社会人でもバレないアイプチテク教えて

気軽に二重を楽しめるはずが、周りにバレないかヒヤヒヤすることも多いアイプチ。このページではアイプチがバレてしまうポイントを踏まえて、バレにくいアイプチテクをまとめています。

アイプチがバレる瞬間

アイプチがばれる理由

アイプチがバレてしまうのは、不自然さやテクニックの無さのようです。

つい二重を作ることに気を取られてしまい、自分の目に合った形にできていないと、どうしても不自然になってしまいます。二重幅は広ければ良いわけではなく、あなたに合ったラインにすることが大事。休みの日にいろんなラインを作ってみるといいかもしれません。

そして、テクニックはアイプチを使わないと上がりません。慣れればそれだけ自然な取れにくい二重にできるようになるでしょう。今すぐできるのは、糊やテープの色を自分の肌と合わせること。色が合わないと下を向いたときやふとした瞬間にアイプチがバレやすくなってしまいます。

アイプチがばれない方法

アイプチの塗り方

アイプチは目頭から3分の1ほどまでに塗るようにすると自然な二重ラインができます。目尻まで塗ってしまうと、まぶたが引っ張られて不自然に見えてしまうことも。また、糊を塗るときは1度に必要な量を塗るのではなく何回かに分けて塗るのがポイントです。そして、しっかり乾かしてからラインを決めてくださいね。乾いていないままだとダマができたりラインが崩れたりしてしまいます。朝の忙しいときでも、ここを守れば1日自然な二重をキープできるでしょう。

アイメイク

糊やテープのテカリが浮きやすいキラキラしたダーク系のシャドウは避けましょう。濃いベージュ系や薄いパステル系がおすすめです。

先にシャドウをアイホールに薄めに乗せてからアイプチをします。アイプチは気持ち細めに塗ると自然に見えますよ。粘着力が弱くなってしまうので重ね塗り推奨です。

糊やテープのテカリがどうしても気になるときは、フェイスパウダーで抑えると◎。アイプチしててもアイメイクは楽しめます。

ビューティー編集部より

アイプチがバレないようにするいちばんのポイントは、自分らしい二重にすること。二重の幅・使うテープや糊の色などに少し気を付けるだけでも、周りに気付かれにくくなります。他にも、メザイクや二重整形などの手段があるので、自分に合った方法を探してみてくださいね。

サイトマップ