埋没法の経過【写真付き】

ここでは、埋没法の手術後の経過を写真でお伝えするとともに、ダウンタイムの過ごし方や仮に手術が失敗してしまった場合でもどうすればよいのか、埋没法のやり直し、二重の修正などについてもご紹介します。

初めての埋没法の経過レポ

初めての埋没法の経過レポ写真

埋没法を受けた人にお話を聞くと、埋没法が成功したのか失敗したのか、その経過を知りたい需要が非常に高いことがわかります。そこで、施術前~施術2週間後までの写真を掲載し、術後の経過を追ってみます。各写真の症状と、様子に対する編集部の解説も掲載しますので、気になっている方は参考になさってください。

埋没法のやり直し・修正の経過レポ

埋没法のやり直し・修正の経過レポ写真

埋没法が失敗してしまった場合、やり直しが利くのか、修正できるのか心配される人も多いことでしょう。そこでこちらのページでは、編集部が独自に調べて入手した、実際に埋没法に失敗し、修正した人の経過を写真でたどってご紹介していきます。また、修正手術の概要もお伝えしますので、気になっている人はご自身の状態と見比べてみましょう。

埋没法のダウンタイムはどれぐらい?

ダウンタイムは、手術後の腫れや赤みがある程度引き、普段と変わらない生活を送れるようになるまでの期間のことを指します。埋没法の場合、平均して1週間程度がダウンタイム期間といわれていますが、手術で使った糸や、埋没法で留めた点数、糸を結ぶ力によっても異なります。また、その人の体質によっても異なるため、早く落ち着かせたい場合は、術後ケアを大切にしましょう。当サイトではダウンタイムの過ごし方についても解説していますので、そちらも参考になさってください。

埋没法で作った二重はどのぐらいもつ?

埋没法の持続期間は個人差があるうえ、手術を行った医師の技術力によっても期間は変わってきます。埋没法の場合、だいたい3~5年程度で約50%の人が一重まぶたに戻ってしまうともいわれています。持続期間を重要視するならば埋没法よりも切開法の方が長持ちするといわれていますが、埋没法でも糸を留める箇所を多くしたり、二重のラインを狭くしたり、眼窩脂肪を除去してまぶたを薄くしたりすることで長持ちさせることができます。

サイトマップ