埋没法と共に行う「脱脂」とは?

上まぶたの脂肪を取り除く「上眼瞼脱脂術」と目の下のふくらみとなっている脂肪を取り除くのが「経結膜脱脂術」です。どちらも厚いまぶたと目の下の脂肪を取り除くことで、スッキリと若々しい目元を作ることが可能です。

ここでは主に埋没法と併せて施術されることの多い上まぶたの脱脂についてご紹介していきます。

上眼瞼脱脂術(上まぶたの脂肪とり)とは?

上眼瞼脱脂術は、まぶたが腫れぼったく見える原因の一つである「脂肪」を取り除く手術です。まぶたの脂肪のせいで腫れぼったい印象になったり二重のラインがはっきりと見えなくなったりしているかたに行われるのが一般的。
一重のかたの場合には埋没法とあわせて行うことでまぶたの重みが減り、埋没法の糸が切れにくくなります。また、目元の印象がすっきりするため、埋没法で作った二重のラインの仕上がりがパッチリとした晴れやかな印象に。
「二重ではあるけれどもまぶたが腫れぼったくて二重ラインがはっきりしない」という方でも、埋没法とこの施術との併用で理想の目元を作れるケースがあります。

こんな悩みの方におすすめ

上眼瞼脱脂術は以下のような悩みを持っている方におすすめの施術です。

まぶたの脂肪を除去することで目元がすっきりとした印象になる上眼瞼脱脂術。実はそれだけではなく、まぶたの脱脂を行うとまぶたの中の圧力が減り、埋没法で留めている糸が切れにくくなるという効果もあるのです。

実際の脱脂では、まぶたを切開して脂肪を取り出す方法や小さな穴を開けて脂肪を吸い出す方法など、いくつか異なる施術法が存在。病院によって使用される技法は変わりますが、どの方法でも二重のラインを利用して脂肪を除去するのは変わらないため、術後の傷跡が目立ちにくく、腫れや痛みもほとんどありません。二重施術と合わせて行うケースもありますが、上眼瞼脱脂術だけで二重になることもあります。

脱脂の施術方法

まぶたの脱脂術は、埋没法や切開法による二重治療を行う場合に、脱脂を行った方がより理想の目元に近づくと判断されると医師からすすめられます。組み合わせて行うことが可能なため、同時に二重整形と脱脂術を受ける方も多いようです。

まぶたの脂肪を除去することで目元がすっきりとした印象になる上眼瞼脱脂術。実はそれだけではなく、まぶたの脱脂を行うとまぶたの中の圧力が減り、埋没法で留めている糸が切れにくくなるという効果もあるのです。

実際の脱脂では、まぶたを切開して脂肪を取り出す方法や小さな穴を開けて脂肪を吸い出す方法など、いくつか異なる施術法が存在。病院によって使用される技法は変わりますが、どの方法でも二重のラインを利用して脂肪を除去するのは変わらないため、術後の傷跡が目立ちにくく、腫れや痛みもほとんどありません。二重施術と合わせて行うケースもありますが、上眼瞼脱脂術だけで二重になることも。

ここでは脱脂術の施術の流れを、施術法ごとに紹介します。

切開法による施術方法

  1. カウンセリングを行い、希望と目の上の状態を確認します。
  2. 上まぶたの一部を切開。二重のかたの場合は二重のラインに沿って切開します
  3. 切開口から奥の脂肪を取り出し脂肪除去します。

吸引による施術方法

  1. カウンセリングを行い、ご希望と目の上を確認します。
  2. 上まぶたに約1〜2mmの穴を開けます。二重の場合は二重のライン上に穴を開けます。
  3. 開けた穴からから脂肪を吸引し、脂肪除去します。

