まぶたの形による向き不向き

埋没法では、様々なタイプの二重を作ることができます。しかし、作れる二重と似合う二重は別物。あなたに一番似合う理想幅を見つけるために、まずは二重の形について知っておきましょう。

一重まぶたの場合

平たい一重の人

まぶたに脂肪がなく、すっきりしていて、「切れ長の目」と言われるように、目尻がスッと長く切れていて目の幅が長い、クールな印象の目に見えるのが特徴です。末広型の幅広い二重が作りやすいため、幅広二重を目指す人が多い傾向です。

平たい一重に向いている治療は?

平たい一重ということは、まぶたの上の脂肪が少なく、筋がつきやすいということです。アイプチやアイテープなどでもクセがつきやすく、埋没法を用いても皮膚を持ち上げやすいため、幅が広い二重が作りやすい一重です。埋没法の瞼板法、挙筋法どちらでも向いており、糸を留める数も少ない数で済みます。

平たい一重は術後にこんな症状が出るかも!

薄いまぶたの人は二重が長持ちしやすいと言われていますが、術後の腫れにより、三重になる場合もあります。また、もともとの希望のラインより上にラインがあった場合にも三重になるケースがあるようです。

脂肪が多い重ため一重の人

重たい一重とは、 まぶたについた脂肪が多いため、まぶたが厚ぼったく腫れているような状態のことを言い、重い一重の人もいれば、薄いくぼみがあるような一重の人もいます。埋没法なら奥二重、末広二重を目指す人が多いようです。

重ため一重に向いている治療は?

重い一重の人は皮膚が厚いケースが多く、「眼輪筋」という目を開けたり閉じたりするときに使う筋肉にしっかりと糸を結ぶ挙筋法がおすすめです。まぶたの脂肪を減らす手術を行うと同時に二重の手術をすると早く二重になれますが、埋没法のみであれば糸を留める数を増やして、奥二重から末長二重を目指していくのが良いでしょう。

重ため一重は術後にこんな症状が出るかも!

重たい一重ほどまぶたを持ち上げる力が必要なため、薄い一重よりも糸を留める数が多めになるうえ、糸が取れないように強く留めることになります。ダウンタイムの症状が出やすく、術後に腫れが強く出る傾向があります。

日によって二重になる一重の人

脂肪やむくみが原因となり、二重の線が隠れてしまったために一重になっている「隠れ二重」であり、本来は二重です。埋没法でラインをきちんと出して、くっきりとした幅広の平行二重を希望する人が多いようです。

日によって二重になる一重に向いている治療は?

体重の増加にともなってまぶたに脂肪がついたことが原因であるケースが多く、脂肪やむくみを減らすことで二重になることが可能です。脂肪が多い場合はまぶたの脂肪取りを行った後、埋没法を行うことで糸を留める数を減らせることができ、希望のラインになるでしょう。脂肪取りを行わない場合は、糸を留める数を増やすことでくっきり二重を作ることができます。

日によって二重になる一重は術後にこんな症状が出るかも!

脂肪取りの手術とセットで行った場合は、それだけダウンタイムの期間が長くなり、腫れなどの症状も現れやすいでしょう。しかし、脂肪がなくなれば重たい人より綺麗に二重を作りやすく、長持ちしやすい状態になります。

もともと二重まぶたの場合

奥二重の人

一重よりも目が丸く、大きく見えますが、二重のラインの幅が狭いため、二重効果は少なめです。奥二重だと目が小さく見えてしまうことがあり、奥二重をもっとはっきり、くっきりとさせるために埋没法を受ける人もいます。

奥二重に向いている治療は?

奥二重は、まぶたに脂肪がついているせいで二重が隠れてしまい、一重に見えてしまうケースが多くあります。脂肪がついている奥二重の場合は、切開法がすすめられることが多いのですが、脂肪取りを行うことで埋没法も可能です。まぶたが薄くなれば二重のラインも出やすくなるので、くっきりした二重が手に入ります。

奥二重は術後にこんな症状が出るかも!

脂肪取りと埋没法をセットで行った場合は、その分ダウンタイムの症状が出やすくなります。また埋没法のみの場合でも、糸を留める数が多いうえ、しっかりと結ぶ必要があり、腫れの症状が出やすいでしょう。

末広型の二重の人

目頭から目尻に向けて二重の幅が広がるタイプで、日本人の二重に多く見られます。ナチュラルな目元で老若男女誰からも愛される二重まぶたですが、より華やかな平行型の二重にしたいと希望する人が多いようです。

末広型の二重に向いている治療は?

