埋没法(一点留め)のメリット・デメリット

埋没法における一点留めは、まぶたに通した糸を一か所だけ結び二重まぶたを作る術式です。この施術はどのような人におすすめなのでしょうか。ここでは、一点留めのメリットやデメリット、二点や三点留めとの違いなどを紹介しています。

埋没法一点留めはどんな人におすすめ?

二重まぶた埋没法における一点留めは、以下のような人におすすめです。

一点留めのメリット

一点留めのメリットは、以下の通りです。

それぞれの特徴について、詳しく確認していきましょう。

気軽に施術が受けられる

埋没法の一点留めはとても簡易的な施術であることから、失敗することがほぼありません。ただ、一点留めはまぶたに負担をかけてしまうため、複数個所を留める方法よりも二重の持続期間は短くなってしまいます。

この取れやすいという特徴は、時にメリットにもなるでしょう。術後に「思ったほど二重が似合わない」と感じた場合や「二重幅を変えたい」と思った場合は、複数個所を留める方法よりも取り外しややり直しがしやすいのです。

そのため、埋没法が初めての人や、試しに埋没法を受けてみたいという人にとって気軽に行える施術と言えます。

短時間で施術が終わる

埋没法は糸を留める箇所が多ければ多いほど、施術にかかる時間も長くなります。三点留めの場合施術にかかる時間は15~20分程度ですが、一点留めは5~10分程度で終わります。

あっという間に完了するため、学校終わりや仕事の後などのちょっとした時間を使って受けられるのも魅力です。

ほかの施術よりも低価格

施術時間と同様に、埋没法は糸を留める箇所が多いほど料金も高くなります。実際に、二点留めを受ける際の料金相場は40,000円~150,000円くらいですが、一点留めは7,000円~70,000円くらいで受けられるのです。中には10,000円を切るクリニックも存在します。

二重まぶた埋没法の一点留めは、あらゆる二重整形の中で最も安く受けられる施術です。

ダウンタイムが少ない

1点しかとめないからといって腫れないわけではありませんが、ほかの施術と比べてダウンタイムははるかに少ないです。二点留めや三点留めのダウンタイムは1週間程度ですが、一点留めは2~3日程度しか、かかりません。

しかも、もともと傷が治りやすい人や腕の良い医師のもとで施術を受けた人の中には、「全然腫れなかった」というケースも存在します。

一点留めのデメリット・リスク

一点留めにはたくさんのメリットがありますが、以下のようなデメリットやリスクも存在します。

メリットと同時にデメリットも確認しておくことで、自分に適しているかを知ることが可能です。

糸が取れやすい

一点留めにおいて糸の取れやすさは、試しに埋没法を受けた人にとってはメリットになりますが、なるべく長く二重を持続したい人にとってはデメリットとなってしまいます。

複数箇所を留める埋没法と比較して一点留めは取れやすく、早い人は半年から1年で取れてしまったという人もいるくらいです。特にまぶたの厚い人や二重幅の広いデザインを作った人は、自然な二重にした人よりも早く取れてしまいます。

デザインの自由度が低い

一点留めは、1つの結び目で二重まぶたをデザインします。そのため、無理やりな二重幅のデザインや平行二重を作るのには適していません。

仮に好きなデザインを実現できたとしてもすぐに取れてしまうため、そもそも自然な二重を作るメニューしか扱っていないクリニックもあります。失敗しないためにも、カウンセリング時に希望する二重が作れるかを医師へ相談しておきましょう。

保証がない

一点留めはリーズナブルで手軽にできる反面、保証を設けていないクリニックがほとんどです。中には1年以内に糸が取れた時に、同一幅でのやり直しができる所もありますが、それが可能なクリニックは限られています。

