埋没法を検討している方にとって気になるのは「術後どのくらいまぶたが腫れる?」という点でしょう。

そこで今回は埋没法の気になる経過についての解説や、まぶたの腫れを少なくするための方法をまとめて紹介しようと思います。

埋没法も腫れるものの比較的小さい

埋没法はメスを使わず、施術そのものも10~15分程度の短時間で済むため、体への負担が少ないところが特徴です。

ただ、施術では局所麻酔を施した上で医療用の針と糸を使用して上まぶたを留めるため、腫れが起こりやすくなります。

まぶたの腫れはカバーにくいので気になる方も多いと思いますが、極細の針を使用して施術するので痛みや腫れはそれほど大きくありません。腫れは時間の経過とともに落ち着いてくるので安心して施術できるでしょう。

埋没法の腫れの経過

埋没法施術後の腫れの経過について、時系列順にまとめてみました。

腫れの程度には個人差があるので、あくまで参考程度に留めてください。

手術当日

まぶたの腫れは施術直後から始まって時間の経過とともにだんだん増し、場合によっては少々内出血することもあります。

見た目は変化しますが、目はきちんと開くので日常生活に支障はなく、クリニックで処方される薬を飲んでいれば痛みに悩まされることもほぼないでしょう。

2日目

当日よりも腫れが強くなるケースが多く、たいていの人が腫れのピークを迎えます。

腫れがひどくなると保冷剤などでしっかり冷やしたくなるところですが、基本的にまぶたを冷やすのは施術当日のみ。

あまり冷やしすぎるとかえって腫れが引きにくくなるので、2日目以降はたとえ腫れがひどくなってもなるべく冷やさないで安静にしておきましょう。

3日目

人によっては腫れが引いてきますが、まだまだピークが継続する時期です。

ただ、クリニックによっては3日目以降からアイメイクやコンタクトの装着を許可するところもあります。

腫れがあるうちは強めのメイクは控えたほうがよいですが、仕事やプライベートの予定が入っている人はアイラインなどを引けばうまく腫れをごまかせるでしょう。

1週間後

腫れはだいぶ落ち着き、まぶたを閉じても糸の跡が見えにくくなってきます。

内出血が発生した人も、この頃には目立たなくなってきますが、違和感などがある場合はクリニックに相談してみても良いでしょう。

2週間後

ほとんどの人は二重が定着し始め、腫れや内出血も目立たなくなります。

メイクはもちろん、運動や入浴なども普通に行えるので、施術前の生活に戻れます。

1ヶ月後

二重の幅が普通のサイズに戻り、希望のデザインに近づいてきます。

まぶたを閉じても跡が目立つことはなく、自然な状態に仕上がるでしょう。

もし希望するデザインと違っていたり、左右差があったりする場合は、クリニックに申告すれば再手術することが可能です。

術後の腫れ対策

術後の腫れを最小限に抑えるために、自宅でできる対策法を紹介します。

冷やす

保冷剤などを使用してまぶたを冷やす方法です。

まぶたの腫れは炎症から来るものなので、適度に冷やすことによって腫れの悪化をある程度抑えることが可能となります。

施術後、クリニックの方からも患部を冷やすようアドバイスされるはずなので、保冷剤などを使って両目を冷やしましょう。

ただ、直接保冷剤を当てると刺激が強すぎるので、タオルなどにくるんで間接的に冷やすのがポイント。

また、患部を冷やすのは手術当日だけにしましょう。冷やしすぎると血行が悪くなり、回復が遅れる可能性があります。

目を疲れさせるものは長時間使わない

平常時でも、パソコンやスマホなどを長時間使用すると目に疲労が蓄積し、まぶたが腫れぼったくなることがあります。

目を酷使しすぎると目の周りの筋肉がこわばって血行が悪くなり、まぶたの腫れを増長させる原因になります。

特に術後の目はデリケートなので、なるべく目を疲れさせるものを使わないようにしましょう。

仕事などでどうしても使わなければいけないという場合は、適度に目を休めるよう心掛けることが大切です。

枕の位置を高くする

まぶたの腫れは炎症の他に、むくみによって発生することもあります。

起きている間はむくみのもとになる水分や老廃物が下半身に集まるのでさほど影響はありませんが、寝ている間は上半身にも流れやすくなるので、起床時にまぶたの腫れが起こりやすくなります。

そのため、寝る時は枕を心持ち高めにして、頭のほうに水分や老廃物が流れてこないようにすると良いでしょう。

ただ、あまり枕を高くしすぎると首に負担がかかり、血行不良の原因になるので要注意です。

必要以上に触ったりこすったりしない

埋没法を受けた直後は、腫れや違和感などが発生しやすいため、つい気になって触ったりこすったりしてしまいがちです。

必要以上に触れるとまぶたに余計な刺激が加わりますし、手に付着した雑菌が目に入って炎症が悪化することも。

腫れが引くまでは目を触ったりこすったりせず、できるだけ刺激を与えないよう意識することが大切です。

寝ている間に無意識に触ってしまうのが怖いという方はアイマスクの着用がおすすめ。クリニックによってはアイマスクを配布してくれるところもあります。

アイメイク

手術当日や、腫れがピークを迎える2日~3日目くらいまでは原則としてアイメイクは禁じられています。

3日目を過ぎたらアイメイクOKとなりますが、解禁日はクリニックによって異なるので、施術前にあらかじめ尋ねておきましょう。

アイメイクができるようになっても、腫れが残っている間は無理は禁物。なるべくナチュラルメイクを心掛け、まぶたに余計な負担をかけないよう配慮する必要があります。

熱いお風呂、運動、アルコールなど体を温めすぎない

施術直後はまぶたに炎症が起こっているので、熱いお風呂や運動、アルコールなど血行を良くするものはNG。

当日の入浴やシャワーだけで済ませ、激しい運動やアルコールは許可が下りるまで控えるのが無難です。

入浴についてはメイクとともに解禁されるケースが多いですが、運動やアルコールは最低でも1週間程度はお休みしたほうが良いでしょう。

サイトマップ