他院修正のながれ

埋没法はプチ整形とも言われ、メスを使わないため簡単だと思われていますが、失敗される可能性はゼロではありません。失敗の原因、不具合が起きた時の対処、他院での修正について、解説します。

二重まぶた整形の
失敗とその原因

二重まぶたに憧れて美容整形外科で手術を受けたものの、その仕上がりに不満を感じるケースは多々あります。好きなモデルと同じ二重まぶたにしたら似合わなかった。周囲から整形が丸分かりだと言われた、など…。これらの不満は、カウンセリングで実際の仕上がりをシミュレーションしていれば防げたことでしょう。

不具合の場合、ちょっと気になるものから重大な問題を引き起こすものまでさまざま。目を閉じた時に糸の結び目が目立つ、切開法で傷跡が残るなど軽微なものから、左右の二重の形や幅が異なるといった見た目の問題です。

糸がすぐ取れたり緩んだりしてしまい、一重に戻ってしまった…。目の開け閉めに不自由する…。腫れが引かず膿んでくる…。まぶたの裏に糸が飛び出る…など。重大なトラブルに発展するケースも少なくありません。時には、目ではなく肩こりや頭痛、自律神経失調症などに悩まされる方もいるみたいです。

これらは体質が原因になる場合もありますが、多くは医者の知識や技術不足によるものです。まぶたの状態には個人差があり、左右でも異なるものです。皮膚の厚さや脂肪の多さ、目を開ける力の強弱や癖などによって最適な手術法は変わってくるため、医師にまぶたの状態を見極める技術がなければ当然失敗するでしょう。

埋没法失敗時に
「他院修正」を選ぶ理由

埋没法を実施している美容外科では「保証」を用意しているところがあります。もしラインが取れた、不具合が起きた場合は期間内であれば無償で修正してくれる…というものですが、その多くは「不具合を起こした執刀医」が再び施術をすることになっています。

しかし、前回技術力不足で失敗した医師に再びお任せするのは…ちょっと考え物ですよね。やはり、多くの方はより腕が良いと評判の医院に「他院修正」を望むのだそうです。二重まぶたを再手術するのは難しく、それだけ技術や経験が必要になるため、費用も高くなります。

他院修正は「前回の手術から6か月以上経過していること」を条件に掲げる医院が多いです。特に切開法で手術した場合は、その頃になってようやく腫れや傷が落ち着き、目指していた二重まぶたが完成します。

その上でカウンセリングを行い、修正のメリットがあれば再手術を行います。もちろん修正の理由は不具合だけでなく、理想とするイメージとの違いであっても受け付けてくれるみたいですよ。

どのような修正手術をするの?

埋没法で結び目が目立ったり、時間の経過で二重が目立たなくなっている場合は、糸をほどいて新たに結び直したり、切開法で改めて二重まぶたを作ったりします。

埋没法→埋没法、埋没法→切開法ならば割とどこのクリニックでも対応してくれますが、問題は切開法で作った二重まぶたの修正です。一度メスを入れているので、かなり大がかりな手術となり、施術できるクリニックも限られてきます。

例えば二重の幅を変えるには、新たな二重の線を作って、そこに眼瞼挙筋をつなげます。前回作った線は皮膚ごと切り取って再生を促し、目立たなくなるようにします。傷跡をきれいにしたい場合も同じ方法です。

ただし狭い幅を広げるのは容易ですが、広い幅を狭くするのは困難を伴います。特に前回の手術で余分なまぶたの皮膚を切除している場合、まぶたが閉じなくなるリスクがあるからです。また、目頭側になるほど難易度は高くなります。

二重の手術をきっかけに目を開けづらくなったり逆に開きすぎたりする場合は、まぶたの開け閉めに影響する「眼瞼挙筋」の位置を調節します。特に眼瞼下垂によって目を開けづらくなっている時は、修正手術をすることで二重の幅が広がってしまった状態を解消できる可能性があります。

他にも目の上が窪んでしまった時は脂肪注入、目頭を切開しすぎた時は蒙古襞の再生で解消されます。二重まぶた整形の失敗による修正には様々な方法がありますが、どれくらいノウハウがあるかは美容整形外科によって異なります。また、複雑になるほど手術代は高額になることを心得ておきましょう。

信頼できるドクターの選び方

二重まぶたを修正し今度こそ成功するためには、施術費用の安さに騙されず、信頼できるドクターを選ぶのが大切です。二重まぶたはただ縫いとめればいいものではなく、確かな技術・二重のデザインセンスが求められます。

技術とセンスを持つドクターを選ぶには、まずは事前調査が大切。各クリニックのホームページで医師の症例数や実績、美容外科歴を確認したり、口コミサイトで病院の評判を確認したりしましょう。ただし、口コミサイトはアフィリエイトや宣伝目的で良い評判が書き込まれている可能性もあるため、鵜呑みにしすぎないことが大切です。

ある程度候補を絞り込んだら、そこから先は自分の目で医師の腕を確かめるため、カウンセリングを受けにいきましょう。最近では多くの美容整形外科で初回に限り無料でカウンセリングを行っています。医師との相性だけでなく院内の雰囲気や衛生管理、プライバシーの確保など様々な情報を入手できます。

医師とのカウンセリングでは一方的に説明を受けるだけでなく、分からないことは積極的に質問しましょう。時間が限られている場合が多いので、あらかじめ質問をピックアップしておくと無駄なくカウンセリングを活用できます。

特に確認したいのは医師の経験です。最低でも1年以上の経験や100件以上の施術例があるのが望ましいでしょう。逆にリスクに対する説明がなく、根拠もなしに料金が高い施術を勧めてくる場合は要注意です。

二重まぶた形成はプチ整形といえども、皮膚や筋肉に糸を通す手術。どんなに万全の体制で高い技術を持つ医師による手術を受けても、思いがけないトラブルが発生する恐れがあります。アフターケアの対応や万が一の時の保証も注目したいところです。