埋没法の種類と違い

今ある二重手術の中で特にポピュラーな手術が埋没法です。埋没法はメスを使わず、短時間でできる手術で低料金という手軽さが人気です。埋没法を導入するクリニックも非常に増えてきています。

埋没法にも種類があり、糸を通す場所や糸を結ぶ数の違いでも内容が変わります。手術時間は10~15分程度で終わるのがほとんどですが、手術を受ける前にどのような違いがあるのか、メリット、デメリットを把握しておきましょう。

糸を通す場所の違い

埋没法には、「瞼板法」と「上眼瞼」、2つの方法があります。大きな違いは、糸を引っ掛ける場所が違う点です。

瞼板法(けんばんほう)

瞼板法とは、上眼瞼の瞼板に糸をかけ二重のラインを作る方法。術後の腫れが少ない、術後に眼瞼下垂になる心配がない、経験の浅い医師でも手術できる、抜糸しやすいなどのメリットがあります。ただし、術後にまぶたの裏に糸が出るケースが懸念されます。

まぶたの厚い人は糸がとれやすいので、まぶたが薄い人向きの手術と言えそうです。

挙筋法(きょきんほう)

挙筋法とは、開眼を行う上眼瞼挙筋に糸をかけ、二重のラインを作る方法。瞼板法のように瞼板には糸を通さないので、眼球側に糸が出るリスクがないと言われています。しかし、筋肉に糸を結びつけるため、将来的に眼瞼下垂が起きる可能性があるとも言われています。

しっかりと結ぶため糸がとれにくく、まぶたが厚い人や幅広二重を希望する人におすすめの方法です。

糸を結ぶ数の違い

瞼板と挙筋で糸を通す場所が2パターンありますが、それに加えて結び目の2点留め、3点留め、4点留め…と違いがあります。例えば瞼板法の2点留め、挙筋法の3点留めといった具合です。

留める数は、まぶたの厚さが薄いほど少なく済みます。逆に、まぶたが重たいほど糸の力が必要となるため、留める糸の数が多くなります。まぶたの厚さと脂肪の量を考え、1点留め、2点留め、4点留め、6点留めなどと自分に合った数を考えると良いでしょう。現在主流なのは2~3点留めです。

複数の点で留めた方が二重は長持ちしやすいと考えられていますが、留める点数が増えれば体への負担も増えます。留める数は慎重に考えましょう。

また、糸を「点」で留めるのではなく、「線」で二重を作る手術も人気です。糸が出てしまう・結び目が目立つなどのデメリットがなく、眼球が傷つくこともありません。ライン状に糸をかけるため簡単には外れず、さらに、癒着の心配がないから修正も可能です。

糸を結ぶ場所の違い

糸で留める場合、結び目を必ず作ります。
その結び目の位置が皮膚側の場合、結膜側よりも持続性があり、抜糸を比較的行いやすいメリットがあります。しかし、目を閉じた時に糸が目立ちやすくなったり、二重が弱かったり、とれやすくなるというデメリットもあります。

一方、結膜側の場合、手術後に糸のふくらみが出ることはなく、年月が経てば結膜内に糸が食い込み、見えなくなるメリットがありますが、結膜に炎症を起こしやすく、目ヤニが出るようになったり、異物感を生じたり、肉芽を形成することもあります。また、抜糸をすることが難しい場合が多いというデメリットもあります。

なお、皮膚側であっても結膜側であっても、手術後の内出血や痛みの起きやすさは変わりありません。

「〇点留め」とは使う糸の本数を表している

基本的に、埋没法で「〇点留め」とは、使う糸の本数を表しているものです。たとえば三点留めであれば、3本の糸を使用してまぶたの裏を留めるということ。

しかしクリニックによっては、“1本の糸を使用して3ヵ所の結び目をつくること”を三点留めと呼んでいることもあります。埋没法は自由診療ですから、施術名や内容、料金はクリニックがそれぞれ自由に設定しています。そのため同じ「三点留め」でも、“3本の糸を使用して3ヵ所で留めている“場合と”1本の糸を使用して3カ所の結び目をつくっている“場合があるため注意が必要です。

また、「〇点留め」を“皮膚に針を通す回数”で表している場合もあります。1本の糸を使用していても、皮膚に2回針を通せば二点留めと表すなど、ややこしく感じてしまうかもしれません。

「留める数が多い=強固で長持ち」とは限らない

ただ、使う糸の本数が多ければより強力であるとか、結び目がたくさんあれば長持ちするかというと、そうとも限りません。「〇点留め」の数が多い方が強力なイメージがありますが、結局のところは患者さん一人ひとりのまぶたの状態や希望に合った方法がベストですし、技術力を持った医師が施術をおこなうことの方が大切です。

あなたにぴったりの埋没法とは?


埋没法はメスを使わない手術なので、切開法に比べてダウンタイムが少ない、安全というイメージがありますが、糸がまぶたの裏側から露出して目がゴロゴロしたり、糸がとれてきたりというトラブルも、少なくありません。

理想の二重にならなかった場合は作り直すことができますが、手術を繰り返すとまぶたに負担をかけることになるので、腕の良い医師を選ぶというのは大前提です。

埋没法以外の二重整形の種類

理想の目元をとことん追求する場合、まぶたの厚さや目元の形によっては、埋没法以外の施術を提案されるケースもありますので、あらかじめ知っておきましょう。

脱脂法(まぶたの脂肪取り)

脱脂法は、脂肪などで厚くなったまぶたの脂肪や皮膚を切除する手術です。埋没法や切開法をより美しく仕上げるために行われるもので、脱脂法+埋没法、脱脂法+切開法といった具合に、組み合わせて施術を行います。

手術の方法は、数ミリの穴をあけて、そこから脂肪を取り出すというものです。手術時間は大体30~40分、数日後に抜糸を行います。

二重切開法

切開法は、皮膚にメスを入れて二重のラインを作る手術です。幅の広い二重を望む人や、まぶたが厚い人に向けた全切開法と、埋没法をやっても一重に戻ってしまう人に向けた部分切開法があります。

希望したラインに沿って切開するので、くっきりした二重を作ることができます。その反面、メスを入れるので腫れが強い、抜糸が必要、失敗した時に元に戻せない、費用が高額といったリスクがあります。

サイトマップ