二重整形が失敗する確率は?

手軽に施術を受けられるようになった二重整形ですが、中には「失敗した!」という口コミもあるようです。実際に二重整形で失敗する確率はどのくらいなのかについて、詳しくお伝えしていきます。

二重整形に必ず成功はない!

二重整形に限らずどのような整形手術においても、100%成功するという保証はありません。

埋没法の場合、糸が出てきてしまったりすぐに元の目に戻ってしまったなどの失敗が多いといわれています。一方で切開法は、まぶたにメスを入れる施術のため修正が難しい施術であるものの、左右のバランスが違ったり二重のラインが濃すぎるなどの失敗があります。

また、埋没法も切開法も「思ったような仕上がりにならなかった」というケースは少なくありません。

このように、二重整形では失敗例も数多く報告されています。整形は手術などの医療行為とほとんど変わりはありません。まぶたに異物を入れたり皮膚を傷付けるため、必ずしも成功するとは言えないのです。

失敗の判断は人による

実際のところ、上記で挙げたような失敗を「失敗した」と思うかどうかは、人によってさまざまです。埋没法を受けたらすぐに元の目に戻ってしまうといったトラブルは、まぶたの厚みが原因だったかもしれませんし、留める点数によっては無理なデザインだったのかもしれません。

このような事例の場合、失敗かそうでないかの判断が分かれます。中には医師の技量が足りなかったと思う人もいるでしょうし、自身のまぶたの厚みや希望するデザインが施術方法に適していなかったと思う人もいるでしょう。同じトラブルでも失敗か否かの判断は人によるのです。

成功するためには医師選びと希望を伝えること

理想の二重まぶたを実現するためには、高い知識と技術を有する医師を選ぶのが重要です。

日本形成外科学会専門医もしくは指導医が在籍するクリニックなら、限りなく理想に近い二重まぶたにしてもらえる可能性が高いです。高い技術を持つ医師が居るクリニックかどうかは、以下を確認すると良いでしょう。

美容整形に携わっている経歴が長い方が安心ですし、症例写真と施術内容を明記しているクリニックは信頼性があります。また、カウンセリングから施術までを一貫して同じ医師が担当するのかも重要です。

また、カウンセリングの際には、しっかりと自分の希望を医師に伝えましょう。知識と経験が豊富な医師であれば、患者のまぶたの状態を見て出来ること出来ないこと、リスクなどを丁寧に教えてくれます。理想と実現できるラインをしっかりと確認することが、二重整形で失敗しないためのコツです。

サイトマップ