二重がぜんぜん定着しない!なんで!

このページでは、アイプチやアイテープなどを使っても二重ラインが定着しなり理由や定着しやすい人の特徴などをまとめています。

二重が定着しないあるある

二重が定着しない理由はこれだ!

アイプチの二重幅が広すぎ

その人に合う二重幅は個人差があります。しかし、幅広の二重に憧れを持っていると、ついつい広くしてしまいがちです。幅が広いと、その分留めておく力も必要になるのでアイプチやテープがはがれやすくなるだけでなく、二重が定着しにくくなってしまいます。

ポイントは目尻の幅を少し狭めること。それだけで、定着力がアップするので二重になりやすくなりますよ。もし、目尻のほうから二重が崩れてくるという人は、少し狭めてみてくださいね。

もともと定着しにくいまぶた

自力での二重が定着しにくいタイプの人は、以下のような人です。

脂肪が多く厚めのまぶたは、たとえるならスポンジのようなもの。くしゃっとしても元に戻ってしまうので、二重ラインが定着しにくいのです。

一重の人は、新たに二重のラインを作っても元の一重の跡のほうがくっきりとしているため、そちらに引っ張られてしまいます。

幅が広すぎると二重をキープする力が多く必要になります。アイプチやアイテープを使えば留めておけますが、外してしまうと元に戻ってしまいます。

定着しやすい人ってどんな人?

二重が定着しやすいのは以下のような人です。

まぶたの脂肪が少なく薄い人は、キープ力が高くなるので二重が定着しやすいです。すんなり二重になれたという人はこのタイプかもしれません。

二重のラインが少し奥に入っているだけなので、ラインをつけてあげるだけで定着しやすいのが特徴です。

無理な力が入らない自然なラインが作れると、二重が定着しやすくなります。アイプチやアイテープも取れにくくなりますよ。

ビューティー編集部より

二重が定着しにくい人が自力で二重にするには、残念ながらとても時間がかかってしまうようです。数か月から数年かけても理想とする二重にならないときは、二重に整形するのもアリですよ。埋没法はプチ整形なので、切る必要はありません。万が一理想の二重にならなくても元に戻せるので、思いきって埋没法にチャレンジしてみませんか。

サイトマップ