自分の目元に合う
手術法はあるか

美しい二重を手に入れるには個々に適した施術を提案してくれるクリニック選びが大切です。現在行われている二重手術の種類とそれぞれの特性を知り、どのような選択肢があるのかを把握しておきましょう。

二重手術の種類を知ろう

二重整形を受ける方のなかには、二重の幅を広げることに強いこだわりを持っている方がいます。一般的に、幅広二重の方が目はパッチリして見えますが、実は幅が広すぎるとかえって目が小さく見えてしまうこともあるのです。

クリニックでカウンセリングを受ける時には、自分に合った二重ラインや、二重手術の種類を教えてもらうことができます。手術の種類によって治療方法や金額、リスクなども異なるので各手術の特徴をしっかり覚えておくことが大切です。

二重埋没法

埋没法は、今ある二重手術の中で最もポピュラーな手術法です。メスを使わず、短時間でできる手術で、しかも低料金という手軽さが人気で、埋没法を導入するクリニックも非常に増えてきています。

極細の特殊な糸をまぶたの裏側に入れて、二重のラインを作りたい線上に糸を留めるという手術で、糸を留める数が多いほど二重ラインが定着しやすいと言われています。

施術リストを見ると、2点留め、4点留め、6点留めなどと書かれているので、チェックしてみると良いでしょう。手術時間は10~15分程度で終わるのがほとんど。丁寧に処置をするクリニックだと30分以上かかることもあります。

埋没法には、「瞼板法」と「上眼瞼」、2つの方法があります。大きな違いは、糸を引っ掛ける場所が違う点です。

瞼板法(けんばんほう)

瞼板法とは、上眼瞼の瞼板に糸をかけ二重のラインを作る方法。術後の腫れが少ない、術後に眼瞼下垂になる心配がない、経験の浅い医師でも手術できる、抜糸しやすいなどのメリットがあります。

ただし、術後にまぶたの裏に糸が出るケースが懸念されているため、こういった配慮がされているクリニックを選ぶ必要があります。

瞼板法を採用しているクリニック

挙筋法(きょきんほう)

挙筋法とは、開眼を行う上眼瞼挙筋に糸をかけ、二重のラインを作る方法。瞼板法のように瞼板には糸を通さないので、眼球側に糸が出るリスクがないと言われています。

挙筋法を採用しているクリニック

LS法

二重埋没法の欠点を改良した新しい二重手術です。従来の埋没法だと糸が皮膚の裏側から出てきてしまう、糸が皮膚に癒着して取り除けない、糸をとめた部分が目立ってしまうなどの欠点がありました。

LS法は埋没法のように「点」で留めるのではなく、挙筋に沿って糸を長く通していく、つまり「線」で作る手術なので、前出のようなデメリットがなく、二重のラインが長期間にわたって定着してくれるというメリットがあり、デザイン力も高く、仕上がりが美しいと評判です。

糸を留めた所ばかりに負担がかかる従来の方法とは違い、皮膚への影響も最小限で済むというのもメリットのひとつ。

また、LS法は糸の処置をすべて皮膚の内部で完結させているので、眼球が傷つくこともナシ。ライン状に糸をかけるため簡単には外れず、さらに、癒着の心配がないから修正も可能です。

LS法にはライト・シングル・ダブル・トリプルの4タイプがあり、ランクが上がるほど二重のラインが強く持続します。まぶたが重く、切開法でないと無理と言われる場合も、LS法ダブル以上なら対応できる可能性が高いのでオススメです。

LS法を採用しているクリニック

埋没法はメスを使わない手術なので、切開法に比べてダウンタイムが少ない、安全というイメージがありますが、糸がまぶたあの裏側から露出して目がゴロゴロしたり、糸が取れてきたりというトラブルも、少なくありません。

理想の二重にならなかった場合は作り直すことができますが、手術を繰り返すとまぶたに負担をかけることになるので、腕の良い医師を選ぶというのは大前提です。

埋没法以外の二重整形の種類

理想の目元をとことん追求する場合、まぶたの厚さや目元の形によっては、埋没法以外の施術を提案されるケースもありますので、あらかじめ知っておきましょう。

脱脂法(まぶたの脂肪取り)

脱脂法は、脂肪などで厚くなったまぶたの脂肪や皮膚を切除する手術です。埋没法や切開法をより美しく仕上がるために行われるもので、脱脂法+埋没法、脱脂法+切開法といった具合に、組み合わせて施術を行います。

手術の方法は、数ミリの穴をあけて、そこから脂肪を取り出すというものです。手術時間は大体30~40分、数日後に抜糸を行います。

二重切開法

切開法は、皮膚にメスを入れて二重のラインを作る手術です。幅の広い二重を望む人や、まぶたが厚い人に向けた全切開法と、埋没法をやっても一重に戻ってしまう人に向けた部分切開法があります。

希望したラインに沿って切開するので、くっきりした二重を作ることができます。その反面、メスを入れるので腫れが強い、抜糸が必要、失敗した時に元に戻せない、費用が高額といったリスクがあります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂は、まぶたがたるんで目が開けづらくなった状態を改善する手術です。

眼瞼下垂の手術は、目をまぶたのラインに沿って切開し、まぶたを引き上げるゴムの役割をする眼瞼挙筋膜という筋を、短く縫い付けるというもの。まぶたを上に引っ張る力を回復させることができます。手術時間は両目で約40分です。