埋没法は妊娠中でも受けられる?

妊娠していても埋没法による二重整形を受けることはできるのでしょうか?このページでは埋没法と妊娠の関係についてまとめています。

妊娠中のストレスは避けるべき

単に技術的な面からいえば、妊娠中であっても埋没法の二重整形を受けることは可能です。しかし、二重整形に限らず妊娠中に美容外科の施術を受けることはおすすめできません。実際に施術はしない美容外科がほとんどでしょう。

一般的にいって、病気の治療と違って美容外科の施術は緊急性を要することはありません。妊娠中は身体的にも精神的にもストレスがかかりますから、そこに緊急性のない美容外科施術を受けることでさらにストレスをかけるべきではありません。

出産して落ち着いてから、ゆっくり施術を検討したほうがよいでしょう。クリニックによって使用する薬剤は違いますので、それが授乳に影響をもたらすかどうかもクリニックに確認してみてください。

施術が妊婦さんに与える影響

妊娠して産休や育休の期間に入ると、人に会う機会も減ります。なので、この期間に美容整形を受けておきたいと考えるのもわかります。メイクする時間も惜しくなる産後に備えておきたいと考える人もいるでしょう。

しかし、妊娠中の美容整形は断られることがほとんどです。授乳中もそうかもしれません。その理由は、麻酔などの薬剤がお腹の赤ちゃんに負担をかける可能性があるからです。

埋没法による二重整形は、切開法などに比べると確かに身体への負担が少ない施術ですが、それでも痛みや腫れは出ます。お母さんの身体にとってストレスになることは、そのまま赤ちゃんにとってもストレスの原因になります。

また、妊娠中や出産後すぐは、ホルモンバランスの変化によって身体にも影響が出ます。傷の治り方も通常時とは変わる可能性があるので、こうした面からも施術は避けたほうが無難でしょう。

できれば授乳期間を過ぎるまで待って、落ち着いてからゆっくり施術を検討することをおすすめします。

サイトマップ