埋没法の平均ダウンタイムと乗り切り方

一重まぶたを二重にする代表的な美容整形のひとつ「埋没法」。メスを使わないので、まぶたを切開することなく、手術用のナイロン糸で縫いとめるだけなので、手軽に二重を手に入れられると人気です。

さらに、埋没法の手術時間は長くても数十分で、術後は病院内で休む時間も必要ないことが多いため、日帰りが可能ですが、見た目に影響が出るダウンタイムはどのぐらい続くのでしょうか?

メスを使う切開法に比べると、埋没法は値段が安くて腫れも少ないので、普段の生活に戻りやすいのが利点です。有名人が「カミングアウト」をするなど、世間の「プチ整形」への理解は昔に比べて進んできているように思います。とはいえ、やはり誰もが気になるのは、術後の「腫れ」と「ダウンタイム」ですよね。

そこで、今回は一般的な目安とダウンタイムを早く落ち着かせる方法、自分でできるケアやダウンタイムを長引かせないための注意点、私自身が体験したダウンタイムの乗り切り方をお教えします。

多かれ少なかれ、ダウンタイムは必ずある

埋没法を受けたら翌日からぱっちり二重だ!と思っている方もいますが、それは大きな間違い。個人差・医師の技術の差はありますが、術後は一時的にまぶたの赤みや腫れは必ず出ます。

なぜなら、まぶたの皮膚や筋肉は針が通り抜けた結果損傷していますし、縫いとめている糸はまぶたの中に完全埋没するので、今まで無かった糸が結ばれているため、体は糸を異物として認識し何らかの反応を起こします。どんなに技術力がある医師が執刀しても、手術時の傷が落ち着き、糸が体に受け入れられるには時間がかかるのです。

ダウンタイムは平均1週間程度

そもそもダウンタイムとは、術後の腫れや赤みがある程度引き、普段と変わらない生活を送れるようになるまでの期間を指します。埋没法の場合、腫れが強く出るのが術後3日程度、やや腫れているが支障ない程度で術後1週間、完全に腫れが引ききるのが術後1ヵ月後といわれています。

ちなみに、個人差はありますが、洗顔フォームで洗顔ができるようになるのが24時間後。アイメイクは3日後から可能な場合が多いです。

ただし、これらのダウンタイムは、手術で使った糸(太いほうが腫れやすい)や、埋没法で留めた点数(多いほうが腫れやすい)、糸で縫いとめるまつばの体積や糸を結ぶ力によっても異なりますし、その人の体質によっても異なります。腫れにくい腫れやすいなどの体質によって、手術後の経過には当然違いが出てきます。術後の経過は個人差があり、元々内出血をしやすい方、怪我の治りが遅い方はその分ダウンタイムも長くなるでしょう。ですが、埋没法を受けた人の90%が平均1週間程度で腫れや内出血の落ち着きを感じています。

ダウンタイムを早く落ち着かせるためは?

1、術式・医師選びは慎重に

埋没法には種類があり、糸で縫いとめる場所がそれぞれ違う「挙筋法」「瞼板法」という方式があります。挙筋に糸をかける方式が「挙筋法」。瞼板に糸をかける方式が「瞼板法」です。ダウンタイムを早く落ち着かせるには、なるべくダウンタイムの短い術式を選ぶことが大切です。

糸の数・縫いとめる幅・糸を結ぶ強さを同じ条件にして手術した場合、「挙筋法」「瞼板法」では、個人差はありますが「挙筋法」のほうが腫れると言われています。挙筋法のほうが糸で縛られる組織の体積が多くなることと、筋肉は瞼板よりむくみやすい組織だということが理由にあげられます。一般的にはそう言われていますが、すべての人に当てはまるわけではありません。大事なのは、自分にとってより腫れにくい方法を選ぶことです。カウンセリングの時などに、医師に相談して決めましょう。

また、手術をする医師の技術も関係してくるので、病院だけではなく医師選びも慎重に。患者さんの体質にもよるので一概には言えませんが、手術が上手な医師なら、手術に無駄な操作がなくて出血も少ないため、手術時間も短く、結果的に腫れが少ないと言われています。逆に手術が下手な医師なら、無駄な操作が多く、出血も多く、手術時間がかかり、結果的に腫れが強く出てしまうことにも繋がります。

2、術後のセルフケアを大切に

術後のセルフケアも大切なポイントです。病院でもある程度説明されるとは思いますが、3日目までは腫れを落ち着かせるため、一日数回のアイシングを続けるといいみたいですよ。また、目をこすらないようにマスカラはひかえるなど、工夫することでダウンタイムを長引かせないことも可能です。

また、3日ほど連続して仕事を休む手配をするなどして、アイメイクができるようになる3日後までは、なるべく自宅で過ごすようにすると、他人に気づかれるリスクはぐんと減るかもしれません。ですが、意外と他人はそこまで気にしないものです。堂々としていると良いでしょう。

術後3日程度は、安静にすること、しっかり冷やすこと、患部を心臓より高く挙げることが重要です。また、その間の運動、サウナ、長時間の高温の入浴、大量の飲酒はおすすめしません。血行が良くなるため、腫れが強くなってしまうからです。術後3日間は、シャワーを軽く浴びるか、ぬるま湯につかるくらいにしたほうが良いでしょう。また、患部を心臓より高く挙げると、浮腫を予防する効果があります。ですので、就寝時は、頭を平らな状態で寝るよりは、枕などを調整して、頭を少し高くして寝たほうが腫れにくいです。

また、ダウンタイムを長引かせないためには。術後は最低1週間、できれば6ヶ月は禁煙したほうが良いとされています。喫煙することで末梢の血流が悪くなり、傷の治りが悪くなるからです。

