このサイトは 「アーティスクリニック」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

埋没法施術後のダウンタイムの過ごし方

埋没法の施術を受けた後には、まぶたの腫れがなかなかひかない場合もあるかもしれません。そのような状況を防ぐためにも、腫れを長引かせない過ごし方についてあらかじめ知っておくことが大切です。ぜひこちらの記事を参考にして、ダウンタウンタイムを乗り切りましょう。

埋没法後の腫れを長引かせない過ごし方

埋没法の施術を受けた際には、できる限り腫れが抑えられるように注意して過ごすことが大切です。特にまぶたは目立つパーツであるため、腫れがひかない場合は日常生活に支障が出る可能性も考えられます。

どのように過ごしていけば良いのかをあらかじめチェックしておけば、実際に施術を受けた際に役立ちます。ぜひ、ここで紹介する方法を参考にしてみてください。

まぶたを冷やす

まず、保冷剤などを使用してまぶたを冷やすことによって腫れを抑えるようにします。まぶたを冷却すると、その部分の血管が収縮します。血行が良くなりすぎるのを防げるため、腫れの軽減につなげられます。

保冷剤を使用する場合には、直接まぶたに当てるのではなく、タオルや布で包んでから当てるようにしてください。もし保冷剤をそのまままぶたに当ててしまうと凍傷になる可能性も考えられます。さらに、冷やしすぎてしまうとまぶたの血行が悪くなりすぎる可能性があります。施術で受けたダメージの修復に時間がかかってしまう可能性もあるため、注意しながら冷やすようにしましょう。

枕を高くする

寝るときにいつもより枕を高くするのもポイントのひとつです。これは、就寝中に頭に血液が多く集まってしまうのを防ぎ、まぶたに回ってくる血液量を抑えることで、腫れを長引かせないという効果が期待できます。枕を重ねる・タオルを重ねるなど枕を高くすることが重要になってきます。

また、就寝時以外にはなるべく横にならずに座って過ごしたり、スマートフォンの操作など、長時間下を向くような作業を避けることによって、頭に血が回りすぎるのを防ぐことにつなげられます。

目をこすらない

まぶたが腫れているのは、その部分で炎症が起きていることを示しています。この状態は、通常時よりも刺激に弱い状態であるといえますので、こすって刺激を与えてしまうと、腫れが長引きやすくなります。意外と盲点なのが、洗顔時です。十分注意しながら、こすらないように優しく洗うようにしましょう。

また、まぶたをこすってしまうと糸がとれてしまうリスクもあるので、目をこすらないように十分注意してください。

長湯や激しい運動を避ける

まぶたの腫れが落ち着くまでの間は、長湯や激しい運動を避けることもポイントです。多くの場合、施術を受けた数日は避けるように指示されますが、まぶたの状態が落ち着くまでは注意する必要があります。

もし目立った腫れがない場合でも、激しい運動や長湯をすることによってまぶたの血流が良くなり、後から腫れが出てくる可能性もゼロではありません。施術後、しばらくの間は軽めの入浴やシャワーで済ますのがおすすめです。

塩分を摂りすぎない

塩分の過剰摂取をすると顔がむくみやすくなってしまうので、注意が必要です。もしむくんでしまった場合には腫れが長引きやすくなるので、できる限り避けるようにしてください。

また、塩分に含まれているナトリウムの排出をスムーズにするために、バナナやにんじん、ほうれん草、アボカドといったカリウムが多く含まれる食品を摂取することもおすすめです。

UV対策をする

施術後のまぶたは刺激を受けやすい状態となっているため、UV対策をしっかりと行ってください。ダウンタイムの症状が出ている間は日焼け止めを使用するのではなく、つばの広い帽子を用いたり、日傘、サングラスなどを使用してUV対策を行っていくように心がけましょう。