初埋没の経過

ここでは、編集部が入手した埋没法の手術後の写真をもとに、埋没法に初めて挑戦した人の経過をレポートにまとめました。

写真でチェック!
初めての二重埋没法の経過

二重手術前の目はこんな感じ

二重埋没法の手術前のまぶた

まずは二重手術前の様子からチェック!ノーメイクの状態がこちらです。

この方はもともと、決して目が小さいわけではないようですね。ただぽってりした一重まぶたによって、つぶらな瞳の印象を与えがちかも?ぽってりした一重といっても、脂肪が多いわけではないので、比較的二重を作りやすいまぶたです。

二重の整形手術をして
どうなるかというと…

経過1:二重埋没法の手術直後

埋没法から7日目の二重(他院修正の前)

ぽってりした一重まぶたが、手術によって末広型のキレイな二重に!手術前とは全く印象が代わり、ノーメイクでも十分な華やかさがある目元になりました。まるで別人のようです!

手術前と見比べると、まつげもしっかり上がってますね。もしかしたらメイク時にビューラーを使わなくて済むかも…!?

さらに注目して欲しいのが腫れの無さ。なんとこれ手術直後のお写真なのです。一般的に埋没法の手術後は、1ヶ月ほど腫れが出ると言われています。しかしこの方は、左右の二重幅も均等で、この時点で既にとても自然な二重ラインなので、腫れがほとんど出ていないのでしょう。

経過2:二重埋没法の手術から2週間後

二重埋没法の抜糸後の修正手術直後の経過写真

さらに手術から2週間経過した写真がこちら。今度はメイクバージョンです。

一重と二重のメイクで差がでるのは、アイラインでしょう!この方も二重にしたことでアイラインがばっちり映えていますね。これから色々なメイクが楽しめること間違いナシ!

多少メイクによって見比べにくい点がありますが、手術直後の二重幅と見比べても、ほぼ変化がありません。やはり手術直後に腫れが出なかったということ。ダウンタイムの症状を抑えつつ、仕上がりも抜群という、二重整形に大成功した例ですね。

ビューティー編集部より

通常、埋没法のダウンタイムは手術から平均1週間程度。その間に二重が腫れあがる、メイクで隠すのが難しい内出血が出る…などよく聞く症状がいくつかあります。

今回ご紹介した経過レポートでは、その症状がほとんど出ない人のパターンでした。ダウンタイムの症状の出方に差がでる理由は、手術を執刀した医師の技術力の違いです。この方は、腕の良い医師に二重手術をしてもらえたのでしょう!

技術の無い医師、経験のない医師などによって不適切な手術を受けた場合には、ダウンタイムとは別の症状が出てくることも。医師選びは慎重に行ってくださいね。

埋没法の失敗例と
対処法をチェックする

キレイな二重を作りたい人は、誰もが良い医師を探しているに違いない…と考え、当サイトでは、ビューティー編集部の考えるクリニックの選び方や、医師に教えてもらった「名医の見極め方」を紹介しています。そちらもあわせてご覧ください!

埋没法の経過レポートを
他にも見てみる

サイトマップ