3、片目だけの手術の場合は

また、片方だけの目を手術した場合のダウンタイムでありがちなのは、ものすごく腫れているように感じてしまうというケースです。それは、手術していない目はまったく腫れがない状態なのに対して、手術した目は当然腫れているので、鏡で自分の顔を見ると、無意識のうちに見比べてしまうのが原因です。その結果、ものすごく腫れているように感じて不安になってしまいます。ですが、それは錯覚。ダウンタイムは両目の手術を受けた人と同じです。約一週間程度で腫れが落ち着いてくると、左右差は気にならなくなるのでご安心を。

ただし、術後すぐは他人から見ても左右の違いが顕著になってしまうので、なにかしらの工夫も必要でしょう。「こっちの目だけずっと逆さまつ毛に悩まされていたので、思い切って手術をした」とか、「ものもらいの治療中で、病院の指示で他人にうつさないようにしてる」ということにするなどして、手術した目だけ眼帯を着け、腫れが引いて左右差が収まるまで隠しておくのも有効だと思います。

アイシングはいつまで効果的?

「アイシング」とは、目元を適度に冷やすことです。術後に目元を適度に冷やすと、冷やさなかった時に比べて、腫れの引きが少し早くなります。必ず冷やさなければいけないというわけではないのですが、可能なら冷やしたほうがダウンタイムが短くなる傾向があります。ですが、冷やせなかったとしても、関係するのはあくまでもダウンタイムだけで、完全に腫れが引いた後の最終的な仕上がりは、冷やした場合と冷やさなかった場合で差が出ることはありません。

アイシングのやりかたや注意事項は、病院や医師によって違ってくることもあるので、直接確認してください。

基本的には、ビニール袋に入れた氷や、アイスノンなどをタオルなどでくるみ、軽く押さえる程度で目元に当てます。直接氷を皮膚に当てると、凍傷や血行障害を起こすことがあるので、必ずタオルなどでくるむことが大切です。冷たくなりすぎないように注意してください。無理せず休憩しながら、1回数分~数十分を1日数回程度冷やすことをおすすめします。

特に、「手術後1日目」の手術当日から翌日は、患部が温まったり血行が良くなると、内出血を起こすリスクが高くなります。ですので、この期間に冷やすと効果的です。

「手術後2日目~手術後3日目」も、まだ腫れが出やすい時期なので、この期間も冷やすとより効果的です。

「手術後4日目~手術後6日目」になると、冷やしたほうが冷やさない場合より「多少はマシ」という程度の効果になります。

「手術後7日目以降」は、冷やす意味がほとんどなくなります。逆に、冷やすことによって血行が悪くなるので、この時期になるともう冷やすことはおすすめしません。その後は、腫れが引くまで普段通りの生活をしながら様子を見ていくのが良いでしょう。

氷やアイスノンではなく、「冷却ジェルシート」のようなもので冷やすのは、手軽ですがおすすめしません。冷却ジェルシートなどは刺激があるので、それを直接患部に貼るのはやめたほうが良いでしょう。

また、患部を「温める」ことに関しては、医師によって見解が異なるため、直接担当医に確認したほうが良いでしょう。ですが、肩凝りや腰痛などの症状と違って、手術後の患部を温めて血行を良くするメリットは特にないと考え、温めることに関してはおすすめしない医師が多いようです。

私のダウンタイム対策はぱっつん前髪+黒縁メガネ

私も埋没法と修正手術を受けている経験者で、もちろんですがダウンタイムも経験しました。一般的には3日ほど休みが連続するところで施術をすれば家でのんびりと過ごせたのでしょうけれど…仕事柄まとまった休みが取れないどころか、手術翌日から出勤しました。

数日はメイクができないため、私が腫れ隠しに使ったのは、「ぱっつん前髪」そして「黒縁メガネ」。

前髪は眉毛と目の間ぐらいで揃えてイメチェン感を。当時はクラシック系のメガネが流行していたので、それに習ってウェリントン型のメガネをかけて通勤しました。「前髪切ったの?」「できる女っぽい!」とは言われましたが、目について触れる人は誰もいませんでした。

明らかに整形顔だったり、恐ろしいぐらい腫れていたりしたら何か言われるかもしれませんが、わずかな腫れ程度なら気付かれもしませんし、アイプチで作った二重か、整形した二重かなんて誰もしっかり確認なんてしないので、ダウンタイム中でも意外と外に出て平気なものです。

腕の良い先生を探してお願いしたからか、幸い内出血はできず、強めの腫れは2日ほどで落ち着き、その後はメイクでカバーできるようになったので連日メガネは卒業。特に腫れが気にならない日でもファッションアイテムとして使うことで、「腫れ隠し」的な印象を持たせないようにしていました。

ダウンタイム後のメイクカバー術

これだけでも、結構効果があります。腫れているのでやや幅広二重になっているので、メイクも映えるんですよね~。私は社会人なのでチャレンジしませんでしたが、学生さんならこの時期に敢えてハーフっぽいメイクをして着飾るのもいいんじゃないかな、なんて思います。

術後の腫れや赤みを早く隠したいからといって、医師の指示した日付より前にメイクを始めてしまうと、メイクやクレンジングで傷口を刺激してしまい、余計に治りが悪くなります。腫れが強いうちはメイクレスで乗り切る工夫を、落ち着いてきてから華やかな二重メイクを楽しみましょう!

このサイトでは、二重埋没法で理想通りの目元を作りたい方のために、クリニック選びで失敗しないための知識や情報をお伝えしています。埋没法の基本から口コミ、全国の名医情報まで、たっぷり掲載していますので、是非クリニック選びの参考にしてみてください。