埋没法を受けたことで罪悪感を覚えている…

埋没法の整形をしたあと、長年のコンプレックスが解消されて喜んでいる方が大勢いる一方で、罪悪感を感じてしまう方も少数ながらもいるようです。

こちらでは、どのような罪悪感に悩んでいるのかを具体的に例を挙げてみました。これから施術を受けようと検討中の方はこれらを参考にして、施術後どんな悩みを抱えることがあるのか確認してみてください。

「整形をしてしまった」という罪悪感

最近では埋没法に限らず、ボトックス注射やヒアルロン酸注入、ホクロ取りなどのプチ整形も含めて美容クリニックに通う方が増えて、美容整形に偏見を抱く方は少なくなっています。

その一方で、本来の顔を変える行為である「整形」に反対する人や、偏見を持つ人は一定数存在します。そのため、術後に親からもらった顔を変えてしまったと後悔する方や、自分のコンプレックスを医療によって解決したことに対して恥じてしまう方がいるようです。また、人に言えない秘密が徐々に重くなり、罪悪感が蓄積していく場合があるようです。

「本当の自分の顔ではない」という罪悪感

整形して満足いく目元になって当初は喜びに満ちていたのに、月日を重ねるごとに罪悪感を抱いてしまう方がいるようです。

そのきっかけは、「整形した」とカミングアウトするチャンスを逃して男性と真剣な付き合いを始めたり、その延長線で結婚や赤ちゃんの誕生で悩みが募ったりするケースが多いようです。

「彼は私の本当の顔を知らない」「以前の顔であったならば、彼は私を愛してくれただろうか?離れてしまうのでは?」「赤ちゃんの目元と自分は大きく違うのではないのか」など、考えるほどに罪悪感が深まってしまいます。

罪悪感の解決法はあるの?

二重整形の中でも、埋没法は「留めている糸を取れば元のまぶたに戻れる」というメリットがあります。もし施術をした罪悪感に耐えられないのであれば、修正という流れで相談し、クリニックで糸を取ってもらうのが最も手っ取り早い解決法です。

もし今の目元が気に入っていて、今さら一重に戻したくない、という人の場合は、心のケアをする必要があります。人それぞれの悩みがあるため、解決方法は自分で見つけていくことが大切です。

心のカウンセリングを受けることにも抵抗がある場合は、まず心の整理をしてみましょう。「何をどうしたいのか」を紙に書き出してください。自分の気持ちを文字にすることで、混乱している罪悪感を整理し、可視化することができます。

そのうえで二重施術した旨を伝えるか・秘密にしておくか・一旦保留にするかを決めていってはいかがでしょうか。相手の気持ちに不安がある場合は、内緒にしておくのも1つの手段です。ある日、ふと打ち明けてもいい、と思える瞬間が訪れるかもしれません。

罪悪感を抱えている人に「悩むな」というのは難しい注文です。ただ元のまぶたに戻すつもりがないのであれば、「打ち明けてもいいと思える瞬間がきっと来る」と信じて、悩みをいったん棚上げするのも1つの方法ではないでしょうか。

これから埋没法を受ける予定の方へ

埋没法は糸を取れさえすれば元のまぶたに戻れる施術方法です。それでも施術後に罪悪感を抱く方がいます。

今回の事例を踏まえて、二重整形の不安要素を整理してから施術に踏み切りましょう。

サイトマップ