濱田先生のポリシー

当サイトでは、医師目線のリアルな声やクリニックでの最新情報をリサーチするために、ビューティー編集部から濱田英之輔先生(アーティスクリニック)へご協力をお願いしています。濱田先生はなんと二重手術の症例数20,000例以上のエキスパート!ここでは先生ご自身に迫るために、クリニックでのエピソードや手術内容、患者さんからの反応などをお聞きした内容をご紹介します。

濱田先生へのインタビュー

イメージ

濱田英之輔先生

神戸大学医学部を卒業し、同大学の麻酔科で麻酔科医としての経験を積む。美容外科医として大手美容外科院長を歴任した後に独立し、2002年アーティスクリニック開院。神戸西宮院、博多院の二拠点を構え、二重手術の症例数は20,000件以上にも及ぶ。

濱田先生について詳しく

患者さんからの反響を聞きたい!

―濱田先生の二重手術はとっても評判なのですが、実際に患者さんからはどんな声が届いてるんでしょうか?

他院で受けた埋没法の失敗を修正したことへの感謝の言葉を頂くこともありますし、痛み・腫れが少なかったと喜んでもらうことも多いです。

―濱田先生は痛みを軽減させることを重視してると仰ってましたからね。(「濱田先生の考える名医」より)

まだまだ二重手術に対して、「痛みや腫れがきつそう」「手術が怖そう」といったイメージをお持ちの方がいらっしゃいます。アーティスクリニックで二重手術を受けた患者さんからは「痛みを感じないまま、あっという間に手術が終わった」ですとか「腫れも少なくて、ダウンタイム中でも周りに気づかれないぐらいだった」という声を頂いてます。


―どうやって手術の痛みを抑えるんでしょうか?

私は麻酔方法にこだわってます。どのクリニックでも麻酔は行うと思いますが、まず「麻酔が効かない人」はいません。ですので、麻酔注射を打つ際の痛みの軽減に努めています。

―美容外科でも歯科でも、なんでも麻酔の注射って痛いので苦手です…。

麻酔の注射の痛みを和らげるには、冷やすことが大事です。冷やせば、皮膚の感覚が麻痺します。

あとは注射針の太さですね。一般的な美容外科で使用される注射針よりもさらに細い、極細の注射針を使います。

クーリング、極細注射針の麻酔、点眼麻酔…と順々にマッサージをしながらじっくり5段階で行い、ようやく二重手術といった流れです。

―なるほど。とても丁寧です!


打ち方だけではなく、麻酔薬も手術内容に応じて調合したりもしますよ。

―さすが麻酔科にいらした濱田先生です!時間をかけたがらないクリニック(「濱田先生の考える名医」より)では、そこまで麻酔に気を遣ってもらえなさそうです…。

そうなんです。おかげで、最高の痛みを10とすると、アーティスクリニックの二重手術の痛みは1.5~2くらいのレベルと言われてます。

―1ってほぼ日常生活の痛みレベルなんじゃ?そのデータは何かアンケートとかで集めてらっしゃるんですか?

そうですね。お一人ずつアンケートで感想を頂いて、拝見してます。アンケートを読むと、二重ラインの仕上がりの自然さにも喜んで頂けてるようです。

自然な二重ラインへの道のり

―手術を受ける患者さんも、手術する医師も、誰もが「自然な二重ライン」を目指していると思います。濱田先生は「自然さ」を出すことに対して、どうお考えでしょうか?

アーティスクリニックの二重手術では「LS法」を取り入れてます。この手術だからこその「自然さ」を出したいなと。

―アーティスクリニックのオリジナル手法ですね。詳しくお聞きしたいです。

従来の埋没法の欠点を改善したいと思って、まぶたへの負担を最小限にしつつ、効果を最大限に引き出すように考えた手法です。

一般的な埋没法は糸で結ぶものなので「点」で固定しますが、LS法は筋肉に沿って糸を「線」で固定させます。「線」にすることで二重が取れにくく、より自然な仕上がりになると考えてます。


―点と線の違いで、まぶたの負担は変わるものなんですか?

あくまで私の感覚ですが、LS法の方が術後の腫れは1/3程度で済むと思います。癒着もさほどないので、仮に糸を取っても、元の目元の状態に戻しやすく修正も可能です。

―そう聞くと、二重が取れやすいのかな…と心配になったりもしますが…。失礼なことを言ってすみません。

いえいえ。「点」を2~3個で留めるところを、1本の「線」で留めることになるので、定着力は数倍あるんじゃないですかね。

―ああ、なるほど!それは強力なはずです。

多くの患者さんに応えたい

―点留めの埋没法は、留める個数をまぶたの状態にあわせて調整しますよね。LS法はどんな目元でもお願いできるんでしょうか?例えば私みたいな、ぽってり一重とか…

術式の話が続いてしまうんですが、LS法は「ライト」「シングル」「ダブル」「トリプル」の4種類のグレードに分けていて、患者さんのまぶたに合わせて最適な手術を提案してます。

―私はトリプルくらいかも…

ほとんどの方がダブルまでで十分な効果が得られますよ。「まぶたが分厚くて埋没法では対応できないかも」「他のクリニックで切開法をすすめられた」という人たちにもお応えしたいです。

―切開法をすすめられるレベルの人は、LS法でいうと…

目元は人それぞれなので一概には言えませんが、トリプルで対応できるケースも多いです。

二重手術に対する不安を拭うために

―痛みを軽減するための麻酔の話に始まり、患者さん想いな濱田先生の人柄がとても伝わってきますね。

ありがとうございます。麻酔で細心の注意は払ってますが、どうしても痛みが我慢できない方もいらっしゃると思うので「痛み保障」というのも設けているんですよ。

―保障ですか!?