蒙古襞がある場合は埋没法で平行二重にすることは難しいと言われており、手術を行うにしても、埋没法ではなく切開法を勧めるクリニックが多いようです。しかし、高い技術を持つクリニックであれば埋没法でも糸を留める数などで調整することができます。ただし、人によっては目頭切開が必要な場合もあります。

末広型の二重は術後にこんな症状が出るかも!

糸を留める数が多いほどダウンタイムの症状が出やすくなりますが、目頭切開を行ったかによってもダウンタイムの症状の重さが変わります。また、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作った場合も平行型になりますが、埋没法では元に戻りやすくなります。

平行型の二重の人

目頭から目尻まで二重の幅が同じタイプで、より存在感のある二重まぶたです。ぱっちりと目が開き、すっきりとした目元になります。自然と目が大きく見えて華やかな印象を与えますが、さらに目を大きく見せたい人は、二重の幅を広くする手術を考えるようです。

平行型の二重に向いている治療は?

埋没法でも幅の広い平行二重の形をつくることはできますが、部分切開法や全切開法の方が向いていることがあります。 埋没法で施術を行う場合は蒙古襞の処理が問題となり、それ次第で二重の仕上がりが左右されます。特殊な糸と技術で平行二重の埋没法を行っているクリニックもあるので、そのようなクリニックを選択するのも良いでしょう。

平行型の二重は術後にこんな症状が出るかも!

埋没法で幅の広い平行型二重を作ると、数ヶ月のスパンでだんだんと留めた糸が緩んできたり、二重の幅が狭くなったり、二重のラインが弱くなって来てラインがはっきりしない状態になり、元に戻ってしまう傾向があります。

パッチリ二重の人

黒目を90%~100%露出させた状態で、くりっとしたフランス人形のような目です。もともと大きなパッチリ目ではあるものの、目力をもっと強くしたいと、目を開ける力を強くする相談が多いそうです。

パッチリ二重に向いている治療は?

糸が取れないように、二重全体にしっかりと固定できる埋没法での3点留め以上か、切開法が向いています。ただし、目を開ける力が弱い場合、眼瞼下垂手術と併用する場合があります。極端に二重の幅を広げることで、目元全体の黒目の占める割合が減ってしまうと、目がかえって小さく見えてしまうことがあるので注意が必要です。

パッチリ二重は術後にこんな症状が出るかも!

留める糸が多くなることから、腫れが強く出たり、ダウンタイムが長くなったりする場合があります。また、術後は目の開きが手術前以上に大きくなるため、眼球の乾燥感(ドライアイ)が出てきてしまう可能性があります。

あなたにぴったりの埋没法とは?

平行型の二重が
似合うとは限らない

美容整形外科では必ず手術の前にカウンセリングをします。単に二重まぶたにしたいと言っても、似合う二重の形は人それぞれだからです。切開法のように元に戻すのが困難な手術になるほど、カウンセリングは慎重になります。

例えば蒙古襞のある人が平行型の二重にすると、幅が広すぎたり厚ぼったくなったりして不自然な仕上がりになりがちです。だからと言って蒙古襞を取ってしまう(目頭切開する)と、その分だけ目と目の間が狭くなるので人によっては寄り目に見えてしまいます。逆に蒙古襞がない人は末広型にできず平行型にしかできません。

さらにメイクの濃淡によっても最適な二重の幅やデザインは変わります。ノーメイクで自然な二重に見せるなら1~2㎜くらいの幅が理想です。逆に目元を強調するなら幅広の方がガッツリとメイクを盛れます。ただし、どんなに広げても5㎜が限界です。

このようにまぶたの状態や、蒙古襞の有無、もとの顔立ちによって、似合うまぶたのタイプは異なります。最近はコンピューターのシミュレーションである程度の仕上がりが予想できます。人気の目元やメイクには流行り廃りがあります。戻すための抜糸にも費用が発生するため、手術の前には十分に検討するのが大切です。

どんな二重が似合うか、医師に判断を仰ごう

自分に似合う自然な二重はどのタイプか、第三者的な立場で判断してくれるのが「美容外科のドクター」です。

これまで何千、何万件と埋没法をしてきた経験を基に、まぶたの形から「自然に見える、理想的なスタイル」を提案してくれるでしょう。もちろん、その意見を蹴って自分のなりたい二重を押し通すこともできますが、無理やり幅広二重を作った方は失敗談を投稿することが多いのが現実です。

カウンセリングの際、こちらの意見ばかりを採用するドクターに任せるのはあまりオススメしません。ドクターの意見と患者の意見をすり合わせ、最適な着地点を見つけてくれるのが、一番良いクリニックであると私は考えています。

まずはカウンセリングを訪れ、コンピューターや実際の目元で二重幅のシミュレーションを受けること。ドクターときちんと相談して二重幅を決めること。これが、理想幅の二重を作る最善策です。

サイトマップ