ動かす

③人指し指で目尻を押さえたまま目を開けると完成。5分そのままにする

1日1回、お風呂上りから寝る前までにマッサージすると、3日目から二重ラインがつきはじめます。

つけまつげ

つけまつげでも、二重ラインを作ることが可能です。つけまつげの位置をフチから2ミリ上にずらすだけで、まぶたを持ち上げてキレイな二重にしてくれます。

ただし、つけまつげは30代になると目元に違和感が出やすいので注意しましょう。

プチ整形してみる

どうしてもしっかりとした二重ラインを作りたいなら、プチ整形を試してみるのも一つの手。埋没法や切開法などの二重手術を受けて、自然な二重ラインにしましょう。

二重手術は大きく分けて埋没法と切開法がありますが、切開法は皮膚を切るので修正が難しい施術です。永久的な二重ができるぶん、リスクも大きくなります。皮膚を切らない埋没法なら、万が一失敗しても修正が可能。そのため、初めて受けるなら埋没法がおすすめです。

ビューティー編集部より

アイプチを止めるには、何かきっかけがないと難しいもの。長年続けてきたならなおさらです。しかし、アイプチが無くてもマッサージやプチ整形で整った目元になれるなら、自分の顔に自信を持てるのではないでしょうか。

このサイトではプチ整形・埋没法の失敗例を紹介していますが、それは埋没法が修正できるから。修正してキレイな二重を手に入れた人も多くいます。理想の二重を手に入れるための手助けとして掲載していますので、ぜひご活用ください。

サイトマップ