患者さんが強い痛みを感じて手術をやめたくなったら、その場での中止と手術費用の返金を対応します。

―珍しい!再手術に対応する保証期間は色々なクリニックで見かけますけどね。

そうですね、アーティスクリニックだと手術内容によって異なりますが2~15年のライン保証があります。あとは痛み保障とは別に、腫れ保障も。

―腫れって比較的多い症状だと思いますが、良いんですか!?

術後に我慢できないほど腫れた場合に、抜糸した上で返金させて頂きます。

ただ、今まででこの痛み・腫れ保障が使われたケースはほとんどありませんね。

―そこまでサービスを充実させられるのは、濱田先生の積み重ねられたご経験と、患者さんを想う気持ちがあってこそでしょうね。

濱田先生のいるアーティスクリニックってどんなところ

アーティスクリニックは、「患者一人ひとりに時間をかけてじっくり向き合う」ことを重視しているクリニックです。すべての施術を院長がしているため、担当医の違いによる施術レベルの差がありません。

他人と顔を合わせずに済む完全予約制

アーティスクリニックでは、患者のメンタル面を考えてカウンセリングを完全予約制で実施しています。二重の施術をはじめ、美容関連の施術では本人の悩みやなりたい自分の理想像、仕事の状況などによって最適な施術が変わってくることも少なくありません。

利益重視のクリニックだと、これらの事情を聞き出す前に楽でお金になる施術を勧めてしまいがち。しかし、本人が納得していない状態で施術を受けると、仕上がりに満足できなかったり、人それぞれの希望や体質に合わせた調整ができなかったりしてしまいます。その点、アーティスクリニックでは最低でも30分から1時間かけてじっくりとカウンセリングを行うため、施術に関する不安を解消し、納得してから施術を受けられるのです。

また、美容関連の整形は非常にデリケートな話題。カウンセリングの内容は他人に知られたくなくて当然ですし、施術前後の顔を見られたくないと考える人もいるでしょう。完全予約制を取っているアーティスクリニックなら、不意に他の患者と顔を合わせて気まずい思いをすることもありません。

すべての施術を院長が実施

アーティスクリニックの特徴として、ぜひ知っておいて欲しいのが施術の方針です。複数の医師が在籍しているクリニックだと、後進を育てるために研修が終わったばかりの若手医師や経験不足の医師が担当になることも少なくありません。担当医がベテランでも、未熟な若手医師でも料金は同じなのにも関わらず、仕上がりに大きな差が出てしまう場合があるのです。また、医師の入れ替わりが激しいクリニックだと、数年前に受けた施術のアフターフォローを受けたい、再度施術を受けたいといった場合に、前回の担当医が退職している可能性もあります。

しかし、アーティスクリニックではすべての施術を院長が実施。医師の違いによる仕上がりの差や、情報の引き継ぎ不足を心配しなくてもよいのです。いつ行っても同じ医師に担当してもらえるため、安心して利用できます。

万が一の保障体制も充実

アーティスクリニックが採用している二重施術の「LS法」は、オリジナルの施術です。他のクリニックでは利用できない方法なので、独自に以下4つの保障を組み合わせた二重LS法特別補償制度を実施。

術後1ヶ月以内なら施術のやり直しができる「仕上がり保障」、糸がゆるんだり二重が戻ったりした場合にメンテナンスや施術料金の割引を受けられる「ライン保障」だけでも十分な保障です。さらに、強い痛みを感じた場合は即座に施術をとめて返金してくれる「痛み保障」と、術後に我慢できないほど腫れた場合に抜歯して返金してもらえる「腫れ保障」までついています。アフターフォローの充実度は、かなりのものと言ってよいでしょう。

患者の恐怖感を取り除く麻酔へのこだわり

アーティスクリニックでは、施術時の麻酔にこだわっています。二重施術を行う場合は、まず点眼タイプの麻酔を使って患部を麻痺。つぎに専用の冷却装置を使って患部を冷やす、アーティス式クーリングメソッドを実施。そして、施術に合わせて調整した麻酔薬を、一般的な外科や美容クリニックで使われているものより細い極細注射針で注入していきます。麻酔の注入も、痛みを感じづらくなるようにまぶたをマッサージしながらゆっくり進めてくれますし、プレ麻酔を行うので「麻酔をするための注射が痛い」といった心配もありません。

また、施術後の腫れや痛みをできるだけ抑えるために、二重まぶたの施術自体も、針と糸が一体になった特殊な針を使っているのがポイントです。徹底した患者目線で施術をしてくれるため、痛みに弱い人でも安心して施術を受けられるでしょう。