一般的には一点留めで糸が取れてしまった場合、初回と同じ料金を支払ってやり直すため、かえって損してしまう可能性があることも念頭に置いておかなければなりません。

まぶたの性質・希望デザインによっては一点留めが受けられないこともある

短時間の施術ですみ、費用も抑えられるなどメリットの多い一点留めですが、まぶたの性質や希望するデザインによっては一点留めが適さないこともあります。一点留めは1本の糸を用いて二重をつくる施術方法ですが、まぶたが元に戻ろうとする力が強い場合は適していません。

まぶたの皮膚が厚い・脂肪が多い場合

まぶたの皮膚が厚かったり脂肪の量が多い場合は、まぶたが自然に戻ろうとする力が強いため、一点留めではしっかりと固定できずにすぐに取れてしまう場合があります。そのためまぶたが厚い人には一点留めではなく、二点留めや三点留めを勧められることがあります。

希望する二重のデザインの幅が広い場合

幅の広い二重はとても魅力的なデザインですが、幅が広いということは皮膚の厚みも増している状態です。そのため一点留めではうまく固定できず、二点留めや三点留めが適していることもあります。

まぶたが薄い・狭い二重幅を希望する場合は、一点留めが適応する可能性あり

もともとまぶたの皮膚が薄い人や、希望する二重のデザインの幅が狭い場合は、一点留めの施術を受けられる可能性があります。ただし、埋没法は患者さんのまぶたの状態によって適した施術方法が異なります。必ずしも希望すれば一点留めが受けられるというわけではないことを理解しておきましょう。

二点・三点留めとの違い

一点留めにおける二点留めや三点留めとの違いには、以下のようなものが挙げられます。

一点留めは、まぶたが薄い人や平均的な厚みの人に適しています。まぶたが厚い人の場合、一点留めではすぐに取れてしまうので、複数箇所を留める二点留めや三点留めが適しているでしょう。

また、まぶたを留める箇所が多いほどダウンタイムも長くなり、腫れや赤みが目立ちやすいです。さらに、一点留めは自然な二重を作るのに有効ですが、平行二重や幅の広い二重を作るのには向いていません。そのため、二点留めや三点留めの方が、デザインの自由度は高いです。

一点留めを受けた人の体験談

施術当日

カウンセリング時に、埋没法は短期間で取れてしまう可能性が高いと説明がありましたが、いきなり三点留めにして不自然な二重になったら嫌だと感じ、お試し感覚で一点留めを受けました。

料金は15,000円支払っておつりが来るくらいリーズナブルで、体験にはちょうど良いと思いました。また、3か月の保証が付いているので、万が一取れてしまっても保証期間内なら無料で直してもらえると教えてもらいました。

まぶたの状態はというと、施術後すぐは少し赤みや腫れがありましたが、2~3時間後には赤みが消えており違和感もなかったです。

2日後

赤みはないものの、腫れがやや目立ちました。目を開いていれば腫れているようには見えないため、なるべく早く治るよう冷やしたり処方された炎症止めを飲んだりして過ごしました。

ダウンタイムを見越して仕事は休みを入れていたのでメイクはしませんでしたが、軽くメイクをすれば仕事や学校がある人でも周囲にバレることは無いと思います。

5日後

完全に腫れやむくみも引いて、きれいな二重まぶたが完成しました。とても自然な二重に仕上がったため、取れてしまうのがもったいないと思い、擦ったりせずなるべく長持ちできるよう意識して生活していました。

半年

依然として二重の形は変わりませんが、最初の頃と比べてやや二重のラインが薄くなってきたような気がしました。早い人は数か月で糸が取れてしまうと聞いていたので心配しましたが、私の場合はもう少し持ってくれました。

11か月後

遂に糸が取れてしまい、二重幅やラインも元に戻りました。糸が取れた原因の1つとして、施術後と比べて体重が数キロ増えたことが考えられます。体重が増えたことでまぶたも厚くなり、糸に負担がかかってしまったようです。擦ったり負担をかけなければ、もう少し長持ちしたかもしれません。

埋没法の仕上がりが分かったので、今度は三点留めでもっと持続時間の長い二重まぶたを実現しようかと考え中です。

サイトマップ