埋没法二重整形を受けて人生変わった!

まぶたが二重か一重かで人生は変わるのでしょうか?統計調査によると日本人の75%は一重まぶたなのだそう。そして男性も女性も二重まぶたを好み、若い世代ほどその傾向が強く表れます。インターネットのアンケートなどで「あなたは異性の一重瞼と二重瞼、どちらが好みですか」と質問すると半数近い方が「どちらでもいい」と答えており、いわゆる「モテ」に関しては二重はそれほど影響力がありません。それでも「二重整形で人生が変わった!」という人も多いようです。ここでは二重整形で人生を変えた方々の体験談を紹介します。

人生が変わったと感じる人の体験談

二重整形を受けて感じたこと(20代・男性)

私は小学校高学年頃から二重に憧れていました。決して嫌われていたわけではないのですが、一重の細い目のせいで初対面の人からは大抵怖がられ、「なんで怒ってるの?」などと言われることもたびたび…。

二重の柔らかな目元に憧れて、大学時代にバイトでためたお金で埋没法でついに憧れの二重を手にしました。

「一重とか二重とか、そんなことで人を判断しないよ」と言っていた女子の言葉をうのみにして今まで生きてきましたが、その言葉が真実じゃないという事が自分が二重になった今、よくわかります。

まず、女子が優しく接してくれる。これは本当に感じます。初対面の女性の態度が柔らかかったり、女性店員の態度が柔らかかったりするし、何より「彼女ができた」ことが一番の証明です。

単純に二重になったから周りがガラッと変わったわけではないのかもしれません。もしかすると、自分に自信が持てるようになったことで周りが変わったのかもとも思います。あるいは、周りの見る目が変わったから自分が変われたのかもしれません。どっちなのかはわかりませんが、コンプレックスが消えたことによって自分に少し余裕ができたのを感じています。人へも少し優しくなった気がするし、自信をもって人と話せるようになったようにもなりました。

なんにしても、一重から二重になったことで良い方向に人生が動いたのは間違いありません。

二重にするならタイミングが大事(20代・女性)

私の友人は高校時代に毎日自分で二重ノリを使って二重にしていたのですが、夏休みに二重の整形をしたらしく新学期に会ったみんなからからかわれていました。

特に十代の多感な年ごろは小さな変化にも敏感だったりするので、手術を受けるなら時期やタイミングって大事です。

そんなこともあって、私は一重のままで高校時代を過ごし、晴れて卒業した春休みに手術を受けて二重まぶたで新しい人生をスタートさせています。

体験談から学べること

コンプレックスは自分が感じているだけで、実は他人からしてみると気にならない事だったりすることが多くあります。一重でも気にしない人もいれば、それが気になって人とうまくコミュニケーションが取れなくなってしまうなど、生活に不自由を感じてしまう人もいるでしょう。

前向きになれるかどうかは自分次第。自分の感じ方ひとつで人生は変わるものです。

とはいえ自分の感じ方を変えるのは簡単なことではありません。埋没法をするだけで自分に自信が持てて、明るく生きられるのなら、迷うことはないでしょう。埋没法は病気を治すものではありませんが、心の在り方を180度変えてくれる、パワフルな医療なのです。

明るい未来を想像して、思い切って手術を受けるのだから、絶対に失敗はしたくありませんよね。失敗しないためにはまず信頼のおけるクリニックを選ぶことが重要です。確かな技術を持った医師の手で人生を変えてみてはいかがでしょう。

サイトマップ