アーティスクリニックでは他院抜歯も利用可能

アーティスクリニックは二重の施術だけではなく、他院で受けた二重施術の抜糸も得意としているクリニックです。

他院抜歯とは

二重の施術で広く行われている「埋没法」では、上まぶたの中にある瞼板(けんばん)と呼ばれる固い部分に糸をかけたり、瞼板とまぶたを動かす筋肉である「瞼板挙筋」を糸で結んだりすることで二重を作ります。しかし、埋没法は施術が簡単な一方、まぶたの裏側に糸が出てしまいやすいという弱点があるのです。糸がまぶたの裏に出てしまった場合、異物感を覚えたり眼球が傷ついたりしてしまいます。

本来なら、埋没法をした後に出た問題は埋没法を行ったクリニックが対処すべきです。施術を担当した医師であれば、どこにどうやって糸を埋め込んだのか把握しているはずなので、まぶたに大きな負担をかけずに抜糸できるでしょう。ただ、残念なことに埋没法を受けたクリニックで抜糸してもらえないケースがあります。目の異物感や痛みを訴えた際、きちんと対応してくれなかったためにクリニックや医師に不信感を持った、時間が経っているため糸を見つけられない、かなり腫れるので抜糸はおすすめできないと言われたなどの理由で、他院に助けを求める人も少なくないのです。

しかし、どこにどうやって糸を埋め込んだのかが分からないと抜糸するのが難しいため、他院抜糸に対応しているクリニックはそれほど多くありません。二重や埋没法に詳しいアーティスクリニックだからこそ、他院抜糸にも対応しています。

他院抜糸の手順

他院抜糸の手順として、最初に行うのがまぶたの裏側の確認です。まぶたの裏から抜糸できる場合は、そのまま抜糸を行います。まぶたの表面を傷つけることもなく、腫れや痛みなども最小限に抑えられる方法です。

ただ、まぶたの裏側から抜糸できない場合、表側に糸が突き出てしまっている場合などは、糸の場所を特定してからまぶたの表に小さな傷口を作り、抜糸します。この場合まぶたに傷ができてしまいますが、糸の場所をきちんと把握できていれば、必要最小限の切開ですむため大きな傷が残ってしまうことはありません。

他院抜糸の中で、もっとも重要なのは糸の場所を把握することです。糸の場所が分からなければ、まぶたを大きく切開して糸を探すことになります。経験豊富なベテラン医師が担当するからこそ、傷や負担を抑える努力ができるのです。

ちなみに、アーティスクリニックでは、術後1年以内ならどういった埋没法であっても抜糸できるとしています。術後3年でも抜糸できる可能性は90%とのことなので、埋没法の術後に悩んでいる場合はぜひ一度相談してみましょう。

埋没法の抜糸をしたケース

他院抜糸も手がけるアーティスクリニックによると、埋没法の抜糸について相談してきたケースは大きく3つに分けられます。ひとつ目は、まぶたの裏側に糸が出てしまっていて、目に異物感や痛みを感じているケースです。この場合、放置しているとますます眼球が傷ついてしまうため、なるべく早く対処する必要があります。

ふたつ目は、埋没法を受けた後、まぶたが激しく腫れてしまって我慢できないというケース。埋没法は、人によって、また担当した医師の腕によって1ヶ月以上腫れが長引いてしまう場合もあります。仕事やプライベートへの影響を考えて抜糸するわけです。

みっつ目は、二重のラインを変えたくなったというケース。二重を広くするか狭くするかによって抜糸の必要性が変わってくるため、信頼できる医師への相談が必要です。

アーティスクリニックのお得な割引制度をご紹介

アーティスクリニックのお得な割引制度をご紹介します。

リピーター割引

2回目以降の施術は、5%から20%割引です。

グループ割引

友人や知人と2人以上で申し込んだ場合、グループ割引が適用されて料金から5%値引きしてもらえます。

ご紹介割引

アーティスクリニックの利用者から紹介してもらった人は、グループ割引と同じく5%OFFです。

お誕生日割引

誕生月に施術をする場合、施術料金は5%引きになります。

学生割引

学生証等を提示すると、すべての施術を20%引きで利用可能です。その他、LS法を利用した場合、将来施術のグレードアップをする際の料金が半額になります。

ビューティー編集部より

濱田先生の患者さんを第一に考える姿勢が、手術法の開発やクリニックの様子からひしひしと感じられました!皆さんにも伝わったでしょうか?

取材協力 ~special thanks~

濱田先生が院長を務める
アーティスクリニックとは
二重手術
費用

LS法ライト:100,000円
抜糸:30,000円/糸1本
※税別

西宮本院

兵庫県西宮市松原町4-1 西宮ステーション6F

JR神戸線「西宮」駅より南へ徒歩1分

博多院

福岡県福岡市博多区博多駅南1-2-18M ビル4号館7F

JR九州「博多」駅より徒歩5分

診療時間 11:00~20:00
※予約のお電話は19:00まで受付

お問い合せ

休診日 不定休
問い合せ http://www.futae.artis-clinic.com/

サイトマップ