授乳中の埋没法を控えたほうが良い理由

皮膚を切開する必要がないため体への負担が軽いと言われている埋没法ですが、授乳中は控えたほうが良いと言われています。ここでは、なぜ控えたほうが良いのか、どのようなリスクが伴うのかをまとめました。

麻酔薬を使うので避けた方がよい

埋没法は切開法のようにメスを入れる施術ではないので、体への負担が軽く、安全性も高い施術です。しかし、まぶたに糸を通すときに痛みがあるので、施術中は麻酔を使います。主に使用されているのが笑気麻酔と局所麻酔。どちらの麻酔薬も低濃度にして使いますが、わずかな量でも体内に麻酔薬が入ってしまう可能性があります。

母親には悪い影響がなくても、免疫力が弱い赤ちゃんにとってはそうではないかもしれません。リスクを避けるために、授乳中の人には施術を行わないクリニックが多いようです。自分や赤ちゃんにもしものことがあったら…という不安がストレスに繋がると、赤ちゃんへの負担が大きくなります。美容医療は緊急性の高い施術ではないので、授乳を終えてから受けたほうが良いでしょう。

痛み止めや内服薬もあるので避けるほうがよい

埋没法の施術が終わったあとは、まぶたが腫れたり化膿したりするのを防ぐため、痛みを和らげる抗生物質や鎮静剤といった内服薬を服用します。母親が体内に取り入れた薬の成分が母乳に移行するのは、服用した量の1%以下。薬の成分には赤ちゃんの体内に入っても問題ないものもありますが、悪影響を及ぼす成分もあります。

リスクを避けるため、痛み止めや鎮静剤の服用を授乳中は控えたほうが良いでしょう。施術が終わったあと、痛み止めや鎮静剤を服用しないという手もありますが、赤く腫れたり化膿してしまったりすることがあるため、おすすめできません。

授乳中は女性ホルモンのバランスが不安定になりやすいため、体調を崩しやすいと言われています。授乳を終えて落ち着いてから施術を受けたほうが良いでしょう。

赤ちゃんの安全を考えると断乳後がベスト

授乳中でも産後3か月ほど経過していれば、施術を受けられるという見解を述べている医師もいます。その場合、施術前に搾乳を行い、術後24~48時間の断乳が条件です。

麻酔を使う前に搾乳をしていても、術後数日間は痛み止めや鎮静剤を服用するため、母乳を飲む赤ちゃんへのリスクが全くないとは言い切れません。赤ちゃんのためにも、埋没法の施術を受けるのであれば、断乳後がベストです。

サイトマップ