埋没法には頭痛がつきもの?

埋没法の施術が直接的な原因となって頭痛が生じることは、一般的には少ないとされています。しかし、施術後に腫れた場合や、施術によって眼瞼下垂が生じた場合、それらの影響で頭痛が生じる可能性も0でありません。

術後の頭痛は基本的にない

一般的に、二重まぶた埋没法の施術や糸が直接的な原因となって、頭痛や肩こりといった諸症状が生じることは、ほとんどないとされています。

とはいえ、施術の範囲や担当医の技量、術後のケアの不備によっては、頭痛などを感じる女性も存在するようです。また、二重ラインの幅を適切に計算していなかったせいで、術後に眼瞼下垂が生じ、頭痛を感じてしまうケースもあるようです。

その為、事前の予防対策などが肝心といえるでしょう。

頭痛が起きるレアなケース

美容クリニックで受けられる施術に関しては、担当医の感性や技量が非常に重要なポイントになります。ましてや、埋没法はメスを使わないとはいえ、顔の中でも特にデリケートな目の周辺やまぶたに対する施術であり、何よりもまずは信頼の置ける担当医に相談した上で、最初にきちんとシミュレーションを行うことが欠かせません。

例えば、二重ラインを必要以上に広げてしまうと、まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂の症状が現れることもあります。眼瞼下垂になると、視界が遮られ、自律神経などに不調が生じて、やがて頭痛が生じることもあるでしょう。

その他、術後のケアを怠れば、まぶたの腫れがひどくなってしまい、結果的に頭痛を感じるかも知れません。

頭痛は腫れと一緒に引くのがほとんど

眼瞼下垂が原因でなければ、頭痛の原因はまず術後の腫れが考えられます。また、外見的には腫れているように見えなくても、まぶたの内側でまだ組織の炎症が起こっている場合、頭痛が長引くかも知れません。

しかし、そのような頭痛は、施術後から時間が経過して、徐々に腫れが治まるにつれて改善していくことが通常です。

もしも、1ヶ月以上も頭痛が持続しているような場合、速やかにクリニックや担当医へ相談するようにして下さい。

サイトマップ