埋没法の値段はクリニックによって違う

クリニックによって違う、二重埋没法の値段とその理由についてまとめています。

1万円以下で受けられることも?!埋没法の相場は?

二重埋没法は、メスを使用せずダウンタイムが短いため、プチ整形として需要が高い施術。この埋没法は、糸の留める点の数によってそれぞれ料金が異なります。最も一般的な2点留め・3点留めの埋没法の相場は7万円前後ですが、クリニックによっては5,000円以下で施術可能なところもあります。

手術方法や麻酔の有無で変わる埋没法の値段

安いクリニックで5,000円以下、高いところでは30万円を超える埋没法の施術。需要があるため選択肢も多く、一般的な値段よりも費用が高いクリニックは「糸が目立ちにくい」「元に戻りにくい」など、高度で質の高い施術を受けることができるとされています。そのほか、埋没法の値段は「腫れにくい」「麻酔の有無」「保証期間の有無」「施術の難易度」「使用する器具(糸や針)の差」によっても変わってきます。

お得に受けられる「モニター価格」

美容整形は「モニターになると安く受けることができる」とよく聞きます。実際はどのようなことをするのでしょうか?

モニターとは

モニターとは、クリニックの症例モニターとして通常より安い値段で施術を受けることができる制度です。

「治療を受けたいけど一歩踏み出せない」というたくさんの方々が、悩みを解消した広告や症例写真などを見ることで、施術を受けようと踏み出す後押しとなります。美容に悩む方々のために協力した対価としてお得に施術を受けられますが、その内容は施術部位の写真撮影のほか、インタビューや動画撮影などクリニックによって様々です。

モニターは何をするの?

モニターは匿名での対応となり、施術の内容は一般価格で受ける方と変わらない高水準のものを受けることができます。しかし、施術を検討されている方々のモデルとなるため、写真撮影は必須。顔全体を撮影するのか、目元だけ撮影するのかはクリニックによって違ってきますので、モニター希望の場合は事前に確認した方がよさそうです。

そのほか、施術前のお悩みや施術中の経験、施術後などのインタビューなどもあるのが一般的です。モニターに興味がある場合は、募集しているクリニックが、どのような広告をしているのか事前にチェックしておきましょう。

安いのには理由がある?その理由は何かをチェック!

美容整形で気になるのはやっぱりその価格。比較的リーズナブルな埋没法ですが、安いクリニックにはどのような理由があるのでしょうか?

コストを最小限に抑えている

埋没法がリーズナブルなのは、使用する医療器具(麻酔の注射や針)、まぶたを留める糸などのコストを抑えていること。または、2点留めではなく1点留めの施術を提供することが理由として挙げられます。

さらに、人件費の高い医師がカウンセリングを行うのではなく専属のカウンセラーがカウンセリングを行ったり、施術を新人の医師が行うことでコストを抑えて施術費用を安く提供しているクリニックもあります。そのため、カウンセリングとちがう施術をされた、希望通りの二重にならなかった、すぐに一重に戻ってしまった、などのリスクも考えられます。

広告費を抑えている

美容医療の広告費は、全体の総売り上げの30%にものぼると言われています。そのため、この広告費のコストを抑えれば3割安く施術を受けることが出来るということです。

また、注意したいのが、「料金を安く見せているケース」もあるということ。二重整形では、そのニーズから埋没の糸の種類や麻酔、保証の有無などその料金プランは様々です。そのため、「二重整形○○円(税込)」と記載されていても、追加料金が発生したり、まぶたの状態によっては、希望のプランを受けることができない場合もあるので注意が必要です。

サイトマップ