埋没法にまつわる「なぜ?」をまとめて解消

日帰り手術が受けられて、費用も比較的安いとされる二重まぶた埋没法は、多くの女性に人気ですが、だからこそ様々な疑問や不安を抱える人も少なくありません。ここではそんな疑問について、項目別に解説しています。

冷やす

メスを使わない施術である埋没法ですが、それでも施術の後からしばらくの間は腫れてしまうことは少なくありません。その為、腫れの緩和や予防として、まぶたを冷やすことはとても大切なケアの1つです。そこで、施術後どれくらいの期間、まぶたを冷やしておくべきなのか、また、どれくらいの頻度で冷やすのか、どのような方法で冷やせばいいのかなど、二重まぶた埋没法の施術後の腫れを軽減する為に、最初に確認しておきましょう。

お酒

二重まぶた埋没法は、目頭や目尻の切開法に比べると、メスを使わず、傷口も大きくありません。しかし、それでも多かれ少なかれ腫れは生じるものとされており、ましてやお酒によって血行が促進されれば、腫れの症状は強くなってしまいます。そこで、美容クリニックで埋没法の施術を受けた後、どれくらいの期間はお酒を控えるべきなのか、またお酒好きの人では麻酔が効きにくいという噂などについて、しっかり把握しておきましょう。

洗顔

埋没法の施術を受けてから、すぐに洗顔を再開していいのかどうか、また洗顔をする際はどのような点に注意すべきかどうかなどは、多くの女性にとってとても気になる内容でしょう。基本的に、埋没法では施術した日から水やぬるま湯によって洗顔をすることが可能ですが、それでも洗い方や、洗顔剤を使用してもいいタイミングなど、気をつけるべきポイントもあります。その為、施術後の洗顔について正しく理解しておくことが大切です。

お風呂

埋没法は、あくまでも針を浸かってまぶたに専用の糸を埋め込むという、比較的安全とされる施術ですが、実際に施術を行った後、熱いお風呂に浸かることで血行が促進されると、まぶたが腫れやすくなったり、場合によっては内出血が発生したりする可能性も高まります。そこで、施術後から入浴を再開できるまでの期間や、入浴方法、入浴時の注意点などについて、適切に確認しておくことは、ダウンタイムを減らす上でも非常に重要です。

頭痛

一般的に、美容クリニックでの二重まぶた埋没法が直接的な原因となって、頭痛が生じることはないとされています。しかし、実際は埋没法の施術後に頭痛や肩こりといった症状を訴える女性もおり、その予防や対策は重要課題です。埋没法に関連して考えられる頭痛の原因は、まず施術後の腫れ、次に眼瞼下垂による自律神経などへの悪影響です。基本的に頭痛は腫れの軽減に合わせて治まりますが、長引く場合は注意しなければなりません。

コンタクト

コンタクトレンズを使用している人が、美容クリニックで二重まぶた埋没法の施術を受けた場合、その施術方法や、使っているコンタクトレンズなどによって、施術後に再びコンタクトレンズを使い始められるタイミングが異なります。どのような埋没法であれば、コンタクトレンズの使用再開までの期間が短くなるのか、またソフトやハードといったレンズの種類による影響なども含め、正しい内容をしっかりと覚えておくことが不可欠です。

サイトマップ