施術の注意事項

脱脂術を受ける前に知っておきたい基礎知識をまとめています。

施術時間

脱脂術の施術にかかる時間は10~30分程度。埋没法との併用なのか、単独の施術なのかによって時間は変わります。

傷跡

二重のラインに沿って行うので、適切に施術が行われれば傷跡は目立ちません。

ダウンタイム

腫れやむくみ・内出血が出るのが脱脂術のダウンタイム。個人差がありますが、ほとんどの方は1~2週間ほどで落ち着きます。

麻酔

局所麻酔を行ないます。

通院

抜糸は施術からおおよそ1週間後。通院の要らない吸収糸を使用しているクリニックもあります。

入浴・シャワー

洗顔やシャワーは患部を濡らさなければ当日から可能。入浴は抜糸後から可能になります。

メイク

手術部位へのお化粧(アイメイク)は抜糸(5~7日後)の翌日から可能です。

脱脂のメリット

まぶたを脱脂することによってスッキリとした目元を演出でき、埋没法を同時に行った場合には糸の固定がゆるみにくくなります。また、脱脂術は二重埋没法・切開法・目の上のたるみ取りなどの整形とと合わせて実施することが可能。二重整形と脱脂術を同時に行った場合は切開線が二重ラインに重なるので傷跡が目立ちにくくなります。バラバラに行う場合と比べて、新たな切開部を増やすことなく施術できるのがメリットです。

脱脂のリスク

脱脂施術を行なうと左右の二重幅に違いが出る場合やラインが乱れる場合があります。また、施術後は腫れや内出血がともなう場合もあり、デリケートな目元には負担がかかる施術です。
施術後にまぶたに違和感を感じたりまぶたの開閉が悪くなったりといったケースも報告されています。脱脂施術は症例数を重ねた腕の良い医師に行ってもらうのが良いでしょう。

脱脂した人の体験談

脱脂プラス埋没法をしました

重ったるい一重に悩んでいたので相談したところ、埋没法で二重にするのと同時に上まぶたの脱脂をすすめられたのでそのまま施術。手術では左側だけ脂肪除去にやけに時間がかかり、術後には左目に違和感も感じました。手術後に鏡を見ると、左目だけ腫れと内出血がひどく、今後どうなってしまうのかとても不安に…。
手術をしてくれた先生からは「しっかり冷やしておけば時間とともに腫れは引いていく」と言われ、内出血を早く吸収させるという軟膏と漢方薬を処方されました。
2週間ほどかけて徐々に腫れは引いていきましたが、綺麗に落ち着いている右目との差はいまだに気になってしまいます。「埋没法の副作用ではなく、切開して行う脱脂による腫れと内出血」との説明を受けました。右目は、もったりしていたまぶたがスッキリとしていて二重のラインも自然にはっきりと見えているので、早く左側も落ち着いてくれるといいなと思っています。

かわいい目になれました!

腫れぼったい一重まぶたで、二重ノリやテープを使ってもまぶたの重さで不自然になってしまうのがずっと悩みでした。特に朝はむくみがひどく、人と会うのが苦痛なほど。
「悩んでいても変わらない!」と自分に言い聞かせ、美容外科や病院のHPで調べてカウンセリングを受けてみることにしました。そこですすめられたのが埋没法と上まぶたの脱脂との同時施術です。
埋没法は何となくイメージできていましたが、「脱脂って何?」と最初は不安に思っていました。しかし、担当のお医者さんが丁寧に説明してくれたので、納得して、施術を受けることを決意。
手術はあっという間に終わり、ほとんど腫れもなく、痛みも感じません。目元がすっきりして、毎日のメイク時間が大幅に短くなりました。

憧れの上向きまつ毛に

私は自分の一重まぶた自体ははそれほど嫌いではありませんでした。が、まぶたが重くかぶさってくるせいで自まつ毛がほとんど見えなくなっていて、つけまつ毛をしてもきれいに上向きのまつ毛にならないのにはいつもイライラ。アイプチなどで二重にしても、奥二重のようになるだけでまつ毛は短く下向きのままです。
そんな私は、毎日のアイプチでまぶたが炎症を起こしてしまったことをきっかけに埋没法をやってみようと決意。クリニックに相談にいくと、まつ毛の悩みも一緒に解決できるようにと脱脂を合わせて勧められました。施術を受けてみて、自分のまつ毛が自然な上向きに現れたことに感動しました。「私のまつ毛にはこんなに長さがあったんだ」と自分でもびっくりしています。

サイトマップ